music.branchwith
music.branchwith | 広く張った枝とともに
あいみょん

【あいみょん/空の青さを知る人よ】の歌詞の意味を徹底解釈 | 最新映画情報も!

author:ひいらぎ

空の青さを知る人よ
カラオケ難易度
0/10
ランク
191位/201曲中
- Introduction -
映画『空の青さを知る人よ』の主題歌に起用されている一曲。『あの花』長井龍雪の新作である映画とあいみょんの優しいメロディーがうまく調和している。
MV
リピート中

映画『空の青さを知る人よ』の主題歌!

あいみょんの新曲「空の青さを知る人よ」は同タイトルの「空の青さを知る人よ」という映画の主題歌に起用されています。

この映画は、あの「あの花」で有名な長井龍雪さんの新作映画となっています。
あの花といえば、感動で涙した方が多いと話題だったアニメですよね。今回の映画も最後はしっかり泣けるような映画なのでしょうか!?

公式サイトに紹介文がありましたのでご紹介します。

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。
そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。
あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。
そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして金室慎之介の名があがる。あかねのかつての恋人であり、高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が町に帰ってくる…。
時を同じくして、あおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。
思わぬ再会をきっかけに、次第に、しんのに恋心を抱いていくあおい。一方、13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

映画『空の青さを知る人よ』公式サイト

せつなくてふしぎな四角関係や「二度目の初恋」などなんだかドロドロしそうですが、「あの花」ファンとしては、泣けるラストがいいですよね!

「空の青さを知る人よ」は、2019年10月11日(金)公開です!まだまだ先ですが、絶対に忘れないようにしましょう!

あいみょんが楽曲に込めた想い

映画『空の青さを知る人よ』の公式ツイッターの方で、あいみょんさんのコメント動画が公開されていたのでご紹介します。

内容を文字で起こすと、「作品に寄り添いつつも、自分らしさも出せたすごい素敵な一曲になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」だそうです!

あいみょんらしさ…といえばメンヘラだったりエロだったりしますが….この映画の雰囲気に合うのでしょうか?

“作品に寄り添いつつも”とおっしゃっているので、しっかりエロい部分は隠しているのでしょう!(多分…そうであってほしい…)

歌詞

全然好きじゃなかった
ホラー映画とキャラメル味のキス
全然好きになれなかった
それなのにね…

(中略)

赤く染まった空から
溢れ出した輪に打たれて
流れ出す 浮かび上がる
一番弱い自分の影

青く滲んだ思い出
隠せないなら
もう一度 同じ日々を
ねぇ 止めているから

君が知っている 空の青さを
知りたいから

あいみょん -空の青さを知る人よ

空の青さを知る人よという曲名の意味

空の青さを知る人よの歌詞の意味を徹底解釈

1番

現在歌詞考察準備中です

2番

現在歌詞考察準備中です

 

 

La fin...

 

 

コメントを書く!