music.branchwith

歌詞

BBHFのあこがれのジャケット
曲名:

あこがれ

アーティスト:BBHF

作詞:尾崎雄貴

作曲:尾崎雄貴

僕だけに見える合図 思わせぶりな仕草で
霞の中に消えていく 届かぬ想いは冷めてく
眠れない夜数える 素直になればなる程
燃えるような熱でうなされて 狂ったように繰り返す
愛を語る唇ゆがめて 夢をみせて 虚の中を行く

憧れよ 騙ることなく何かを成せると言うなら
ひとりぼっちで風を読み ただ見つめるだけでいい
何もない 手札を捨て向かい合うゲームに興じて
でもどうか諦めないで そのまま踊り続けて
蛇のように

猫撫で声の愛撫 ゆりかごの中ゆられて
そこの店に入ろう 腹を満たし忘れて
眠れない夜数える 壊そうとすればするほど
薄ら寒い幸せ 蜘蛛の巣で 命を自ら削って
愛を語る唇ゆがめて もう言わないで 僕はひとりで行く

憧れよ 失うことで何かを成せると言うなら
ひとりぼっちで機を織り ただ重ねあい続けて
誰もない 荒野を死に向かうスピードで飛ばして
でもどうか泣かないでいて そのまま目を開けていて
蛇のように

僕だけに見える合図 掻き立てられる仕草で
霞の中に消えていく 届かぬ想いを飲み込み行く
蛇のように

関連楽曲

もっと見る