music.branchwith

【バルーン/メーベル】の歌詞の意味を徹底解釈 | メロディーの中毒性がやばい!のサムネイル

【バルーン/メーベル】の歌詞の意味を徹底解釈 | メロディーの中毒性がやばい!

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

メーベルという曲名の意味を考察

メーベルは主人公と不貞をはたらくパートナーの関係をうたった歌であり、何度も浮気を繰りかえすパートナーを主人公も許してはいけないと思いながらもまた曖昧に許してしまうという関係に陥っている主人公を描いています。

曲名のメーベルとはフランス語で家具を意味し、曲の解釈に照らし合わすと、パートナーは主人公のことを恋人ではなくもはや家具のように「あって当たり前」「なくなったらまた買えばいい」そんな風に思っていると解釈できます。

主人公自身も薄々気づいていますが、パートナーからまだ必要としてもらえているのではないかという気持ちから、自分がパートナーの家具として存在していることに喜びと哀しみの相反する気持ちを感じているのです。


メーベルの歌詞の意味を徹底解釈

1番

笑えないわ 「不幸になった」って どの口が言うのだろう
もう何回 誤魔化している その指で遊んでる
バルーン -メーベル

解釈笑えないわ「不幸になった」ってどの口が言うの
もう何回誤魔化しているの
その指で遊んでいるの

主人公は歌詞の口調から推測すると女性であり、相手はお付き合いをしているパートナーの方でしょう。それも浮気や不倫などの不貞行為をしています。一度や二度ではなく、何度もしているのでしょう。

しかも、主人公に向かって堂々と「不幸になった」と言っているのですから、あまりしっかりしたパートナーではないですね。不貞相手とうまくいかなくなったので、主人公のもとへ戻ってきたところからこの曲は始まります。


ふざけないで 被害者ぶったって 何も変わりはしないのに
こうやって 夜は更けてく おやすみ
バルーン -メーベル

解釈被害者ぶったって何も変わりはしないのにふざけないで
こうやって夜は更けてく、おやすみ

不貞をしていたパートナーがいくら被害者ぶっても、主人公からしたら自分を裏切った加害者でしかありません。

しかし、パートナーはあたかも自分が被害者のように主人公にすがってきます。今日も解決しないまま夜は更け明日に持ち越していくのです。


だから 相対になるのは夜が明けてから
ほらね 今日は眠るのさ
そして こんな言葉に意味などはないから
気にしないで目を閉じて
バルーン -メーベル

解釈だから相対になるのは夜が明けてから
今日はもう眠ってしまうの
今あなたにかける言葉に意味などはないから
気にしないで目を閉じて

相対とは「アイタイ」とも言い、お互いが平等であることや第三者が介入せず当人同士のみで解決することを指します。

なので、主人公は今回の不貞についてはもう少し気持ちが落ち着いてから、お互い冷静になって話し合いたいと思っています。今パートナーになにか言うとしてもきっと酷い言葉や、自分の辛い気持ちや怒りの感情をコントロールすることができないからです。


2番

傷が付いて変わっていった程度のものと言うのでしょう
もう何回 繰り返している その胸で眠ってる
バルーン -メーベル

解釈あなたは「傷が付いて変わっていった程度のもの」と言うのでしょう
もう何回繰り返していると思っているの?
そしてまたその胸で眠ってる

パートナーは自分たちの関係について「ほんの少しの傷がついて変わってしまった程度」のものと思っています。おそらく度重なる不貞について深く反省もせず、主人公がどれほど悲しんでいるかなんてはなはだ考えていません。

今まで言いたかった言葉の数々は、そんなパートナーの様子を見て主人公の胸の内にしまわれたまままた夜をこえてしまうのです。

 

不意に吐いた「嫌いじゃないよ」って その言葉で揺れるのに
そうやって 目を伏せるのは 何故 何故 何故
バルーン -メーベル

解釈あなたが不意に吐いた「嫌いじゃないよ」って言葉で私の気持ちは揺れるのに
そうやって目を伏せるのはどうして?

パートナーにとってはおそらく主人公の愛は重く、ときとして鬱陶しいと思うほどだと主人公は理解しています。しかし、パートナーはそんな自分のことを「嫌いじゃないよ」と言います。

本来ならそのセリフは不貞をしたパートナーが言っていい言葉ではありませんが、主人公がいまだにパートナーへの気持ちがあるが故にそのような言葉を言わせてしまうのです。

そして、その言葉に主人公もまだ好きという思いが湧き上がります。しかし、パートナーはその言葉ですら目を合わせず伏せながら言うのです。この動作に主人公はやはり底知れぬ不安と怒りがこみ上げます。


曖昧になるのは嘘に怯えるから
またね 遠く灯が揺れる
ここで 愛情を問うにはあまりに遅いから
聞かなかったことにしよう
バルーン -メーベル

解釈言葉が曖昧になるのは嘘に怯えるから
遠く灯が揺れる
ここで愛情を問うにはもう遅すぎるから
なにも聞かなかったことにしよう

主人公がそんな曖昧な返答をするパートナーに詰め寄り本心を聞かないのは、他ならない主人公本人がパートナーの嘘に怯えているからです。自分にすでに気持ちがないことをパートナー本人から聞くのが怖いのです。

そして、何度も不貞をはたらかれいまさらパートナーの愛を確かめようなんて、遅すぎるのです。主人公はまた繰り返してしまいます。

 

Ah-a 青になって熟れる様な
Ah-a 赤になって枯れる様な
Ah-a 拙い拙い想いだけ
募ってしまって仕方がないんだよ
バルーン -メーベル

解釈青になって熟れる様な
赤になって枯れる様な
拙い拙い想いだけ
募ってしまって仕方がないんだよ

青や赤の色は果実にたとえられています。青い果実はこれから成熟の時に向かいぐんぐん栄養を蓄えていきます。

赤い果実は熟し食べごろですが、一方ではこれ以上成熟することなく枯れていくだけの状態を指します。主人公とパートナーにも青い果実のような燃え上がる時期があったはずですが、すでに二人の関係は熟れきった枯れる一方の関係になってしまったと比喩しています。

主人公はまだまだパートナーへ情熱が向いていますが、パートナーから主人公へ向かう気持ちはすでに枯れてしまっているのでしょう。

主人公の想いばかりが募っている非常に苦しい状態です。


だから だから相対になるのは夜が明けてから
ほらね 今日は眠るのさ
そして あんな言葉も優しさというから
触れる様な虚しさが残る
バルーン -メーベル

解釈だから相対になるのは夜が明けてから
今日はもう眠るの
そして、あなたはあんな言葉も優しさというから
触れられるような虚しさが残る

だから、今回もすぐ話し合うなんてせず、明日でいい思っているのです。

パートナーのつく嘘さえ、自分を傷つけないための不器用な優しさだと認識しているので、むなしい関係なのになんだかパートナーから触れられているようなそんな優しさを感じてしまうのです。