music.branchwith

あいみょんの出身地は?ファンが出身地から彼女の音楽性を探る!のサムネイル

あいみょんの出身地は?ファンが出身地から彼女の音楽性を探る!

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

『あいみょん』といえば、若い女性に大人気のアーティストです。近年の音楽チャートなどでは彼女の名前を見ないということがなく、『マリーゴールド』は大ヒットを果たし知名度が鰻登りとなりました。

しかし、「あいみょんの音楽が好き!」という方の全てが彼女の出身地について意識を向けることはそう多くはありません。

今回の記事では、あいみょんさんにますます夢中になるように彼女の経歴についてを探っていきます。

はたしてあいみょんさんの出身地はどこなのか?

また、彼女独自の音楽性はどこから来ているのか。

この2つの疑問について、詳しく見ていきましょう。

出身地は?出身地から彼女の音楽性を探る!

2015年5月20日にファーストミニアルバムである「tamago」をリリースし、じわじわと売れ行きが向上。今では誰もが知るアーティストですが、幼少期はどのような人物だったのでしょうか。

まず、彼女の出身地は兵庫県西宮市です。

西宮市といえば、『和ろうそく』や寿司の1種である『ふくさす』、『名塩和紙』などで有名です。

伝統的な文化が今も続いており、自然豊かでゆったり過ごすにはピッタリの場所なんだそう。

同市は「音楽と出会うまち西宮」といったキャッチコピーを掲げており、伝統だけでなく音楽活動も活発です。

音楽を楽しむことのできるスポットが市内に点在しており、『西宮ライブミュージックマップ』というものが配布されていますよ。ちなみに、マップにはなんと26ヶ所ものスポットが記載されています!

2019年11月27日に発行されたばかりなので最新の情報が記載されています。もし西宮市を訪れる機会があれば、一度は巡ってみたいですね。

気になる方は西宮市が運営する公式サイトの記事を確認してみてく ださい。

デビューのきっかけは?

あいみょんさんのデビューのきっかけはYoutube。

当時、彼女の友人が音楽関係の専門学校に通いながら音楽動画をYoutubeで配信。その際、動画内でにあいみょんさんがゲスト演奏を行ったことから始まったようです。

彼女の父親が音響関係の仕事をしていたことによって複数の楽器に囲まれて育ったことが影響したのでしょう。中学生の頃にギターに興味を持ち、15歳の時には既に作曲を経験。

この経歴からあいみょんさんにキラリと光るものを感じます。作曲家や歌手、ミュージシャンの大半は幼少期に楽器に触れる経験があることが多く、彼女も例に漏れなかったようですね。

あいみょんさんが YouTubeでゲスト出演を果たしてからしばらく経ち、音楽事務所『Lastrum』から連絡が来たのだとか。

その後、彼女は2015年3月4日に『貴方解剖純愛歌〜死ね〜』でインディーズデビュー。

同曲は過激な歌詞とは裏腹にヒットし、音楽業界でどんどんと彼女の名前が売れていきました。

僅か1本の動画公開でデビューまで漕ぎ着けるあいみょんさんは凄まじいですよね。

しかし、そもそも歌手になろうと考えたのには彼女の祖母が関係しているようです。

あいみょんさんの祖母は元々歌手志望。しかし夢敗れ、せめて孫の内誰か1人でもいいから代わりに夢を叶えてほしいと考えていたそうです。

そんな話をよく聞かされていたあいみょんさんは、祖母の想いに応えようと感じたそうです。歌が大好きな祖母を喜ばせてあげたいという気持ちが彼女の最初の原動力だったということですね。

凄く素敵なエピソードですし、「歌手になる!」と考えてそのまま実行できるあいみょんさんの才能がますます素晴らしいものであると伺えます。

まとめ

「好きだから音楽を始めた」という理由と異なり、祖母のために歌手になることを決意したあいみょんさん。

デビュー曲の『貴方解剖純愛歌〜死ね〜』といった過激な曲から『マリーゴールド』のように優しい曲を作る彼女のファンは日本中に点在しています。

今や時の人となり様々な世代から愛される彼女を見て、祖母も喜んでいるのではないでしょうか。

彼女の曲はどれも言葉では言い表せない不思議な魅力に包まれています。そのため、老若男女から支持される魅力が楽曲に詰まっています。

まだあいみょんの楽器を聴いたことがない、という方は是非一度試聴してみてください。きっと夢中になること間違いありませんよ。あいみょんの出身地は?出身地から彼女の音楽性を探る!