music.branchwith

【緑黄色社会 / Mela!】の歌詞の意味を徹底解釈 |迷っていても今こそ行動すべし!と思う歌詞を徹底解釈!のサムネイル

【緑黄色社会 / Mela!】の歌詞の意味を徹底解釈 |迷っていても今こそ行動すべし!と思う歌詞を徹底解釈!

編集: ひいらぎ最終更新: 2023/5/28

目次
Mela!という曲名の意味を考察
Mela!という歌詞の意味を徹底解釈
始まる予感
迷う心
一緒に成し遂げようよ
そんなに気負わなくていいよ
正しさとは
共に夢を追う世界
どうか頼ってほしい
自分なりの正義
まとめ

Mela!という曲名の意味を考察

「Mela!」は、歌詞の中で何度も繰り返される「メラメラ」という言葉からきているようです。

「メラメラ」は、燃え盛るような様子や、強い感情が沸き起こっている様子を表現する言葉であり、曲名の「Mela!」は、この強い感情や、燃え盛るような気持ちを表現しているのではないでしょうか。

「Mela!」は、ポップなメロディと力強い歌詞が魅力的な曲。相手を思う気持ちがとても印象的なんです。自分の心に従って進んでいく勇気を与えてくれる歌詞を紐解いていきましょう!

ひいらぎ

Mela!という歌詞の意味を徹底解釈

始まる予感

今なんじゃない?
メラメラとたぎれ
眠っているだけの正義
こんな僕も君のヒーローになりたいのさ

Mela! -緑黄色社会

”今なんじゃない?”というフレーズは始まりの予感を感じさせます。

情熱的に、熱く燃え上がるのは、今なんだよ、と主人公は思っているようであり、何もしなければ何も変わらないと伝えたいのではないでしょうか。

自分に自信がなくても、誰かにとってのヒーローになりたい、とひそかに想っているのかもしれません。

迷う心

かっこいい君には
僕じゃ頼りないのかなんて
そりゃそうだよな
だって今もこうして迷ってる

Mela! -緑黄色社会

この部分は、自分と相手の関係についての不安や心配な気持ちが描かれているようです。

自分自身が頼りにならないと思っているようであり、自分に自信が持てないのでしょう。

あれこれ悩んでいる自分はきっと頼りがいのない人間なんだろうな、と感じているようです。

一緒に成し遂げようよ

手を取ってくれないか
ギブとテイクさ
君が僕のヒーローだったように

Mela! -緑黄色社会

一緒に手を取り、お互いに助け合おうと主人公は投げかけたようです。

歌詞に出てくる”ギブとテイク”は、与えることと受け取ることのバランスを意味しているのでしょう。

”君が僕のヒーローだったように”というフレーズからは、相手にあこがれ、尊敬する気持ちが込められているのではないでしょうか。

そんなに気負わなくていいよ

今なんじゃない?
メラメラとたぎる
こんな僕にも潜む正義が
どうしようもない衝動に駆られて
ほら気付けば手を握っている
いったいぜんたい
そんなに荷物を背負い込んでどこへ行くの
ねえねえ待って僕にちょっと預けてみては?

Mela! -緑黄色社会

このフレーズは共に歩もうとする相手に向けて語っているようです。

”こんな僕にも潜む正義が”という言葉は、人間の内面にある自分自身の価値観や信念について綴ったもののようあり、誰しもが持っているであろう強い意志や信念が、時に衝動的な行動を促してしまうと主人公は伝えたいのでしょう。

そんな時は感情がコントロールできなくなり、無我夢中になってしまうけれど

そんな時こそ冷静に行動しようよ、と投げかけているのではないでしょうか。

主人公は相手が抱えているいろいろなことを一緒に背負い込もうと考えており、共に歩んで手助けしようとしているのかもしれません。

正しさとは

信じてばかりの僕と
信じることが怖い君と
どちらが正しいのかなんて
誰にも分からないさ

Mela! -緑黄色社会

この部分は、自分と君を比較して「正しいかどうか」ということに焦点が当てられています。

信じることが怖い人と信じている人の両方に理由があり、正しい選択は明確に決まっていないと主人公は考えているのでしょう。

自分自身、そして相手に対しても自身の感覚や感情を信じることが大切だと伝えたいのかもしれません。

共に夢を追う世界

僕らだけの世界
ギブとテイクさ
補い合えた暁には同じ夢を見たい

Mela! -緑黄色社会

二人で世界を作っていくため、ギブアンドテイクをしてお互い足りない部分を補っていこうよ、と投げかけているようです。

二人で助け合い、支え合うことができたその時には、同じ夢を追っていたらいいな、と思っているのでしょう。

フレーズからはいろいろなことに対して前向きに考えている主人公の姿が垣間見えます。

どうか頼ってほしい

君はかっこいいと苦しめて
ひとりぼっちにさせたのは
少し僕のせいなんだよなごめんね
だけど見るべきはリアルだ
今こそ僕が救けるんだ
抱えないで信じて頼ってほしいんだ

Mela! -緑黄色社会

”君はかっこいいと苦しめて”と歌われたフレーズは、相手を褒めることで傷つけてしまったことを自覚し、その反省を歌ったもののようです。

主人公は本当に相手のことをかっこいいと思い、素直にその言葉を伝えていたのでしょう。

ですが逆に相手にとっては重荷になっていたようであり、本当の自分を見失いつつあったようです。

”見るべきはリアルだ”というフレーズは、相手に対して現実を直視するよう伝えたい気持ちが込められており、相手に対して自分が力になることを伝え、支えることを約束しているのではないでしょうか。

自分なりの正義

今なんじゃない?
メラメラとたぎる
こんな僕にも潜む正義が
どうしようもない衝動に駆られて
ほら気付けば手を握っている
ほっておけない
そんなに荷物を背負い込んでどこへ行くの
ほんのちょっと僕にちょっと預けてみては?
こんな僕も君のヒーローになりたいのさ

Mela! -緑黄色社会

”今なんじゃない?”と始まるこの歌詞は、緊張や興奮といった感情の高まりを表しているようです。

主人公は自分でも気づかないうちに相手を助けたいと思ったのでしょう。

ギリギリの状態の相手をそのままにしておくことはできないと感じ、思わず手を握ったようです。

君の抱えているものすべてを請け負うことはできないし、君もそういったことを望んでいないことは知っているけれど、でもほんの少しでいいから肩の荷を下ろしてみてよ、と相手に伝えたいのではないでしょうか。

まとめ

今回は緑黄色社会の「Mela!」の歌詞の意味を徹底解釈しました。

「Mela!」は、自分に対しての不安や葛藤を抱えつつ、相手を支えたいと思っている主人公の気持ちが綴られているようです。

歌詞には、自分にはないものを相手は持っており、時に君のことをかっこいいな、と思ってしまう様子が描かれており、頑張りすぎる相手に対しても、重荷になっているものを自分も背負うから、と提案しているようでした。

自分自身や相手を信じることが大切だというメッセージも含まれているようであり、全体的に、ポジティブな雰囲気や愛を感じることができる歌詞だと思いました。

歌詞を聞いて、深く共感する人も多いのではないでしょうか。

これからもmusic.branchwithでは緑黄色社会を追って行くのでぜひチェックしてみてください!

トップ
noimage
JASRAC許諾第9023463001Y38026号
各ページに掲載されている、ジャケット写真、アーティスト写真、サムネイル画像等の画像及び歌詞の著作権は、各レコード会社、各アーティスト、各著作権者に帰属します。Copyright © 2018-2023 music.branchwith All Rights Reserved.