music.branchwith

【Official髭男dism/ラストソング】の歌詞の意味を徹底解釈 | 「またね」という歌詞が印象的な別れの歌を考察する!のサムネイル

【Official髭男dism/ラストソング】の歌詞の意味を徹底解釈 | 「またね」という歌詞が印象的な別れの歌を考察する!

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

ラストソングという曲名の意味を考察


ラストソングは文字通り「最後の歌」のことだと考えられます。

今回のアルバム名は「Traveler」つまり「旅」を表しています。
そんな今回のアルバムの中での最後の歌とは「区切り」や「別れ」のことを示しており、誰かを想い、誰かのために歌う最後の歌を歌っていると考えることが出来ると思います。

また、曲の中では「またね」という歌詞が印象的に使われていることから、旅の終わりや区切り、別れを歌いながらもまた出会うことができる。

そんな願望が歌われているのだと解釈することが出来ると思います。


ラストソングの歌詞の意味を徹底解釈

1番

幕が下りれば僕ら お互いに離れ離れ
皮肉なもんだな こんな時だけ
あっという間に過ぎ去るなんてさ
Official髭男dism -ラストソング
解釈

太陽が沈んだら僕たち2人は離れることになってしまう。
皮肉なもんだな、
貴女といない時間は退屈で長く感じるのに2人でいる時間はまたたく間に流れていくんだからさ。

普段は一緒の時間を過ごすことが出来ないカップルの男性が彼女と久しぶりのデートをした後、

あっという間に日も沈み始めてデートの終わりも近づいてきたことを感じて心の中でつい「皮肉なもんだな」と零してしまう。

そんな男性の心の中の寂しさと、1人で過ごす退屈な時間はあんなにも長いのに2人で過ごす時間は楽しくてあっという間に過ぎることに対する不満が表現されています。


「またね」があれば どんなお別れもましになるね
いつ言えなくなるだろう? 考えちゃだめだよなあ
いつだとしても虚しくなるから
Official髭男dism -ラストソング
解釈

「またね」と言えばどんな別れも多少はマシになるね。
いつ言えなくなってしまうのだろう、そんなこと考えちゃダメだよね。
言えなくなるのが「いつ」だとしても虚しくなるから。

別れ際に「またね」と言えばどんなに寂しい別れでも多少はマシに感じることが出来る、と男性は自分に言い聞かせているようにも思えます。

「いつ言えなくなるだろう?」といつまでもこんな関係が続いていくことはないと、

男性自身も薄々わかっているけれどそんなことは考えちゃダメだと自問自答しています。

言えなくなる日が「いつ」だとしても虚しくなるのは変わらないとわかっているからだと思います。


ひと夏のきらめきが アイスを溶かしていく
それによく似たやるせなさには ほんの少しだけ
刹那の味が 甘く混ざりあう
Official髭男dism -ラストソング
解釈

ひと夏の輝きがアイスを溶かしていく。
それによく似た失恋のやるせなさには、ほんの少しだけ。
一瞬の苦みが甘く混ざり合う。

男性は失恋してしまったようですね。

男性が1人でアイスを食べていた時に、

一緒に過ごした時のことを思い出してしまう。

溶けてなくなるようになくなった恋、

失恋のやるせなさの中には失恋の苦みが混ざっている。

「ほんの少しだけ」と強がっていますが、

失恋のダメージはかなり大きいように思えます。


今日が終わるのが 悲しいから
朝日よ2度と出てこないでと
時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ
まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな
Official髭男dism -ラストソング
解釈

恋が終わってしまったと認めるのが悲しいから。
時間が進まなければ認めずにいられる気がして、
時計を止めようとしてみたら失恋を慰めるように秒針の音がしたよ。
まだ遊び足りないよ、もっと一緒にいたいのにな。

やはり失恋のダメージが大きかったようです。笑

朝が来なければいいと言うくらい気持ちが真っ暗に沈んで、

時間が進まなければいいと思うくらいに失恋が辛かったのだと思います。

最後はまだ2人でやりたいことも、もっと2人で続けていたいこともあったと本音を漏らしたのだと思います。



2番

限りがあるからこそ 全ては美しいんだと
そんなド正論 臆病な僕には
しんどすぎて聞けたもんじゃないな
Official髭男dism -ラストソング
解釈

永遠ではなく限りがあるからこそ恋愛は美しいものなのだと。
そんな真っ直ぐな正論は臆病な僕(失恋した男性)には、
辛くて聞けたもんじゃないな。

失恋のことを誰かから慰められている男性ですが、

恋愛には「限りがある」という真っ直ぐな正論は

今の男性にとってはとても素直に受け入れることが出来ない言葉のようです。


月日を重ねる度 少しずつ出来ていく
クロスワードみたいな 心の隙間 埋められるのは
交わした言葉 約束の時間
Official髭男dism -ラストソング
解釈

月日が経つごとに少しずつ出来ていく。
クロスワードパズルのように心の隙間を埋められるのは、
彼女と交わした言葉と一緒に過ごした時間だけ。

男性は時間が経っても失恋のショックから立ち直ることが出来ていないようです。

付き合っていたころの会話や一緒に過ごした時間を思い出して、

自分の心の隙間を埋めようとしています。


いつも終わってから 漂うのは
手持ち花火の火薬の香り
まとわりついて離れずに 指に残るまばゆい声と
青くて熱い耳鳴り もっと聴きたいのにな
Official髭男dism -ラストソング
解釈

いつも思い出すのは、
2人でやった手持ち花火の火薬の匂い。
耳にまとわりついて離れないのは、一緒に遊んだ時の彼女の声と
激しく高鳴る心臓の音、もっと聴いていたかったのにな。

男性は彼女と2人で花火をしながら話した彼女の声を

いつも思い出してしまうようです。

そして、彼女と2人でいる時の胸の高鳴りをもっと聴いていたかったのだろうなと思いました。


3番

君と作り上げた思い出と
このハッピーを絶やさないように
僕は笑い声を立てる「またね」を届ける 嘆きの雨に
少し 濡れながら
地球最後の日だとしても
Official髭男dism -ラストソング
解釈

君と作ってきた思い出と。
幸せを絶やしてしまわないように。
僕は笑いながら「またね」と彼女に言う。
少し泣いているかもしれないけれど。
今日が「またね」と言える最後の日だったとしても。

彼女と今まで作ってきた思い出と一緒に過ごしてきた幸せが

終わってしまうと自分自身に悟らせない様にするために

男性は笑いながら「またね」と彼女に伝えようとします。

たとえ今日が彼女に「またね」と伝えられる最後の日だとしても

男性は涙を堪えて笑顔で伝えたかったのかもしれませんが、

堪えることは出来なかったと思います。


今日が終わるのが 悲しいから
朝日よ2度と出てこないでと
時計をぎゅっとつねったら 慰めの音がしたよ
まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな
もっと歌いたいのにな
Official髭男dism -ラストソング
解釈

一度解釈したので割愛します

一度解釈したので割愛します


まとめ

失恋経験のある男性なら、誰でも共感できる部分が多い歌詞なのではないでしょうか。

特に『もっと歌いたいのにな』の歌詞の部分には、恋人との幸せだった日々を思い返し、「また君と幸せな日々を過ごしたい」と願っているような、「でも、いつまでもこんなこと言ってられないよな」とそんな自分をちょっと情けなく思っているような寂しさを感じました。