music.branchwith

【Eve/闇夜】の歌詞の意味を徹底解釈 | どろろのEDを考察する!のサムネイル

【Eve/闇夜】の歌詞の意味を徹底解釈 | どろろのEDを考察する!

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

闇夜という曲名の意味を考察


闇夜(やみよ)とはどういう意味で曲名に使われているのでしょうか?
闇夜とは暗い夜。月のない夜というような意味があります。この意味からイメージできるのは、「暗」です。また、月は「願望の象徴」とも言われますから、願望がないともイメージができますね。
つまり、闇夜とは、主人公の心の暗さを表現しているのでしょう。

また、この曲はどろろのEDにも起用されていますから、より暗さを感じさせますね。

闇夜の歌詞の意味を徹底解釈

1番

救いなどない 生まれ堕ちてきた
歪な心の形に 勇ましい鼓動の叫び

振り向きはしない 修羅の道だって
枯れゆく季節など超えて 確かな真実を探した


Eve -闇夜




解釈

生まれてきた意味に救いなんてない。
正常でない心は力強く鼓動している。

たとえ厳しい道のりでも、もう後ろを振り向くことはしない。
長い間歩き続けて真実を探し続けた。


どろろの主人公を歌っているのでしょうか。どろろは妖怪から自分の身体を取り返すべく旅するという内容のアニメですから、真実=自分の身体となりますね。


たとえ厳しい道のりでも、もう後ろを振り向かない。。。自分が歩んでいる「道」を諦めないという強い意志が感じられる歌詞ですね。


たいていの人は、歩んでは少し戻ってまた歩むということを繰り返しながら人生を歩んでいきます。しかし、己の「道」に誇りを持ち、真剣に向き合っている人は道を戻ることはないのかもしれません。


 

醜い姿に
その痛みさえも気づけないまま僕達は
この皮も剥がしてしまったの


Eve -闇夜




解釈

醜い姿に気を取られて心の痛みにさえ気づけなかったんだ。
そして僕たちは化けの皮を剥がしてしまったんだ。


醜い姿。どろろで言えば主人公の作り物の身体のことを言っているのかもしれません。


これは、特に若い人に多いのですが、外見にばっか気を取られて内面が未成熟な方がいます。もちろん、第一印象が大切というのは事実ですが、うわべだけの人間というのは、いつか「化けの皮」が剥がれて本性が出てしまうものです。外見ばっかに気を取られずに、内面にも気を遣えたら理想ですね。


 

ああいつだって 愚かさに苛まれているの
でもさ辛くなって 終わらない夜ならば
きっと疑わぬ貴方 呪われた世界を愛せるから
全てを背負った今


Eve -闇夜




解釈

いつだって自分の愚かさに苦しめられる。
でも、辛いままの夜でもいつも正直なあなたならそんな辛い夜でも愛せるはず。
もし愛せたなら呪いも、愚かさも。全てを背負ったの。


生きていれば、あの時こうしておけばよかったなと後悔し、辛くなって逃げ出したくなるときもあるでしょう。しかしEveさんはそんな後悔も愛そう。と歌っているのです。


後悔から目を背けないで、自分の糧とすれば、近い将来役に立つかもしれませんよ。


すっごい余談ですが、このサビ前の少しの空白がとても好きなんですがわかる方いますか?なんか、すっと引き込まれるというかなんというか(語彙力



2番

憂いを纏い 闇に堕ちてきた
淀みない言の葉さえも 塞ぎこんでしまうなら


Eve -闇夜




解釈

思い通りならなくて辛い。苦しい。なんだか心が暗くなってきた。
いつもはすんなり出てくる言葉さえ、出てこなくなってしまうなら


憂い(うい)とは思い通りにならなくて辛いこと。淀みない(よどみない)とはすらすらと出てくることという意味があります。


生きていれば自分の思い通りにならないことは多々あります。そんな無力な自分が嫌になり逃げてしまいたいと思う人も多いのではないでしょうか。そのような逃避を「闇に堕ちる」とeveさんは表現したのかもしれませんね。


 

産声などない 吐き出すことだって
いくつもの刃携えて 心に鬼を宿した

浅ましい声に
この世界からはじき出されてく僕達は
それでも明日を願ったの


Eve -闇夜




解釈

人間として生まれることなんてない。そんな僕は不満を吐き出すことすらできない。
いくつもの刃携えて 心を鬼にして戦った。

軽率で無責任な発言にこの世界の常識から外れて行っているように感じる僕たちはそれでも明日を生きたいと思ったんだ。


産声などないというのは人間の子として生まれることができなかったどろろの主人公のことを言っているのでしょう。


浅ましい声。これは、見た目だけで判断して中身を見ないで発言する人間のことを言っているのだと思います。外見だけで判断する人間というのは、どこか薄っぺらい感じがしますからね。


しかし、そんな薄っぺらい人間の言葉でも一度気にしてしまったら、周りのすべての人間が同じ考えをしていると思ってしまって疎外感を感じてしまいます。


周りの評価に惑わされないで、楽観的に生きることも大切なのかもしれませんね。


 

ああ君だって 寂しさと哀を抱いて眠るの
でもさ触れたくなって 愛しいほどの涙
きっと月が陰れば この夜の淵まで愛せるから
その炎はまだ揺らめく


Eve -闇夜




解釈

君だって、寂しさや虚しさを感じて生きているはず。
でも愛おしいものに触れたら 自然と涙が出るはずだ。
きっと、いつか月日が経てばその寂しさや虚しさも愛せるようになるから。
まだ歩み続けようよ。


ここの部分は「君」へ想いを投げかけている部分ですね。では、この「君」とは誰なのでしょうか。


アニメの内容を歌われていると仮定して、今までの歌詞が百鬼丸の視点で歌われているとしたら、「君」=どろろと解釈するのが自然でしょう。しかし、私はどうもこの歌詞の「君」は闇夜を聴いている私たちを指しているように感じるのです。


現代の日本では、格差が広がり若者はより貧困になっています。また、人と人との繋がりがより気薄になり、恋人がいる人の割合も少なくなっています。そんな現代の若者は、寂しさや虚しさを感じている人が多いのでしょう。


そこでEveさんは「寂しさや虚しさなんて月日が経てば愛せるから今は自分の”道”を進もうよ」と若者を励ましているのかもしれません。