music.branchwith

【あいみょん/ひかりもの】の歌詞の意味を徹底解釈 | 失恋から立ち直った主人公はどこへ向かうのかのサムネイル

【あいみょん/ひかりもの】の歌詞の意味を徹底解釈 | 失恋から立ち直った主人公はどこへ向かうのか

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

ひかりものという曲名の意味を考察


「ひかりもの」とはどう言った意味でしょうか。

単純に感じになおしてみると「光り物」となりますよね。この光り物という言葉には、「ひかり出すもの、艶のあるもの(主に金銀など)」という意味があります。つまり、光り輝いていて艶のあるものということですね。

ここからは完全な推測になりますが、あいみょんは『この曲の主人公は「光り物」であり、まだまだ輝いている』という意味をもたせたくてこの曲名にしたのではないでしょうか。

それではそろそろ歌詞の意味を解釈していきましょう。

ひかりものの歌詞の意味を徹底解釈

1番

だいたいのことでは傷ついてきた 恋仕事生活家族や 捨ててしまいたいと悩む事ばかりだよ 繋ぎ止めたいと思うものばかりなんだよ
あいみょん -ひかりもの
ひいらぎの解釈 今まで生きてきて恋や仕事や生活、家族のことなど大体のことでは傷ついてきた。 こんな人生終わらせてしまいたいと悩むことばかりだけれど まだ生きたいと思うこともたくさんあるんだ。

ここでは、主人公の視点で主人公の今の状況を淡々と歌詞にしていますね。

 主人公は、大体のことでは傷つき悩んできたけれど何か大切なものがあるから生きているようです。


そりゃもっともっともっと 私の身体が 誰かにずっとぎゅっと 触れていたなら 心は優しくなれたかな 身体は柔らかく温まって はじめよう 新しい何かを今 つまらない事ではもう 泣かないぞ
あいみょん -ひかりもの
ひいらぎの解釈 それはさ、もっともっと愛する人に抱きしめられて、大切にされていたら もっと心に余裕ができて優しくなれたのかもしれないな。 愛する人に抱きしめられたら体は柔らかく温まって、 新しい何かを始めたくなるんだろうな。 もうつまらないことでくよくよして泣かないぞ。

主人公の大切なものとは「愛する人」だったようです。 

ただ、この節の後半の部分で「もうつまらないことでくよくよして泣かないぞ。」といっていることから、大切だった愛する人を失ってしまったのでしょう。

そんな中、愛する人がいた時のことを思い出して「愛する人に抱きしめられたら新しい何かを始めたくなるのに」と思いふけっているのです。


2番

橙色の空を眺めると少し 胸の中に押し込んでいた思いが 防波堤を飛び越えて流れてくるよ 引く波に魂も吸い込まれ
あいみょん -ひかりもの
ひいらぎの解釈 夕焼けが綺麗な空を眺めると少し 「もう忘れよう」と胸の中にしまい込んでいたあなたとの思い出が 心の防波堤を飛び越えて思い出してしまうよ。 引き波のように強力に私の心が揺さぶられて泣いてしまうな。

橙色とは、赤と黄色中間色で夕焼けに似たような色をしています。

橙色の空と歌詞にしていることから、夕焼けの空と解釈して間違いないでしょう。

 心の防波堤とは「自分が大人でいよう」というプライドを守るための防波堤という意味と、涙を流すのを我慢するための防波堤という意味の二重の意味があると解釈できます。

また、引く波とは津波の後に起こる引き波のことを言っているのだと思います。

それを踏まえると、そんな引き波に魂を吸い込まれる→自分の心の制御ができない→心が揺さぶられて泣いてしまうと解釈できるわけです。  


ただもっともっともっと 私の心が 大人であればいいの? 嘘つきはどっちだよ 優しい笑顔の裏側に 知りたくもなかった顔がある 忘れないぞ あの日の悔しさを つまらない事ではもう 傷つかない
あいみょん -ひかりもの
ひいらぎの解釈 ただ、もっともっと私の心が大人であればいいの?防波堤が高ければいいの? 嘘つきはどっちだよ 私に見せていた優しい笑顔の裏側に 知りたくもなかった顔があったな。 あの日の悲しみは絶対に忘れないぞ あんなつまらないことではもう絶対に悲しまないし傷つかない。

ここの節は「愛していた人」への不満が淡々と綴られています。

 また、ここの部分から「愛する人」との別れは事故や病気などではなく、「愛する人」の過失(浮気など)で起こったのだと推測できます。 

あの日とはどの日を指すのでしょうね。別れた日だったり、浮気現場を見てしまった日だったりするのでしょうか。   


私の心の弱点を 知らずに平気な顔して 笑ってるから 泣きそうだな もっと気の利いた言葉で慰めて そうすれば少しは
あいみょん -ひかりもの
ひいらぎの解釈 あいつは私の心の弱点を知らずに 普通に笑って過ごしているから 悔しくて泣きそうだな。 もっと気の利いた言葉で慰めてくれれば少しは。。。

愛していた人との思い出の回想シーンでしょうか。

 本当はもう少し気の利いた言葉で慰めて欲しいのに心の弱点を知らずに普通に過ごしているあいつ。そんな思いどうりにいかない状況の中で泣きそうになっているようですね。  


心は優しくなれたかな 身体は柔らかく温まって はじめよう 新しい何かを今 つまらない事ではもう 泣かないぞ
あいみょん -ひかりもの
ひいらぎの解釈 もっと気の利いた言葉で慰めてくれれば少しは心が優しくなったのかな。 体は暖かく温まって、さあ新しい何かを始めようか もうつまらないことで後ろを振り向かないぞ。

最後の節はこれからの未来に奮起するという内容になっています。 

これからの人生、愛していた人のことなんか思い出さずに次に進もうという強い意志を感じますね。

 La fin...