ボカロ

【kemu/地球最後の告白を】の歌詞の意味を徹底解釈 | MVとカラオケ情報

地球最後の告白を
カラオケ難易度
0/10
ランク
126位/163曲中
- Introduction -
「少年は言いたいことがあった」KEMU VOXXシリーズに含まれる一曲。GUMIの澄んだ歌声とよくの雰囲気がマッチしていてとても聞きやすい。

- おすすめ関連記事 -

解釈六兆年と一夜物語の歌詞を徹底解釈解釈拝啓ドッペルゲンガーの歌詞を徹底解釈解釈リンカーネイションの歌詞を徹底解釈

地球最後の告白をの基本情報

地球最後の告白を作曲に携わった人

作詞kemu
作曲kemu
編曲kemu
vocalGUMI

収録アルバム

kemuのアルバムをさらに詳しく見る

MV

地球最後の告白をのカバー楽曲を見る

各カラオケの配信状況

JOYSOUND
配信状況
配信中

JOYSOUND公式ページで配信状況を詳しく見る

DAM
配信状況
配信中

DAM公式ページで配信状況を詳しく見る

※編集時現在の配信状況です。定期的にチェックはしていますが、配信状況が変わっている場合があります。配信状況が変わっていた場合はコメント欄にて教えていただけると助かります。

地球最後の告白をという曲名の意味

この曲は歌詞を見ていくと、不老不死となった主人公が地球最後の人間として、想いを告白している場面であることがわかります。ですから、曲名は文字通りの意味です。地球最後の人間である主人公が、地球最後の告白を行なっているのです。

地球最後の告白をの歌詞の意味を徹底解釈

1番

そして君が知らずに
幸せな灰になった後で
僕は今更 君が好きだって

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

君が何も知らずに幸せに死んで灰になった後で
僕は今更、君が好きだって

片想いしている人である「君」が亡くなってから、主人公はやっと想いが、もう直接は言えないけれど……。含みを持たせた歌詞であるため、結論は書かないでおきます。

 

「大人になりたくないよ」なんて大人ぶってさ
駆けた少年の日
どうやら僕に訪れた悪戯は
相当タチの悪い不老不死のおせっかい

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

「大人になりたくないよ」なんて大人ぶって言って、過ぎ去っていった少年だったあの日
そしてどうやら僕に訪れた神様からの悪戯は相当タチの悪い不老不死という、あの日の言葉を反映したお節介だった

主人公は少年だった頃、「大人になりたくないよ」と、大人ぶって他の子供とは反対のことを言いました。その言葉を真に受けた、あるいは、皮肉った神様は主人公に不老不死の呪いをかけました。そのことに気がついた主人公は「なんというお節介だ」と思います。

 

神様ステキなプレゼントをありがとう
なんて到底的外れな
幼い冗談の奥に 大事に隠した
片思いは察してくれないんだ

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

「神様ステキなプレゼントをありがとう」なんて到底的外れな言葉だ
神様のくせして、幼い冗談の奥に大事に隠した片想いは察してくれないんだ

神様からの贈り物(という名の呪い)に対し、主人公は「ありがとうなんて言うもんか」と思います。「大人になりたくないよ」という冗談混じりの言葉には、実は「君」に対する恋心が隠れていて、「『君』と離れたくないから子供でいたい」という裏の意図も隠されていました。でも、神様は無情にも主人公の片想いを察してはくれなかったのです。

 

追い越してく 戻れない憧憬(しょうけい)
好きな人に さよならを

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

時は進んでいって、戻れない憧れの君を僕は追い越していく
好きな人にさよならを言わなくちゃ

無情にも時は進み、主人公は子供のまま、憧れの的だった「君」だけが大人になって人生を終えます。憧憬とは「あこがれ」の意味を持ち、「憧」「憬」どちらの字も「あこが・れ」と読みます。

亡くなった「君」に、主人公はさよならを言わなくてはならなくなったのです。

 

いつか見た夕焼けは
あんなにキレイだったのに
恋なんて呼ぶには
穢れすぎてしまったよ
そして 君が知らずに 幸せな灰になった後で
僕は今更 君が好きだったって気付いたよ

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

いつか君と一緒に見た夕焼けは
あんなにキレイな夕焼けだったのに
それを恋と呼ぶには
僕は穢れすぎてしまったよ
そして、君が僕の心なんて知らずに幸せな灰になった後で
僕は今更、やっぱり君が好きだったって気づいたよ

主人公と「君」がどのような人生を過ごしたのかはわかりません。しかし、一緒にキレイな夕焼けを見たあの時の感情を恋と呼ぶには、主人公は少々穢れて過ぎてしまいました。

主人公は「君」に片想いを隠したまま年月を過ごします。その間に「僕は本当に『君』が好きなのかな」など懐疑したり、他の人に心惹かれたこともあるでしょう。こういった面を指して主人公は「穢れすぎてしまったよ」と言うのかもしれません。

それでも、やはり「君」が亡くなってから、主人公は「やっぱり僕は君が好きだったんだ」と気づくのです。

2番

百年前の同じ日に君のおばあちゃんは
同じ事を言ったんだ
君の孫の曾孫(ひまご)のその最期に
僕はまた一人になる

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

百年前の今日と同じ日付に君のおばあちゃんは僕に同じことを言ったんだ
そして、君の孫の曾孫のその最期を見届けて
僕はまた一人ぼっちになるんだ

時は進んで、あの日から百年が経っています。好きだった「君」の孫の世代になっているようです。そしてこれはあくまでも推測ですが、きっと「同じこと」というのは「大人になりたい?」という趣旨の質問なのではないかと思います。

そして、その「君の孫の曾孫」、要は「君」から7代下った子供の最期を見届けて、主人公は一人になります。「君」の血筋が途絶えたのでしょうか?

 

移ろってく メトロポリスと
君の名に花束を

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

移ろっていく大都市と
君の名前に僕は花束を添えるよ

主人公が「君」の7代下を見届けたとすると、3代下(孫まで)で百年経っているのですから二百年以上は確実に経っていることになります。かなり世界も移り変わったことでしょう。メトロポリス(経済・文化の中心となる大都市)も「君」が生きていた頃とはまるで違う。その大都市の跡地と君の名前に、主人公は悼む意を込めて花束を手向けるのです。

 

いつか見た夕焼けは
あんなにキレイだったのに
恋なんて呼ぶには
穢れすぎてしまったね
そして 血が流れて 世界が灰になった後で
僕は今でも ふいに君を思い出すんだ

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

いつか君と一緒に見た夕焼けは
あんなにキレイな夕焼けだったのに
それを恋と呼ぶには
世界は穢れすぎてしまったね
そして血が流れて、世界が灰になってしまった後で
生き続けている僕は今でもふいに君を思い出すんだ

「君と見た夕焼けはキレイだったなぁ」と主人公は壊滅した世界を見て思います。「血が流れて」ということは戦争があったのでしょうか?戦火によって人間も何もかも全てが灰になった世界の中でも、不老不死ゆえに生き続ける主人公は今でも夕焼けを見るとふいに「君」のことを思い出すのでしょう。

 

誰もいない 枯れた世界で
悪戯の 意味を知ったよ
臆病 でも今なら言えるんだ
地球最後の告白を

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

誰もいなくなった枯れた世界で
僕はやっと悪戯の意味を知ったよ
臆病な僕でも今なら言えるんだ
地球最後の告白を

全てが灰になり、世界には主人公以外の人間は誰もいなくなりました。そして、やっと主人公は神様の悪戯の意図を知ります。

自分以外の人間が消えた。もう誰も聞いている人はいない。それならば、臆病な主人公でもそれならば言えるのです。地球最後の人間としての、告白を。

 

いつか見た夕焼けは
あんなにキレイだったのに
恋なんて呼ぶには
遠回りしすぎたよ
そして 何もかもが 手遅れの灰になった後で
僕は今更 君が好きだって
君が好きだったって言えたよ

kemu voxx feat. GUMI -地球最後の告白を

解釈

いつか君と一緒に見た夕焼けは
あんなにキレイな夕焼けだったのに
それを恋と呼ぶには
僕は遠回りしすぎてしまったよ
そして、何もかもが手遅れの灰になってしまった後で僕は今更、君が好きだって、好きだったって言えたよ

本当は「君」と一緒に夕焼けを見ていた時に告白できたらよかったのでしょう。しかし、その言葉が言えたのは世界が灰になり全てが手遅れになった後だったのです。かなり遠回りしてしまい直接言うことは、「君」の子孫に伝えることすらできました。

しかしそれでも、自分以外誰もいなくなった世界で主人公は言うことができました。「君のことが好きだったよ」と。主人公によって地球最後の恋の告白がなされたのです。

 

言いたいことがあっても、言えないという人は多いと思います。特に恋愛に関することは言えませんよね。この主人公のように言わずに失恋……というのは切ないものですし、主人公の一途さに心打たれます。主人公は何百年「君」のことを思い続けたのでしょうか……?

歌詞だけでなくメロディーとPVも切ないこの曲にはジーンとした方も多いと思います。ストーリーを噛み締めながら聞きましょう。

 

 

La fin...

 

 

まとめ

今回は、kemuの地球最後の告白をの歌詞の意味を徹底解釈しました。

今後も当サイトではkemuを追って行くのでぜひチェックして見てください!

コメント