music.branchwith

歌詞

曲名:

オモイデドロボー

アーティスト:錦戸亮

作詞:錦戸亮

作曲:錦戸亮

並んで歩く歩道
気にかけなくなった歩幅
理由探しも必要ない繋いだ手と手

冷えた手どうしじゃ
温まるワケもないけど
感じれたんだ巡りゆく季節を

見覚えのない景色に
懐かしいとはしゃぐ横顔
蘇る記憶に居たのは誰

並んで歩く程
芽生える悪戯な出来心
声にならない犯行声明

君の思い出そっと盗んで
僕で上書き出来たらな
雪が降った帰り道も
喧嘩しちゃった記念日も
独りよがりな僕のプランは
未遂のまま為す術もなく
次の一手でも捻り出そうか

企んでる事はきっと
見透かされてる様な気がした
繋いでた手ギュッと握るから

何気ない仕草一つで
後ろめたくもなる思惑
過去に縛られてるのは誰
君じゃないな

日々を繋いでそっと結んで
僕で色付け出来たらな
季節外れの台風も
寝込んで聞いた鐘の音も
独りよがりな僕のプランで
記憶の多くを占拠して
溢れる未来も要求するんだ

並んで歩く歩道
いつの日か思い出す時
僕だと良いな

君の記憶に居座る僕を
僕が上書き出来たらな
待ち望んだレイトショーも
レシートに書く置き手紙も
独りよがりな僕のプランは
少し時間が掛かりそうだ
完全犯罪にしなくちゃ

君の思い出そっと覗いて
僕で埋め尽くしていたいな
雪が降った帰り道も
何てことない一日も
独りよがりな僕のプランを
実行できる共犯者に
なれるのはそう君だけだから

関連楽曲

もっと見る