Sweet Rainという曲名の意味を考察

「Sweet Rain」の歌詞には甘くしっとりとした恋模様が描かれているようです。

「雨」という言葉が頻繁に出てきており、一つのキーワードとなっていることから、この曲名がつけられたのではないでしょうか。

WOLF HOWL HARMONYのデビュー曲「Sweet Rain」は2023年ナガシマスパーランドジャンボ海水プールのCM曲でもあるんですよ!恋のときめきがしっとりと描かれている歌詞を紐解いていきましょう!

結衣

Sweet Rainという歌詞の意味を徹底解釈

君をもっと知りたい

どうして この胸 こんなに 震える
近づきたい もう1cm 横顔にViolet Sky
会うたび 募る想い
雨のち恋模様

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

大切な人に対する気持ちが抑えられず、もっとそばに近づきたいという切ない想いが募っているのでしょう。

日に日にその思いが強くなっていることを、主人公自身も感じているようです。

歌詞に出てくる”Violet Sky”は直訳すると紫の空になりますが、ここでは相手の横顔が非常に美しく、特別な存在であるという意味なのではないでしょうか。

相手をとても魅力的な存在だととらえているようです。

やっと言えた

君色 Sweet Rain 優しく降り続いて
くるくると回る Wasted Youth 相合傘に
君色 Sweet Rain 言えない言葉リフレイン
7回目で溢れ出したフレーズ
時が止まった

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

この部分では主人公の心の中に相手への愛や感情が溢れ、それが穏やかで優しい雨のように降り注いでいることを示しているのでしょう。

”Wasted Youth”は「無駄に過ごされた青春」などの意味がありますが、この部分では過去の出来事を振り返って葛藤していることを示しているようです。

その後悔している出来事とは好きな人に好きだと言えなかったことなのではないでしょうか。

ずっと言いたかった言葉や思いがやっと7回目であふれ出し、相手に伝えることができたようです。

幸せな瞬間

Your Love Your Love
愛しさの雨に打たれ
Your Love Your Love
抱き寄せた 100億のTear Drops
友達 それとも Love
ずっとこうしたかった
ビニール傘の雫にKissは隠して

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

この部分に出てくる”100億のTear Drops”は相手の愛情が主人公をとても幸せにしていることを表しているようです。

主人公と相手とは今まで友達のように接してきたのでしょう。

ですが友達という関係を超えて恋愛関係になりたいと主人公はずっと思っていたようです。

自分の本当の気持ちを伝えることができたことが、主人公自身嬉しかったのかもしれません。

冷静でいられない

雨音がこだましてる
沈黙がドラマティック
平気なフリして
探るほど Yeah Yeah
その瞳にSpeechless

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

ここでは思いを伝えた後の様子が描かれているようです。

好きだと相手に伝えた後、二人の間に静かな時が流れたのでしょう。

静かに時が流れていても主人公の心の中は冷静ではなく、平気なふりをしていても実際にはあれこれ戸惑っている様子が伺えます。

”Speechless”とは「言葉を失う」という意味があり、告白されたことについて相手は戸惑っている様子が伺えます。

または”その瞳に”とあることから、主人公の心が強く揺さぶられており、自分の感情を言葉に表現できなくなるほどの強い感動や感情を超えた状態であるのかもしれません。

君の気持ちが知りたい

いま Red Light to Blue Light
スクランブル交差点
教えて君のココロは
雨のち恋模様

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

このフレーズは「君」からの答えを待っている状況のようです。

主人公の心の中はスクランブル交差点のようであり、このまま進んでいいのか、それとも立ち止まった方が良いのか悩んでいるのでしょう。

「君」の心の中が分からず、どうしていいのか戸惑っているようでもあります。

後悔はしていない

君色 Sweet Rain 優しく降り続いて
くるくると回る Wasted Youth 相合傘に
君色 Sweet Rain 言えない言葉リフレイン
7回目で溢れ出したフレーズ
時が止まった

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

”君色 Sweet Rain 優しく降り続いて”というフレーズは、君の存在を甘く優しい雨に例えて表現しているのでしょう。

「君」に対して抱く愛情が、雨のように心地よく降り続いているという意味が込められているようです。

また君との関係において、主人公の心は相手の色で彩られているという意味をもつのかもしれません。

後半のフレーズからはずっと言いたかった言葉を口にした時、時が止まったような感じがしたことが伺えます。

どんな答えだろうと後悔しないという主人公の心の強さも垣間見えます。

伝わった想い

Your Love Your Love
愛しさの雨に打たれ
Your Love Your Love
抱き寄せた 100億のTear Drops
離さないから

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

このフレーズは以前と同じものが使われていますが、最後に”離さないから”という言葉が綴られています。

このようなことから、主人公の気持ちが相手に伝わったのでしょう。

相手からの言葉は主人公にとって心を満たすほどのものだったようです。

やっと伝わったこの想いを大切にし、これからも絆を深めていきたい、「君」との関係を永遠に続けていきたい、と思っているのではないでしょうか。

これからも一緒に

君色 Sweet Rain 優しく降り続いて
くるくると回る Wasted Youth 相合傘に
君色 Sweet Rain 言えない言葉リフレイン
7回目で溢れ出したフレーズ
時が止まった
Your Love Your Love
愛しさの雨に打たれ
Your Love Your Love
抱き寄せた 100億のTear Drops

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

想いが通じ合った後、主人公は今までのことを振り帰っているのでしょう。

愛に包まれていることを実感し、これからもずっと一緒にいたいと強く誓い合っている様子が描かれているようです。

友達から恋人になったことで関係性は変わってしまったけれど、相手のことを尊重し、守っていきたいと思ったのかもしれません。

この先の未来へ

友達 それとも Love
ずっとこうしたかった
走り出す二人にもう傘はいらない

Sweet Rain -WOLF HOWL HARMONY

”走り出す二人にもう傘はいらない”というフレーズは、主人公と相手が一緒に進むことを表現しているようです。

"走り出す"という表現から、二人が新しいステージに向かって進んでいこうとしているのでしょう。

そして”もう傘はいらない”という表現から、二人はいろいろな出来事にも負けず、未来を一緒に歩む覚悟ができていることを示しているのかもしれません。

傘は雨をしのぐために使われますが、ここでは雨は未知や困難を象徴し、二人はそれに立ち向かって進む覚悟を持っているということを記しているようでもあります。

まとめ

今回はWOLF HOWL HARMONYの「Sweet Rain」の歌詞の意味を徹底解釈しました。

「Sweet Rain」は主人公の内面的な葛藤や感動、そしてロマンチックな想いが描かれているように感じられました。

主人公は友達だと思ってお互いに接していたのに、いつの間にか相手に対して恋心を抱いていたのでしょう。

友達という関係を壊したくなくて、ずっと本当の想いを伝えることができなかった様子が綴られていました。

ですがやっと伝えることができ、そして恋が成就したようであり、これからは友達ではなくなるけれど変わらず守っていきたい、一緒に前に進みたいと思ったのではないでしょうか。

想いを伝える様子や心の葛藤が丁寧に描かれている歌詞だと感じました。

歌詞を聞いて、深く共感する人も多いのではないでしょうか。

これからもmusic.branchwithではWOLF HOWL HARMONYを追って行くのでぜひチェックしてみてください!