music.branchwith
メニュー
「嵐×米津玄師の新曲「カイト」がエモい!歌詞の意味や、曲名の意味は?徹底的にまとめてみた」サムネ

嵐×米津玄師の新曲「カイト」がエモい!歌詞の意味や、曲名の意味は?徹底的にまとめてみた

ひいらぎ最終更新:
目次

嵐×米津玄師の「カイト」がNHKの2020年ソングに決定しました!

作詞作曲を米津玄師さんがされているそうで、米津玄師ファンにとっては待望の新曲!って感じですね。

また、嵐といえばジャニーズの中でも超超超人気グループですし、ファンも多くいますから嵐ファンにとっても嬉しいニュースなのではないでしょうか。

今回は、そんな嵐×米津玄師の「カイト」の情報を徹底的にまとめていきたいと思います!

嵐×米津玄師の「カイト」がNHKの2020年ソングに決定!

もう一度言います!嵐×米津玄師の「カイト」がNHKの2020年ソングに決定しました!!!

いや〜もう年末最後のビックニュースと言っても過言ではないのではないでしょうか・・・

作詞作曲の天才「米津玄師」と国民的アイドル「嵐」がコラボなんて・・・本当に凄いですし、この組み合わせが実現できたことがすごいですよね。さすがNHKって感じ(小声

2020年は一大イベントとして東京オリンピックがありますし、米津玄師・嵐の大旋風が巻き起こりそうな予感。

そんな、大旋風を起こしそうな二人のコメントが発表されているのでご紹介します。

僕が子供の頃から変わらずに活動してきた嵐のラストイヤー、その一幕に関われることをとても光栄に感じています。「カイト」は長く残る曲になって欲しいと願いながら制作しました。どうか広く行き届きますように(米津)
『カイト』は頑張っている人が救われるような優しさに溢れている曲で、歌っていてとても感動しました(相葉)

相葉さんのコメントもいいですが、米津玄師さんのコメントが特にいいですよね!

米津玄師さんの「嵐のラストイヤーを華々しく飾ってあげたい」と嵐を思う気持ち。ひしひしと伝わってきます。

米津玄師さんの思いが、世間に届くといいですね!

嵐×米津玄師の「カイト」の聴き方は?いつ聴ける?

超話題の嵐×米津玄師の「カイト」。なんと2019-2020年の紅白歌合戦で初披露されるようです!

2019年12月31にちがすごい待ち遠しいという声もちらほら。

ツイートを見てると、皆さん本当に待ち遠しいみたいですね!僕も本当に待ち遠しいです。

そこで!2019-2020年の紅白歌合戦前に聴く方法がないか、NHKの公式Youtubeチャンネルを見たり、米津玄師のチャンネルを見たりして全力で調べてみました!

結果は!

やっぱり、コラボするということが発表されただけで、曲の一節すら聴くことができませんでした・・・

なんで、みなさんも紅白まで残り数日ワクワクしながら待ちましょう!

嵐×米津玄師の「カイト」の歌詞の意味は?曲名の意味も考察する!

歌詞を掲載したいのですが、まだ発表されていないので掲載できません。ごめんなさい。

なので、ここでは他のアーティストさんの曲も交えながら、歌詞の意味を考察していきます!

嵐×米津玄師の「カイト」の歌詞のポイントと曲の構成

歌詞は未発表ですが、

1.嵐が2020年で活動を終えるということ

2.東京オリンピックのテーマソングであるということ

この二つが重要なポイントになってくるのではないかと思います。

まず一つ目。嵐が2020年で活動を終えるということで、「ありがとう」と感謝の思いをファンに伝えてくるのではないかと予想します。

作詞の米津玄師さんも嵐のラストイヤーを飾りたいとコメントしてらっしゃいますし、歌詞には「ありがとう」が入ってきそうですね!

そして二つ目。東京オリンピックのテーマソングであるということで、東京オリンピックの選手たちに向けた応援や、努力することの大切さ、日本に来てくれた海外の方々に対する想いが歌われるのではないかと予想します。

これらから、曲の構成を予想すると、

1番の曲の前半:「努力」に関する歌詞

1番サビ:「東京オリンピックの選手たちに向けた応援」の歌詞

2番の曲の前半:「日本に来てくれた海外の方々に対する想い」の歌詞

ラストサビ:「全ての人・ものにありがとう」と感謝を伝える歌詞

といった構成ではないかと思います。

こうやって、曲の構成を考察してみると、本当にいい曲が出来上がってきそうな予感がしますね!

嵐×米津玄師の「カイト」の曲名の意味


「カイト」とは聞き慣れない言葉ですが、いったいどういった意味があるのでしょうか。

辞書で調べると、どうやら

①垣の外。町村の囲いの外。 〔日葡〕
②乞食。ものもらい。 〔物類称呼〕
③洋凧

weblio辞書より引用

という意味があるらしいです。

んー。①、②に関してはいまいち東京オリンピックとの関係が見出せませんね。

なので、おそらく「カイト」という曲名は洋凧という意味で使われているのでしょう!

つまり、「カイト」という曲名の意味は、凧のように空高く舞ってどこまでも前に進んでいこうというような意味が込められているのではないかと思います!

嵐×米津玄師の「カイト」の発売日は?

発売日は、公式発表によると未定のようです。

そりゃあそうですよね。まだ曲すらも聴けてないんですもの・・・もしかしたらまだ歌詞を調整中かもしれませんし。

ただ、筆者の予想によると、紅白歌合戦の終盤で発売日が公表されるのではないかと予想してます!

やっぱり、その方が盛り上がりますからね笑

まとめ

今回は嵐×米津玄師の「カイト」の情報を徹底的にまとめてみました。

まだまだ謎が多い嵐×米津玄師の「カイト」。いったい米津玄師さんは歌詞にどんな想いを込めたのでしょうか。

紅白歌合戦は最初から最後までテレビの前に張り付いていようと思います。笑

嵐と米津玄師一色の2020年が楽しみで楽しみで仕方がありませんね!

では、最後までご覧いただきありがとうございました!

米津玄師の関連特集記事もどうぞ!

「【米津玄師】100人に聞いた!オススメ楽曲/人気楽曲10選!【2019年度版】」サムネ

【米津玄師】100人に聞いた!オススメ楽曲/人気楽曲10選!【2019年度版】

特集
米津玄師