music.branchwith

King Gnuのアニメ主題歌・タイアップ総まとめ! 今人気のバンドはどんなところで使われてるの?のサムネイル

King Gnuのアニメ主題歌・タイアップ総まとめ! 今人気のバンドはどんなところで使われてるの?

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

大人気ミクスチャー・バンド『King Gnu』が2020年、全国を回ってアリーナツアーを行うことが決定しファンの間で話題となっています。

『白日』や『飛行艇』などで有名なKing Gnuは2019年から頭角を現しました。そんなKing Gnuですが、近年はアニメの主題歌やタイアップで書き下ろされる楽曲が特に話題になっているようです。

King Gnuの楽曲の中で、ドラマやCMなどのタイアップ・アニメ主題歌は何曲あるのでしょうか?

今回の記事では今話題沸騰中のバンドが提供する楽曲について迫っていきます。

タイアップ・主題歌一覧

King Gnuのタイアップ・主題歌に書き下ろされた楽曲については下記をご覧ください。

まずはタイアップ曲の一覧を紹介します。

①『Vinyl』

②『Sorrows』

③『Hitman』

④『飛行艇』

⑤『傘』

⑥『Teenager Forever』

⑦『小さな惑星』

⑧『ユーモア』

全8曲と、かなり多いですよね。中には2020年に発売するCDに収録されている楽曲もあります。

次にアニメ主題歌。こちらは『Prayer X』の1曲のみと、まだまだラインナップが少なめですが今後増えていく可能性大!

さて、次の項目からそれぞれの楽曲について詳しく見ていきましょう。

Vinyl

『Vinyl』はパーソルテンプスタッフ株式会社の「HAKEN ROCK!!」というCMに書き下ろされた楽曲。

2018年4月から放送された同曲はKing Gnu初のタイアップCMソング。まだ『白日』などがリリースされていなかったものの、この頃から注目されていたようです。

『Vinyl』は一見読み方がわからず、初見だと何のこっちゃと思うかもしれませんが、実は「ビニール」と読むんです。

King Gnu最初期を代表する曲として知られており、大胆な歌詞と攻めたMVが印象的ですね。

Sorrows

こちらはノンアルコールビール「アサヒ ドライゼロスパーク」のCMソングとして抜擢された曲。

この曲のタイトルは直訳すると「悲しみ」となるのですが、曲調は題名に反して明るく、青空の広がる下カメラが回されているCMなピッタリです。

一口含むと爽快感が口の中いっぱいに広がり、程良い後味が特徴的なアサヒビール。商品のイメージ抜群の楽曲で、普段のKing Gnuとは一味違う仕上がりの曲として仕上がっています。

Hitman

『Hitman』は全日本空輸「ANA」のCMに選ばれ、またメジャーデビューアルバム「Sympa」の6曲目に収録されていることでも有名な一曲。

しかし、もっとも有名なのはCMにテニス界期待の星・大坂なおみ選手が起用されていることでしょう!

半ば幻想的とも言えるイントロに、大坂選手の流暢な英語が合わさりどこか綺麗で真っ直ぐな印象を受けます。

ラストの「HELLO BLUE,HELLO FUTURE」のワンフレーズが良い味を出しています。緩慢なリズムが完璧に合っていて、改めてKing Gnuが多才であるというのがわかりますね。

飛行艇

『飛行艇』は2019年7月21日に放送されたANAのCM「ひとには翼がある篇」に起用されました。

前回同様ANAのCMソングで、再び大坂選手が登場しています。前回とはテイストが異なり、聴いているだけでノリノリになれそうなミュージック。

シンプルなリズムが特徴的で、是非ライブハウスで聴きたい楽曲です。

ANAにつづき、今度はブルボン「アルフォート」のCMソングです。

『傘』を使用したCMの主演俳優には坂口健太郎さんが抜擢。以前も彼の演じるドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌がKing Gnuだったことから、ファンの間で驚きの声が上がりました。

今後も坂口さんとは何かと付き合いがあるのではないかと注目されているようです。

Teenager Forever

当楽曲はSONYの完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングイヤホンを紹介するCM 「WF-1000XM3」に登場。

俳優ではなくメンバーがCM内に姿を見せており、それぞれが『Teenager Forever』を一生懸命歌っています。

「いい音には、静寂が要る。」というワンフレーズがこれほど似合うCMは他にないのではないでしょうか? 素敵なCMなので是非一度ご覧になってください。

小さな惑星

『小さな惑星』はHONDAの「PLAY VEZEL 昼篇」に起用されました。

この曲は2020年1月15日にリリースされるアルバム「CEREMONY」に収録されている曲で、15秒間という短い間の中に目一杯曲の良さが詰め込まれています!

アルバムを購入すれば楽曲がフルで聴けるようになるので、予約しておきたいところですね。

ユーモア

タイアップCMソングのラストは『ユーモア』。

2019年12月1日からCMが放送されているロマサガ のスマホアプリ「ロマンシングサガ・リ・ユニバース」のCMソングです。

ロマサガはファミコン世代の時に発売されたソフト。現在はスマートフォン上でその続編が遊べると銘打っており、多くのユーザーがプレイしています。

初のゲームCMへの抜擢例となるため、今後King GnuはソシャゲCMのバックミュージックを担当するかもしれません。楽しみですね!

King Gnuがアニメ『BANANA FISH』のEDテーマを担当していた!

King Gnuの楽曲の中で、唯一アニメのEDソングとして抜擢されているのが『Prayer X』。

同曲は女性に人気のアニメ「BANANA FISH」に起用。作品の雰囲気と上手くマッチしていることから、原作ファンにもかなりの好印象です。

また、King Gnu初のシングル曲でもあり、何かと度々話題となる楽曲でもありますよ。

まとめ

2019年まででKing Gnuがタイアップ契約を果たしたのは計9曲。

かなり多いように見えますが、今後ますます同バンドが売れていくことを考慮すると一覧はさらに長くなっていくことでしょう。

アニメ方面にはあまり力が及んでいませんが、いつかOPソングを担当するかもしれませんね。2020年以降の活躍が期待されますね。