music.branchwith

【sumika/ゴーストライター】の歌詞の意味を徹底解釈 | スカッとジャパンのテーマソングを考察する!のサムネイル

【sumika/ゴーストライター】の歌詞の意味を徹底解釈 | スカッとジャパンのテーマソングを考察する!

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

ゴーストライターという曲名の意味を考察


ゴーストライターとは曲名でどういった意味で使われているのでしょうか。
一般に、ゴーストライターとは、書籍や記事、脚本などの代作を生業とする著作家のことを言います。つまり、自分の著作物を誰か別の人間の著作物とするということです。
曲名を見ただけでは、なぜこの「ゴーストライター」が曲名なのかわかりませんね。それでは、歌詞を詳しく見ていきましょう。

ゴーストライターの歌詞の意味を徹底解釈

1番


薬で保つような
笑顔ならもう
作らなきゃいい


sumika -ゴーストライター


解釈何かの力を借りて笑うような
無理のしている笑顔なら作らなきゃいい。


大人になれば、相手を立てるためや、空気をよくするために愛想笑いをすることは仕方がないですよね。そして、心から笑うことは少なくなっていってしまうのではないでしょうか。もちろん、愛想笑いをして、場を取り繕うことは大切ですが、「薬」で愛想笑いを保つほど愛想笑いが辛いのなら、場を取り繕うことをやめてもいいのかもしれませんね。 

大人らしいあなたを
見上げるよに のぞいています
暗い暗い暗い
海の中であなたはもがいて
暗い暗い暗い


sumika -ゴーストライター


解釈大人なあなたをすごいなって思っています。
暗い海の中であなたは場を取り繕うためにもがいています。


ここで、この曲は「愛想笑いをして場を取り繕う大人なあなた」を見ている第三者の視点で歌われていることがわかりますね。ここでは仮に主人公としておきます。自分を押し殺して、上手に場を取り繕うことができる人は大人だなぁというイメージを持ちますよね。そのように主人公は上手に場を取り繕う「あなた」に、自分とは人間性が違うなぁ、すごいなぁと思っているのでしょうね。 

闇の中で疼(うず)いて
笑わせて眠らせて
包(くる)ませて愛させて
満たされたあなたがいいのに
まやかし出来ないまま


sumika -ゴーストライター


解釈闇の中でズキズキと痛んで、
笑わせて、眠らせて。
愛されたあなたが好きなのに。
誤魔化せないまま。


主人公は、傷ついて笑って、愛されているような、感情を表に出す「あなた」が好きだったのでしょうか。そして、その気持ちが誤魔化せないということでしょうか。ゴーストライターの切なげなメロディーには、「あなた」にもっと感情を表に出して欲しいけれど、大人だから仕方がないかという諦めを歌っているように感じますね。

2番

幼さとわがまま
こすらせて燃やして
暗い海の中照らすような
光になって その目に映せたら


sumika -ゴーストライター


解釈幼い自分とわがままな自分を燃やして
あなたの心を照らせたなら。あなたの目にその光が映るなら...


主人公には「あなた」が愛想笑いをすることで、「あなた」の心が暗い海のように沈んでいるように感じているのでしょう。そんな「あなた」が不憫だから、自分の身を挺してでもあなたの心を照らしたいと願っているようですね。 

笑わせて眠らせて
愛させて子にさせて
満たされたあなたがいいから
あやかしまやかし
ぼやけた光を振って


sumika -ゴーストライター


解釈笑わせて、眠らせて。
愛させて。
満たされたあなたが好きだから。
ごまかしてあなたの光になりたい。


辛そうな「あなた」を見て、「あなた」の心を照らす光になりたいと思っている主人公。。。ある意味この曲は愛の歌なのかもしれませんね。フジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン』“ファミリースカッと”テーマソングに起用されていますし、恋愛というよりは家族間の愛なのかもしれません。 

出会いたい出会いたい
頼りない 光の始まる場所
よければ辿ってきていつの日か
私にもその痛みを教えて


sumika -ゴーストライター


解釈満たされたあなたにいつかで会いたいな。
まだ、光は頼りないから、よかったら巡ってきて。いつか、私にもその苦しみを教えて。


大人な「あなた」に上手に場を取り繕うことの難しさとその苦しみを教えて欲しいと願っているのでしょう。切ないメロディーから主人公の「あなた」をいたわる気持ちが感じられますね。