music.branchwith
メニュー
「【美波】おすすめ曲・人気曲TOP10!ファンが選ぶ絶対聴いて欲しい曲を厳選して紹介【2019年度版】」サムネ

【美波】おすすめ曲・人気曲TOP10!ファンが選ぶ絶対聴いて欲しい曲を厳選して紹介【2019年度版】

ひいらぎ最終更新:
目次

どうもこんにちは、ひいらぎ(@music_bWith)です。

2019年にメジャーデビューした美波。TVアニメ「ドメスティックな彼女」オープニングテーマに起用され、どんどんファンを増やしていますよね。

今回はそんな美波のおすすめ曲・人気曲TOP10を紹介します。

美波のプロフィール


美波

関東を拠点にシンガーソングライターとして活動中。特徴的な歌詞と、かすれたような力強い声が魅力的。力強い声だけではなく、女性特有の澄んだ美しい歌声も持っている。
2次元から出てきたかのようなルックスと言われるほど顔立ちがよく、曲の良さとの相乗効果で今後ますます有名になってくであろう期待のアーティストだ。

美波のおすすめ曲・人気曲


第7位:正直日記



2018/01/26に公開された美波の正直日記が第7位でした。
曲の再生時間が7分を超えるという非常に長い曲となっていますが、最初から最後まで飽きることなく聞き続けることができる一曲です。
スローテンポに注目して聴いてみてください

「正直日記」注目の歌詞


ああ なんで こんなことしてんだろ 僕
ああ なんで あいつばっか あいつばっかでさ
もう僕の限界だよって ああ また こんなこと 言っちまったなあ

美波 -正直日記


曲の冒頭の歌詞になります。
ここの歌詞は、曲の主人公の劣等感を的確に歌っている部分です。「あいつばっか」というところからは「あいつ」が羨ましいと思っていて憎んでる様子が想像できますね。
曲を通して少し暗めの声で歌われていているので、より劣等感がリアルに表現されています。

第6位:Monologue



2018/01/19に公開された美波のMonologueが第6位でした。
疾走感と、曲中に登場する打ち上げ花火の音が特徴的な曲。
曲名のMonologue(モノローグ)とは劇で、相手なしに言う台詞(せりふ)。独白(どくはく)という意味で使います。そこから相手に言わない(言えない)気持ちを歌った曲として曲名に使われているのでしょう。

「Monologue」注目の歌詞


嘘をついたよ どうしようもない嘘
二文字を三文字に変える嘘
満員電車に揺られ見に行くはずだった花火も
今はテレビの中で
エンドロールは君と私の二人だけで終わるはずだったの秘密なのです
モノローグに隠して隠してもう
気付いたら秋が私を引っ張て行くんだ

美波 -Monologue


二文字を三文字に変える嘘。これは「すき」を「きらい」に変える嘘という意味で使われているのでしょう。
打ち上げ花火の音も合わさって夏を感じさせる一節となっています。

第5位:ETERNAL BLUE



2018/01/19に公開された美波のETERNAL BLUEが第5位でした。とても暗い声とサビのひねり出すような声が特徴的な曲です。
独特な世界観の中で歌詞の強調によって表現される美波の伝えたいことをぜひ汲み取って欲しい。

「ETERNAL BLUE」注目の歌詞


お前に私の何が分かんだ
何も残らなかった
何も無かったじゃないか
頑張った頑張ったよ
わたしずっと1人頑張ってたんだ

美波 -ETERNAL BLUE


ラスサビの部分の歌詞。ここの「お前に私の何が分かんだ」という歌詞の歌い方はマジで鳥肌が立つ部分です。
美波が暗めに歌う曲は孤独や後悔を歌う曲が多い気がします。美波の中で孤独とは暗くて寂しいものという価値観があるのかもしれませんね。

第4位:main actor



2018/02/21に公開された美波のmain actorが第4位でした。美波のとても切なげな歌声で歌われるサビ部分の繰り返しが特徴的な曲。
「main actor」すなわち主役という曲名なだけあって、大切な人にとっての主役になりたかった。と歌う曲になっている。

「main actor」注目の歌詞


少しだけ 少しだけ
少しだけ 少しだけ
1畳でも居場所が欲しかった
ひとつだけ ひとつだけ
ひとつだけ ひとつだけ
僕がここにいる証明を
僕にしか 僕にしか
僕にしか 僕にしか
出来ないことの証明を

美波 -main actor


ラスサビの部分の歌詞。ここの「少しだけ」という歌詞の繰り返し部分はメロディが消え美波の歌声だけ聞こえてくるのですが、あまりにも切なげな声で歌われるのでおもわず聴き入ってしまいます。

main actorの歌詞の意味を詳しく見る!

第3位:ライラック



2018/06/12に公開された美波のライラックが第3位でした。え?第3位がライラック??と美波ファンが思うほど美波の中では非常に有名な曲です。
編集時Youtubeでは再生回数が1600万回を超え、再生回数だけでもその人気ぶりが伺えます。

「ライラック」注目の歌詞


人生そうハイに
人生そう前に
人生聡明に生きたいのは山々だが
割と根拠も証明もないような現状世界くらいが丁度よくて

美波 -ライラック


1番サビの前半部分の歌詞。ここの「人生そうハイに」という歌詞を歌う時の美波の高音は一度聞いたら脳から離れないほど印象に残ります。
ただ、男性がカラオケで歌う時はとにかくここの高音が出にくいので、そこが少し残念ですね。

ライラックの歌詞の意味を詳しく見る!

第2位:ホロネス



2018/08/03に公開された美波のホロネスが第2位でした。2位がホロネスかーいと美波ファンが思われるかもしれませんがサビの入りは私が人生で聴いた曲の中で一番と言えるほど鳥肌が立ちます。
もし、個人的に美波の曲をランキングするとしたら、ぶっちぎりの1位でホロネスにするほど。
サビの力強い英語の歌詞に注目して聴いてみてください。

「ホロネス」注目の歌詞


To virtualize a lie
非現実的現状
ありもしない鏡像
消えていく境界線を
返してくれよと 帰してくれよと
もう一度やり直させて欲しくて
本物はここいるんだ それは違う 違うんだ
幻影の私を愛さないで 忘れないで お願い
想いを馳せて誓うよ

美波 -ホロネス


ラストサビの歌詞。ここは最初から最後まで鳥肌が立ちっぱなしになる部分です。
「返してくれよ」と、切なく力強く歌う美波の歌い方は、すべての聴いた人の心に響くことでしょう。

ホロネスの歌詞の意味を詳しく見る!

第1位:カワキヲアメク



2019/01/29に公開された美波のカワキヲアメクが第1位に輝きました。多分この結果にはほぼすべての人が納得されるとおもいます。
TVアニメ「ドメスティックな彼女」のオープニング曲にも抜擢されたこの曲は、国内だけではなく海外でも非常に聞かれています。

「カワキヲアメク」注目の歌詞


もう「聞き飽きたんだよ、
そのセリフ。」
中途半端だけは嫌

美波 -カワキヲアメク


サビ前の歌詞。「中途半端だけは嫌」という歌詞でサビまで盛り上げるような歌い方はおもわず歌い出したくなってしまいます。
ここの盛り上げ方が印象的すぎて、サビが少し物足りないという方もいるほどです。

カワキヲアメクの歌詞の意味を詳しく見る!

まとめ


ランキングまとめ

  • 1位:カワキヲアメク

  • 2位:ホロネス

  • 3位:ライラック

  • 4位:main actor

  • 5位:ETERNAL BLUE

  • 6位:Monologue

  • 7位:正直日記



はい!今回は、美波のおすすめ人気曲TOP10を紹介しました。
こんなに名曲が美波にあれば間違いなくこれから有名になるなと、この記事を執筆しながら思いませんか?
これからの活躍に期待したいですね!