music.branchwith
music.branchwith | 広く張った枝とともに
歌詞解釈

【サカナクション/モス】の歌詞の意味を徹底解釈 | ルパンの娘の主題歌を徹底考察する!

author:ひいらぎ

サカナクションアルバム「834.194」ジャケット写真
モス
カラオケ難易度
0/10
ランク
38位/201曲中
- Introduction -
フジテレビ系木曜劇場「ルパンの娘」の主題歌に起用されている一曲。軽快なメロディーと「マイノリティ(=社会的少数派)」という曲名が合間って、「他人とは違いながらも明日を目指す」というようなプラスのイメージを抱かせてくれる。
MV
リピート中

サカナクション「モス」が主題歌のドラマ「ルパンの娘」って?


サカナクションの「モス」がフジテレビ系木曜劇場「ルパンの娘」の主題歌に抜擢されたそうです!
サカナクションとしては、2003年に放送されたドラマ「dinner」以来の主題歌抜擢となるそうで、作詞作曲を担当しつつ、ボーカルの山口一郎さんは

僕たちの新しい歌を地上波ドラマの主題歌に抜擢していただき、本当にありがとうございます。
このような表現の楽曲を高く評価していただけことに、ロックバンドとして光栄に思います。
個人的な話になりますが、深田恭子さんの主演ドラマだと伺った際には小さくガッツポーズしました。(笑)

引用:exciteニュース「深田恭子主演の新ドラマの主題歌が、サカナクションに決定!「小さくガッツポーズしました(笑)」(サカナクション・山口一郎)」

と、コメントしています。”深田恭子さんの”ドラマに抜擢されて大喜びな様子が思い浮かびますね。

ちなみにフジテレビ系木曜劇場「ルパンの娘」とは代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との恋愛を描いた横関大の同名小説をドラマ化したもののようです。
ルパン◯世とは全くの無関係のようなので注意が必要ですね笑

下の動画がフジテレビ系木曜劇場「ルパンの娘」の予告動画です!

サカナクション「モス」のMVが衝撃的らしい

フジテレビ系木曜劇場「ルパンの娘」に16年ぶりに抜擢され話題になっている一方、どうやらMVが衝撃的らしく、こちらも話題になっています。
そんなMVは動画配信サービス「GYAO!」での独占先行配信中のよう。Youtubeなど他の動画サイトでは見れないそうです。
ファンの方で早くみたい!という方は動画配信サービス「GYAO!」に登録してみてくださいね!

モスという曲名の意味

「モス」とはどういう意味で曲名に使われているのでしょうか。

この「モス」という曲名ははじめ「マイノリティ」という仮タイトルがつけられていたそうですが、様々な曲解が起きてしまうかもしれないと懸念し、マイノリティを象徴するものとして虫の「蛾」を意味する「モス」とつけたらしいです。

つまり、曲名の「モス」の意味を知るためには「マイノリティ」の意味を知る必要があるということです。

では、「マイノリティ」とはどういう意味なのか。国語辞典によるとマイノリティとは社会的少数派という意味です。

社会的少数派。確かに、山口さんが懸念されていたように色々な曲解ができてしまう言葉ですね。
ここでは、曲名だけをみて変な解釈をしてしまわないように、早めに歌詞の考察に移っておきましょう!

モスの歌詞の意味を徹底解釈

1番

君のこと
(ソウゾウデキズニ)
知らなくていいや
(ソウイウフンイキ)
僕はまだ
(ソウゾウデキズニ)
探してたいんだ
(ソウイウコトバガ)

サカナクション -モス

解釈

君のことなんてまだ知らなくてもいいや。
僕はまだ、見つからない何かを探していたいんだ。

歌詞の途中に入るカッコ内の部分。この部分は主人公(僕)の心の中の想いを表現しているのかもしれません。

「君のことなんてまだ知らなくてもいいや」と強がっていても、「君と甘い雰囲気になる自分が想像できない」だけであったり、

「まだ探していたい」と言いつつも、「言葉が見つからない」だけであったり、

主人公は心の中に思っている言葉を上手に発することができないのかもしれませんね。

 

抱えても叶えられないこと
比べても負けるとわかってたんだ

繭割って蛾になる マイノリティ
揺れてる心ずっと 三つ目の眼

飛び交う蛾になる マイノリティ
雨に打たれ羽が折りたたまれても

サカナクション -モス

解釈

いくら夢を抱えても自分には叶えられないってわかってたんだ。
いくら他人と比べても自分は劣っているんだ。

自分の殻を飛び出して孤独になろう。
言葉にできない心の中の想いが、今、第三の目になる。

さあ、孤独になって飛び立とう。
たとえ、周りから変な目で見られても。

夢があっても夢を叶えることができない。。。とても辛いものですよね。

もちろん、ほとんどの人間が幼い頃の夢なんてかなっていないでしょう。それでも、好きな人と結婚したり、美味しい料理を食べたり、大人になってから別の小さな夢を叶える人が多いでしょう。

主人公は、そんな些細な夢でさえも叶えることができなかったのでは無いでしょうか。だから、他人と比べて劣る自分を隠すために、マイノリティ=社会的少数派=孤独にならざるおえなかったのかもしれません。

2番

抱えても叶えられなくても
比べても一人でうずくまっても

つまづいても誰かが指差しても
次の場所を行けるとわかってたんだろう

サカナクション -モス

解釈

夢が叶えられても
叶えられなくても
他人と比べても
一人で殻にこもっても
人生につまずいても
誰かにバカにされても
「どこか」には行けるとわかっていたんだろう?

「次の場所」とはどこなのでしょうか。

この部分は、「愛する人のところへ行く」であったり、「自分の居場所に行く」であったり、極端な解釈をすれば「天国に行く」なんて解釈もできてしまうので、人によっていろんな解釈ができますね。

BUMP OF CHICKENのカルマという曲でも「心臓が始まった時 嫌でも人は場所を取る」という歌詞があるように、(嫌でも)生まれた瞬間から人間というのはどこかに居場所があるものです。

なので、ここの「次の場所」は「自分の居場所」と解釈するのが自然かもしれませんね。

 

繭割って蛾になる マイノリティ
揺れてる心ずっと 三つ目の眼

飛び交う蛾になる マイノリティ
雨に打たれ羽が折りたたまれても

繭割って蛾になる マイノリティ
揺れてる心ずっと 三つ目の眼

連れてく蛾になる マイノリティ
君はまた僕を思い出せるなら

サカナクション -モス

解釈

自分の殻を飛び出して孤独になろう。
言葉にできない心の中の想いが、今、第三の目になる。

さあ、孤独になって飛び立とう。
たとえ、周りから変な目で見られても。

自分の殻を飛び出して孤独になろう。
言葉にできない心の中の想いが、今、第三の目になる。

「君」がまた僕を思い出してくれるなら、さあ、一緒に孤独になって飛び立とう。

一度解釈したので割愛します。

 

 

La fin...

 

 

コメントを書く!