music.branchwith

King Gnu「飛行艇」のロケ地は?

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

話題沸騰中のミクスチャー・バンド『King Gnu』。

紅白に出場するなどして話題となった彼らの楽曲、『飛行艇』が今注目されています。

圧倒的オリジナルセンスと完成度を誇るKing Gnuの新曲として2019年8月に配信リリースされた『飛行艇』とははたしてどのような曲なのでしょうか? 

そして、MVに登場したロケ地についても調査してみました。1つずつじっくりと見ていきましょう。

『飛行艇』ってどんな曲?

今をときめく有名人であるテニスプレイヤー、大坂なおみ選手が出演するとして話題となったANAのCM。

それに起用されたのが他ならぬKing Gnuです。

このために『飛行艇』が新規書き下ろしの楽曲として公開されました。

2019年7月25日に『King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0』にてフルバージョンでの初オンエア。

同年8月9日に配信され、多くのファンの元へ楽曲がそれぞれ届けられていきました。

『飛行艇』は、世界的に有名なバンド『Queen』の『we will Rock You』をどこか彷彿させるリズムが印象的な曲。

MVなどではあまり把握出来ないと思うのですが、ライブだとこの楽曲は好ましい変貌を見せます。

皆でサビ部分を熱唱したり、曲に合わせて手拍子したり。

今までKing Gnuがリリースしてきた楽曲の中でもかなり盛り上がるナンバーなのではないでしょうか?

また、エレクトロダンスミュージックなどでよく使われるイメージのある4つ打ちという技法を用いているのも特徴的。

同曲は緩慢な速度からのロックが耳に心地よく、リズムに乗っかると途端に力強いパワーが湧き出るのを強烈に感じられます。

イントロは重低音でスタート。メロディーが重なり合い生み出されるKing Gnu独自の楽曲に、

「まるでヒットして規模をどんどんと拡大させていく『King Gnu』そのもののようだ」

とコメントするファンも。

「飛行艇」という楽曲のタイトルそのものが今のKing Gnuなのではないか。これから更にメディア展開を遂げていき、人気が高まっていくに違いない。

そう考えて、同グループの明るい未来を思わず幻視してしまうファンも多いようですね。

『飛行艇』のロケ地は?

『飛行艇』のMVは薄暗い空間でテレビの画面を見つめている人物がズームアップされて始まります。

少し崩れた赤字で同曲のタイトルが出現。その後、ドーナツ型の滑り止めが施された道を歩いていく人物の姿をカメラが追いかけます。

MVはずっと同じ場所にカメラを回しきりで、絶えず動くカメラワークに驚く方が多かったのではないでしょうか。

全てのカットが坂道のみを写しきる構成で、『飛行艇』のMVはこれまで実現不可能とされていたカメラワークが実現したことでも話題となりました。

さて、滑り止めのあることから駐車場ではないかと勝手な推測をしていたのですが、実際のところロケ地はどこなのでしょうか?

撮影現場は福島県にある

『飛行艇』のロケ地は福島県いわき市添野町にある『ヘレナ国際カントリー倶楽部』の地下駐車場へのスロープです。

『ヘレナ国際カントリー倶楽部』はゴルフ場をはじめに宿泊施設や乗馬倶楽部などが合わさってできた複合施設。そのため地下駐車場は巨大なスペースとなっており、撮影にうってつけなんです。

ちなみに、福島県といえばKing Gnuは『白日』のMVでも同県の別のスポットをロケ地に選んでいることで有名ですね。

『ヘレナ国際カントリー倶楽部』のスロープは著名な他アーティストも利用しているとか。確かに雰囲気が出ていてMVにはピッタリです。

まとめ

登場する人物の半生を示唆するMVが特徴的な『飛行艇』。『PERIMETRON』のOSRINから

「子供の頃に憧れたヒーローにはなれなかったけど、今もいい夢見れてんなとも思ったんでこのような希望がある内容にしました。」

といったコメントが寄せられており、実際に『飛行艇』の歌詞は夢や希望への活力が込められています。

歌詞の全てがサビとも言える内容で、何度も「命揺らせ」と魂を揺さぶる同曲。

ファンからは勇気づけられた、などポジティブなコメントが寄せられ、『白日』以来の大当たり曲だとの声も。

常田大樹さんは『飛行艇』について、

「悲観したくなるような事ばかりの時代ではありますが、そんな時代を生きる皆さんの背中を、そして我々の背中をもグッと押してくれるようなエネルギーを纏った曲に仕上がったことをとても誇りに思います。」(引用:『FASHION PRESS』https://www.fashion-press.net/news/52077

と語っており、歌詞に込めた想いを打ち明けています。

2019年12月20日。

SONYの完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM3」のCMソングに抜擢されたKing Gnuは、新たに新曲を初音源化。

『Teenager Forever』もまたファンの間で大反響を呼び、ますますファンが増えていくことが予想されます。

はたして「ヌーの群れ」が今後どのような影響を音楽業界に与えていくのか、これからも目が離せません。