music.branchwith

【RADWIMPS/そっけない】の歌詞の意味を徹底解釈 | 「君の名は」で成長したラッドが見せる精神世界のサムネイル

【RADWIMPS/そっけない】の歌詞の意味を徹底解釈 | 「君の名は」で成長したラッドが見せる精神世界

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

そっけないってどんな曲?

「君の名は。」以降のRADWIMPSは、ある種の「大御所」的な威厳が出て、どんな曲を作ってもその豊かな才能とラッドらしい精神世界が凄みを持って伝わってきます。

『そっけない』は新たなステージに突入したRADWIMPSが2018年12月12日発売のアルバム『ANTI ANTI GENERATION』に先駆けて11月12日全国ラジオで解禁し、翌11月13日MV公開されました。

MVは石田悠介が監督を務め、小松菜奈と神尾楓珠が出演。息の詰まるような恋の駆け引きを映画のワンシーンのように描き『そっけない』をドラマチックに色付けています。

なお、小松菜奈はRADWIMPSのMVに『君と羊と青』以来、約7年8ヶ月の歳月を経て2度目の出演を果たしました。


そっけないという曲名の意味を考察

「そっけない」の“そっけ”には「思いやり」の意味があります。

つまり、「そっけない」は「思いやりがない態度」のことを言い、返事などが冷たく簡単なことに対して「そっけないね」といった具合に使います。

この曲では恋をしている相手が思わせ振りな態度を取るので主人公は「この恋が上手く行く」と期待を寄せます。

しかし、期待をしたわりに相手の態度は“そっけなく”、「やっぱりダメなのかな?思わせ振りな態度を取らないでくれよ」と動揺しながらも諦められないナイーブな心理を描いています。


そっけないの歌詞の意味を徹底解釈

1番

届きそうで 届かなそうな
ありえそうで ありえなそうな
君の仕草の一部始終 脳で解析フルスピードで
RADWIMPS -そっけない
解釈

君がどうしてそんな仕草をするのか必死に考えようとするけど、気がありそうでなさそうでなかなか難しい。

この曲の主人公は恋心を抱く相手の仕草が自分に気のあるものなのかどうなのかを必死に考えています。二人きりで会っているのかどうなのかはわかりません。わかるのは主人公の見える位置に相手がいるということ。

主人公はその相手の行動をずっと見ていること。もしかしたら、目が合ったのかもしれません。「自分のことが好きだからこっちを見たのかな」と思ったのかもしれません。ですが、相手の本心は分からないままです。


試されてたりするのかな それなら臨むとこだけど
遊ぶだけの 相手ほしさならば どうぞ他をあたってよ
RADWIMPS -そっけない
解釈

もしかしたらこっちがどんな反応をするのかを試しているのかもしれない。そうだとしたら嬉しいけど、本気で好きじゃないなら他の人を探して欲しい。

主人公の中で思考が複雑になっていきます。「相手は自分の出方を伺っているんだ。だから、どっちつかずの態度を取っているんだ」とポジティブに思う一方で、「たいして好きでもないのに、ちょっと遊びのつもりで接近してきているんだ」とマイナスな考えもよぎっています。いずれにせよ、主人公は相手にかなり惚れ込んでいるようです。


君の分厚い恋の履歴に残ることに
興味なんかないよ 君のたった一人に なる以外には
RADWIMPS -そっけない
解釈

君の唯一の恋人になりたいんであって、君が経験してきた恋の歴史の中の1つになりたいんじゃない。

「分厚い恋の履歴」という部分は「恋が多い」ということなのか「密度の濃い恋愛を経験してきた」ということなのかはわかりません。ただ、相手の恋愛遍歴を主人公は知っているようです。「君のたった一人」というのは「君にとって最後で最愛の恋人になりたい」ということかもしれません。


なんでそんなに
素っ気ないのさ そっぽ向いてさ 君の方から誘ったくせに
俺じゃないなら早く言ってよ そんなに暇じゃないんだ
RADWIMPS -そっけない
解釈

君が誘惑してきてその気にさせたのに、なんで相手にしてくれず素っ気ない態度なんだ?
俺は暇じゃないんだからその気がないならハッキリと教えて欲しい。

主人公はかなり相手に惚れ込んでいるのに相手は素っ気ない態度を見せます。「君の方から」どんな誘いがあったのでしょうか?メールかなにかでそれっぽいことが送られて来たのでしょうか?相手には実は全くその気はなかったかもしれませんが、主人公はそれを誘いだと思い「相手も俺に気がある」と確信していたようです。しかし、いざその気になると相手は素っ気ない態度です。「暇じゃないんだから」というのは強がりでしょう。


ちょっとひどいんじゃない あんまりじゃない
恋がなんだかもうわからないんだ
君が教科書になってくれるかい
「いいよ」って 君が言うなら 暇はいくらでもあるから
RADWIMPS -そっけない
解釈

その素っ気ない態度はひどいよ、あんまりだ。
俺は恋というものがもうどういうものかわからないから、君が俺に教えてよ。
君が「いいよ」って言ってくれるなら時間を作るから。

主人公は恋愛に傷ついて来たのでしょうか?恋がどういうものかわからなくなるほどの経験をしてきたのかもしれません。「君と恋愛関係になることで恋がどういうものなのかがわかる」と思っています。

「暇は」の部分はやはり強がりです。



2番

分かることなどいくつもない 分かりたくないこともいっぱい
難しく絡み合う世界で 胸を張って言えること
RADWIMPS -そっけない
解釈

分からないことだらけだし、知りたくないことばっかりの世界だけど胸を張って言えることがある。

この世界は生きていると疑問ばかりが沸いてきます。何故、生きているのか?何故、あのときああしたのか?と、自問自答することもあります。そのうえ、知らなければ良かったことや知りたくないこともたくさんあります。

生きていると嫌なことだらけです。しかし、主人公はどうしようもない世界の中でひとつだけ胸を張って言えることを見つけました。


絡まったままのこのイヤホン 一瞬でほどくような魔法
それが君だとか言ったなら 鼻でまた笑われてしまうかな
RADWIMPS -そっけない
解釈

こんなことを言ったら笑われるかもしれないけど、君は例えばこんがらがったイヤホンの線を簡単にほどいてしまうような魔法みたいなものだ。

コード類は絡むとほどくのが大変です。イヤホンのように細いものは特に結び目などが出来たりして、なかなかほどけません。そんなもどかしい思いや感情でさえも主人公が恋する相手は簡単に解消してくれます。

それほど主人公は相手に惚れ込んでいるのです。


君の掴めない 恋の核心に迫るほど
恐いと思った そんな心がはじめてで
なのに君はさ
RADWIMPS -そっけない
解釈

君の恋心は掴めないのに核心に迫ろうとすればするほどのめり込む自分を恐く感じた。こんな気持ちは初めてだ。それなのに君は。

この部分は少し難しい言い回しです。なぜ「恐い」と思ったのか?「のめり込む自分が恐い」と解釈しましたが、もしかしたら「君」の存在自体が恐くなって来たのかもしれないし、仕草が恐いのかもしれません。

「なのに君は」と次の文が続いているので「恐い」と思った心を主人公は肯定的に捉えています。そう考えると「のめり込む自分が恐い」というほうが筋が通っていて、「君にこんなにのめり込んでいるのに君は素っ気ない」ということではないでしょうか?


なんでそんなに
素っ気ないのさ そっぽ向いてさ 君の方から誘ったくせに
俺じゃないなら早く言ってよ そんなに暇じゃないんだ
RADWIMPS -そっけない
解釈

一度解釈したので割愛します。

一度解釈したので割愛します。


ちょっとひどいんじゃない あんまりじゃない
恋がなんだかもうわからないんだ
君が教科書になってくれるかい
「いいよ」って 君が言うなら 暇はいくらでもあるから
RADWIMPS -そっけない
解釈

一度解釈したので割愛します。

一度解釈したので割愛します。


酔ってなら伝えれるかな やっぱりそれじゃダメなのかな
振りしぼるだけの勇気が 僕にはまだあったかな
RADWIMPS -そっけない
解釈

酔っ払ってしまえばこの気持ちを君に告げられるかもしれないけどそれではダメだろうか?僕に気持ちを伝える勇気がまだあるだろうか?

以前は告白する勇気を持っていた主人公ですが、今はその勇気があるか自信がないようです。

苦い経験も積んで来たのかもしれません。積極的になることを躊躇い、お酒の力に頼りたくなってさえいます。


だから今すぐ
こっち向いてよ こっちおいでよ
いい加減もう諦めなよ 一秒も無駄にはできない
You know our time is running out baby
RADWIMPS -そっけない
解釈

そっぽを向かずいますぐ僕を見て欲しい。僕の側に来て欲しい。
これ以上無駄な時間を過ごしたくないから、もう試すのはやめて欲しい。
このままだと時間切れになることを君は解っているだろう。

「君のために使う時間はいくらでも作るけどそっぽを向く君を待つ時間はない」。

これはかなりワガママです。恋は盲目といいますが、主人公はとにかくもう今すぐに「君」をものにしたいようです。


もっと近くで もっと側で
この視界からはみ出るくらいに
君だけで僕を満たしたいの
RADWIMPS -そっけない
解釈

もっと近くで君を見つめていたい。君だけでいっぱいになりたい。

遠くで見つめるだけの状況にはもう満足出来ず、気持ちが溢れ出しています。

しかし、自分から告白する勇気はなく受け身のままです。


「いいよ」って 君が言うまで
君と今日は キスをするまで
ここから動かないから
RADWIMPS -そっけない
解釈

君が僕に全てを委ねてくれるまで、今日はここから動かないよ。

最後は「君」が受け入れてくれるまで動かないと宣言します。ですが、やはり自分から告白するという行動は宣言せず「君」からのアクションを待っています。主人公のどこまでも奥手で繊細な感情が読み取れます。


まとめ

『そっけない』は誰もが抱いたことのある恋心を絶妙な言葉で歌います。「気があるんじゃないの?」「やっぱりダメなのかな」と揺れ動く恋愛の真っ只中にいる人にとってこの歌は応援歌になるのではないでしょうか?

MVでは小松菜奈が神尾楓珠を誘う息の詰まるようなシーンを『そっけない』が盛り上げています。
最近では新海誠監督の映画「天気の子」の劇中音楽も担当し壮大な世界観を演出するRADWIMPSの音楽はファンの心を捉えていつまでも離しません。

ですが、『そっけない』のようなごく普通に身近で起こりそうな恋心でさえもドラマチックにしてしまうRADWIMPSはもはや唯一無二の存在と言えますね。これからも制作される楽曲を楽しみにしたいと思います。