music.branchwith

【Official髭男dism/ビンテージ】の歌詞の意味を徹底解釈 | あいのりの主題歌を徹底考察する!のサムネイル

【Official髭男dism/ビンテージ】の歌詞の意味を徹底解釈 | あいのりの主題歌を徹底考察する!

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

ビンテージという曲名の意味を考察

「ビンテージ」といえば、年月を重ね、味わい深さが増したもの。例えば楽器なら、使っていくうちに傷がついたり、塗装が剥がれたりします。

それも、使っている人にとってはその楽器にしかないものとして愛着がわきますよね。この曲に出てくる主人公は、そんな風に、自分が傷つくことや、彼女の傷さえも愛しく思えるようになっていきます。

そして、二人がこれから作っていく思い出もビンテージと言いながら、振り返る度に嬉しくなるといいなという、作者の思いがこもっています。


ビンテージの歌詞の意味を徹底解釈

1番

口喧嘩なんかしたくもないから
細心の注意を払って生きてた
率先して自分のことをけなすのは
楽だけど虚しくて
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

喧嘩して二人の空気が悪くなるのは嫌だったから、常に君の顔色を伺って過ごしていた。
自分がいつも下手に出ていればその場は平和にやり過ごせるけど、何か違う気がした。

恋人と喧嘩するのは誰でもいい気分にはなれないものですよね。最悪の場合別れにつながってしまうかもしれもせん。

この曲の主人公はきっと優しい人で、何か不満があっても自分が我慢すればいいんだと思っているのでしょう。

そうすれば、喧嘩にはならずに平和にやり過ごせる。喧嘩するエネルギーも消費されませんから楽です。

でもそうすることでだんだんストレスが溜まってきます。好きな人と喧嘩をせず、仲良しでいられているのに、幸せな感じがしない、それを虚しいと言っているのです。


悲しい過去なんか1つもないのが
理想的だって価値観を持ってた
そんな僕は君という人に会えて
大事なことに気づかされた
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

悲しくなるような出来事に意味なんかなくて、人生には必要ないと思っていた。
そんなこと出来る限り起きないほうが、人は幸せなものだと思っていた。
けれど君に出会ってからそれは間違いだってことに気づいた。

主人公は、今までずっと自分が傷つかないように、誰も傷つけないように、生きてきたのだと思います。

自分の怒りや悲しい感情を抑えることで、少しでも平和でいられるならその方がいいと思っていたのでしょう。

自分の中から自然と湧き上がる感情を無視して、周りの空気を優先する、自分を犠牲にした優しさです。

それが価値観になるくらいの長い時間を生きてきた彼が、一人の女性に出会ったことによって、本当に大事なことに気づくことができたのです。

「気づかされた」という歌声からも、「どうしてこんな大事なことがわからなかったんだ」と悔しがっているような気持ちが感じられます。


キレイとは傷跡がないことじゃない
傷さえ愛しいというキセキだ
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

傷1つないピカピカなものがきれいなんじゃない。
その傷も含めて好きだと思えることがきれいなんだ。

人はみんな新しい物が好きですよね。中古の物を買うとしても、傷がないものを出来るだけ選びます。

傷ってなんで嫌われるんでしょう?見た目が悪いからでしょうか。傷ついた分だけ性能が落ちているからでしょうか。

でも人間はそうじゃありません。傷ついたからこそ優しくなれるし、誰かを傷つけてしまったからこそ成長できます。

傷跡とは生きた証。そこに誇りを持ったり許したりすることで愛しく思うのだと思います。

喧嘩をして傷ついたとしたら、それは二人が本気で向き合ったということ。傷つかないように生きていた主人公は、彼女と出会ったことで、「傷さえ愛しい」という感情があることに気づいたのです。


酸いも甘いもって言えるほど
何も僕ら始まっちゃないけれど
褪せた思い出もビンテージなんて言って
振り返る度に笑えるようにと
大切に日々を重ねよう
かけがえのない今を
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

僕たちはまだ、「色々あったよね」と言えるほど歴史がある二人じゃない。
今この瞬間の気持ちを大事にしながら、振り返る度に味わい深くなるような思い出を作っていこう。

「僕ら始まっちゃないけれど」という部分から、二人はまだきっと付き合い始めなのでしょう。まだ歴史の浅い二人なのです。

そんな二人の思い出がこれから増えていくということに、主人公は楽しみを感じているような気がします。

思い出は、時が経つにつれて薄れていくものかもしれないけど、今この瞬間を素直に生きていれば、何年経ってもその時の出来事は思い出せるはずです。

一緒にいても、何か違うことを考えていて心は一緒にいない、となると、思い出を共有することはできません。

二人の時間を、二人で大事にして、その時間を積み重ねることで「ビンテージ」な思い出が増えていくんですね。


2番

好きな色なんか特段ないけど
人生が絵画だったならどうだろう?
君との時間を重ねることでしか
出せない色がきっと好きだ
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

違う人間だからこそ、生まれるものがある。
なんとも思ってなかったことが、君がいることで楽しくなる。
二人にしか作れない空気が好きだ。

人生を絵画や色で例えるという粋な歌詞は、藤原さんならではの表現ですね。違う色を混ぜ合わせることで、新しい色が出来上がる。

それと同じように、主人公と彼女という他人同士だった二人が一緒になることで生まれる、二人にしか出せない色のことを言っています。

自分一人だと楽しさを見出せないことも、誰かと一緒にいることによって、楽しめたりしますよね。それはその二人にしか作れない空気感です。

そして、その色(時間)を重ねていくことによって、変化していく色もまた二人にしか出せない色です。


喜怒哀楽そしてその間にきらめく思いを抱きしめて
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

目に見える感情だけじゃなく、表現できないような些細な気持ちも受け止める。

「喜怒哀楽」というように、人間にはいろんな感情があります。この歌詞の「その間」とはどういうことでしょうか?

これは喜怒哀楽のどれでもない感情、つまり「普通の状態」。もしくは「怒りのような悲しみのようなよくわからない気持ち」。

このように、一括りに出来ない感情のことではないかと思います。ボーッとしていただけで別に全然怒ってないのに「怒ってるの?」と言われたことありませんか?

人間の心は複雑ですから、全てを相手に表現することも、汲み取ることも難しいです。それでも、少しでも彼女のことを分かってあげたいという主人公の気持ちが表れています。


シワくちゃだったり やけに錆びついたり
剥がれてしまった記憶があったとしても
何一つ隠し繕うこともなく
それさえ愛しいというキセキだ
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

ぐしゃぐしゃに丸めて捨てたり、見て見ぬ振りしてきたこと。
もう手遅れなこと、思い出したくもない出来事。
どんな酷い過去でも全て君にしかないものだから愛しく思える。

楽器などの傷や擦れが、その楽器にしかない唯一無二なものであるように、君の存在も唯一無二で全てが君にしかないものだから愛しく思えるということですね。

くしゃくしゃにして消してしまいたい記憶、「錆び付く」ほど放置して見て見ぬ振りしてきた過去、「剥がれて」修復不可能な事。

誰にでも、人に言えない事の一つや二つあると言います。それを打ち明けて、「それも含めて全部君だから愛しい」と言って受け止めてもらえたら、本当に救われた気持ちになります。

どんなひどい過去だったとしても、それがあってこそ今の彼女があると思っているから、愛しく思えるのだと思います。


酸いも甘いもって言えるほど
何も僕ら始まっちゃないけれど
褪せた思い出もビンテージなんて言って
振り返る度に笑えるようにと
大切に日々を重ねよう
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

一度解釈したので割愛します。

一度解釈したので割愛します。


そして増えた思い出がいつか星の数ほどに
溢れることがただ嬉しいから
今の心を歪まないように
例える言葉を 探してみるよ
連なってく日々の中を 君と重ねる今を
Official髭男dism -ビンテージ
解釈

積み重なっていく今この瞬間が、君との思い出として増えていくだけで幸せと思える。
素直になれたから、その気持ちを言葉にして伝えたい。

「思い出が溢れることがただ嬉しい」。主人公は、君と一緒に居られる事だけじゃなく、その思い出が増えていくことにも喜びを感じています。

出会うまでは、自分の感情を押さえつけ生きてきた主人公。「今の心を歪まないように」という言葉が、過去の自分を克服できたことを表していると思いました。

昔の自分だったら、傷つかないように気持ちを歪めていたかもしれません。でも今は、彼女のおかげで傷すら愛しいと思えるようになりました。

だからこそ、今の自分の気持ちにぴったりな言葉を探しているのでしょう。


まとめ

なるべく傷つかないように生きてきた主人公。彼女との出会いによって、それを恐れなくなるどころか、愛しく思うまでになりました。

きっと彼女が、傷つくからこそ得られるものの大きさに気づかせてくれたのでしょうね。

そして、愛しいと思えることは奇跡で、それこそが本当に綺麗なものなのだと言っていました。そんな風に、「酸いも甘いも」経験して、「ビンテージ」と言えるような人生を送りたいものです。