music.branchwith

【Official髭男dism/  Laughter】の歌詞の意味を徹底解釈 |作詞を担当したボーカルの藤原さんが込めた思いとは?のサムネイル

【Official髭男dism/ Laughter】の歌詞の意味を徹底解釈 |作詞を担当したボーカルの藤原さんが込めた思いとは?

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

Laughterという曲名の意味を考察

この曲は自分の大切なものを自分で守れる強さ手に入れたいと今まさに動き出した自分を励ます歌です。

理想を叶えるべく現状を変えようとする気持ちと、本当に自分はできるのかと不安に思う気持ちの狭間で揺れ動きながらも、自分自身を鼓舞させる内容となっています。

タイトルとなっている「Laughter」の意味は、笑う、笑い声という意味ですが、インタビューで作詞を担当したボーカルの藤原さんは、みんなが心の底から笑えるということを人生の真ん中に持ってこれるように生きていってほしいという想いからこのタイトルを付けたと答えています。

映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』の主題歌として書き下ろされた曲でもあり、映画の世界観とも結びつけながら、自身の大切なものを守ることの素晴らしさが歌われた曲です。
 

Laughterの歌詞の意味を徹底解釈

1番

鏡の中を覗いても 羽根ひとつも見つからないけど
空を待ち焦がれた 鳥の急かすような囀りが聞こえる
鉄格子みたいな街を抜け出す事に決めたよ 今
それを引き留める言葉も 気持ちだけ受け取るよ どうも有難う

Laughter -Official髭男dism

解釈

鏡の中の自分の姿を見てみても 羽はひとつも見つからないけれど

どこか空を待ち焦がれる鳥が急かすように鳴く 囀りが聞こえる

鉄格子のように身動きの取れないこの街を抜け出す事を決めたよ 今

その自分の決意を引き留める言葉も 気持ちだけ受け取るよ 本当に有難う

羽は希望や明るいものを指しており、今の自分の姿を見てみてもそんな物は一切ないと表現します。しかし、胸の内では、現状を変えるべく、飛び立ちたいと野望を持っているようです。

鉄格子みたいな街という表現で、今自分がいる場所は身動きが取れないような場所であることを表し、そこから抜け出すという決意を綴ります。

そんな自分には、心配の声なども寄せられますが、そんな言葉にも揺るがない自分の決意が非常に固いものであると読み取ることができます。

失うものや 諦めるものは 確かにどれも輝いて見えるけど
秤にかけた 自分で選んだ 悔やむ権利も捨て去ってた

Laughter -Official髭男dism

解釈

失ってしまうものや諦めようとしているものは 確かに自分の目にも輝いて映るけれど

それらと自分自身が選び取りたいものを天秤にかけ自分自身で選んだ 失うものを惜しいと思う気持ちも捨て去った

現状を変えることで失うもの、諦めるものもすべて受け入れたうえで、変化を選ぶようです。「捨て去った」と強い言葉をに自分の強い覚悟が感じられます。

翼は動きますか?本当に飛べますか?
YesもNoも言わずに真っ直ぐに空を見てた
鳥の名前はラフター ケージを壊した
YesでもNoでもなくて 飛びたいとはしゃいでる声だけで
膝を抱えた昨日までの自分を 乗り越えたラフター 今日も歌い続けた
自分自身に勝利を告げるための歌

Laughter -Official髭男dism

解釈

自分の翼は動きますか?本当に飛べますか?

YesもNoも言わないでただまっすぐに飛び立つ空を見てた

鳥の名前はラフター ケージを壊した

自分にはできるかと自分自身に問いかけます

まだYesもNoも答えることができない自分の弱い部分も垣間見えますが、行く先を見つめ続ける姿が描かれることで、決意が揺らいだわけではないととることができます

ここで、自分のことを鳥のラフターを表現します。

2番

本当の正しさってものを 風の強さに問い詰められて
行くべき道を逸れて 他の鳥の航路へ迷い込むこともある
乱気流の中でさざめく 光の粒を探して ほら
たとえ紛い物だったとしても 自分にとっての正しさを
創造してみるよ 大事にするよ

Laughter -Official髭男dism

解釈

本当の正しさを 風当たりの強さに問い詰められ

進むべき道を逸れて 他の鳥の航路へ迷い込むこともある

乱気流のように荒れた状況の中でさざめく 光の粒を探して ほら

たとえそれが嘘だったとしても自分にとっての正解や

正しさを作っていく それを大切にするよ

正しさの定義に迷い、世間の風当たりの強さに追い詰めらるような気持ちになります。

そんな中で自分の信じた道を逸れ、他の誰かの真似をしそうなこともあるようです。

しかし、優しくない状況の中でも、自分の信じたものを見失わないぞと自分を鼓舞します。

人格者ではなく 成功者でもなく いつでも今を誇れる人で在りたい
そんな希望抱き 未来図を描き 手放さず生きていたいだけ

Laughter -Official髭男dism

解釈

人格者でも成功者でもなくていいから いつでも自分の今を誇れる人でいたい

そんな希望を抱いて未来を描いて、その理想を手放さないで生きていきたいだけ

正しさの定義に迷い、世間の風当たりの強さに追い詰めらるような気持ちになります。

人格者や成功者になりたいわけではなく、自分自身を誇れる人になりたいと願い、理想を叶えたいと再度表現します。

現実は見えますか? 保証は出来ますか?
YesもNoも言えずに答えに詰まっていた過去を
背に乗せたラフター 予想を覆した
ゴールや距離ではなくて 絶えず響いてた声こそが
孤独な夜にサーチライトにしてた あの光だった 今やっと気付いた

Laughter -Official髭男dism

解釈

現実は見えていますか?未来への保証はできますか?

それらの問いにYesもNoも言えずに答えに詰まっていた過去を

背に乗せて飛ぶラフターは予想を覆した

ゴールやそこまでの距離ではなくて 絶えず響いていたその声こそが

孤独な夜にサーチライトとして照らしてくれた あの光だったのだと今やっと気が付いた

現実を見ることができているのか、未来の保証はできるのか?そういった問いに対し、

YesもNoも答えられないでいた過去に思いを馳せます。

しかし、そんな過去からは考えられないような強い自分が描かれます。

前例のない大雨に 傘も意味を為さない それでも胸は熱くなって
海鳴りよりも強く 稲妻よりも速く 羽ばたいて前途を目指して

Laughter -Official髭男dism

解釈

今まで経験もないような大雨を前に 傘も意味を持たない それでも自分の胸は熱くなって

それは海鳴りよりも強く 稲妻よりも速く 羽ばたいて前途を目指して

現状を変えようと動き出した自分に、環境は厳しく、くじけそうにもなるけれど、自分の思いは強く、そして速くなり、先を目指す様子が描かれます。

翼は動きますか?本当に飛べますか?
YesもNoも言わずに真っ直ぐに空を見てた
鳥の名前はラフター ケージを壊した
YesでもNoでもなくて 飛びたいとはしゃいでる声だけで
膝を抱えた昨日までの自分を 乗り越えたラフター 今日も歌い続けた
自分自身に勝利を告げるための歌

Laughter -Official髭男dism

一度解釈したので割愛します

まとめ

今回はOfficial髭男dism の「Laughter」の歌詞の意味を徹底解釈しました。

強い決意と不安との葛藤の狭間で揺れる自分自身の姿に胸を熱くさせられる方も多いのではないでしょうか。

今後も当サイトではOfficial髭男dismを追って行くのでぜひチェックしてみてください!