J-pop

【中島美嘉/雪の華】のレビューとカラオケの難易度

中島美嘉の「雪の華」の紹介記事です。雪の華のカラオケの難易度やレビュー、歌い方など幅広い情報を掲載しています。中島美嘉の「雪の華」についてはmusic.branchwithでまとめてチェック!

おすすめの関連記事

雪の華の基本情報

雪の華作曲に携わった人

作詞中島美嘉
作曲中島美嘉
編曲中島美嘉
vocal中島美嘉

収録アルバム

MV

雪の華はカラオケでは歌いやすい?

高音が多く、女性には歌いやすい -20代女性

普通

カラオケで歌う際、高音が多く、女性には歌いやすいと思います。 高音が多いのはサビだけであり、aメロやbメロは高音を出さなくても歌えるので喉に負担が少ないです。 また、中島美嘉さんの声は独特な声ではないのでよせやすい声だと思います。 男性には高音が厳しく感じるかもしれないです。 しかし、バラード曲なので、盛り上がってるときに入れるべきではない曲です。 なので、ヒトカラや、バラード曲を与える雰囲気の時に当たった方がいいと思います。

低めの音程で歌いにくい -30代女性

歌いにくい

カラオケでは自分の声に似た音域を持つ歌手の歌を歌いやすいと思うことが多いです。 この曲は、始めは比較的低めの音域から始まります。サビより前は同じ音をのばすパーとも多いので歌いやすいです。 しかし、見せ場であるサビの部分ではかなり高いところまで音が上がっていくので、最初は歌いやすくても後で声が出なくなったりかすれたりして困る方が多いと思います。 高い音が一気に正確に出せる人か、そういう練習をした人がカラオケで上手に歌えるのではないでしょうか。

曲の出だしからピッチを合わせるのが難しい曲 -30代男性

歌いにくい

バラードを歌ううえで、最初に心をつかむために曲の出だしは重要だと感じますが、曲の出だしからピッチを合わせるのが難しい曲だと感じます。 女性がカラオケで歌うにしては最初は低いところから入り、サビでは高音が際立つ。この高低差をうまく歌うというのがなかなか難しいと思うので、一般的には歌いにくい曲ではないかと思います。しかし、冬の定番曲としてカラオケで広く歌われていることを思うと、歌いにくくても歌いたいという曲であるのだと思います。

モノマネというものをテレビ番組の力で壊さないようにする -それ以上女性

歌いやすい

モノマネというものをテレビ番組の力で壊さないようにするのはどうだろう。そんな問いかけをした。映画の撮影もそうなのだが、厳密な条件というものはテレビやハリウッドやそんな撮影の富!の力がいいと思っていたのだ。結婚したことにより厳密な条件付けができなくなった。そのことで、たかがカラオケ!!という程度の話でなくなることがあるように思う。時が移り変わり行く毎に人というものは変わっていくものである。変わりゆく心で是非カラオケで『雪の華』を熱唱したいものだ。

カラオケでうまく歌いたい方は下の記事を参考にしてください!

カラオケの上達方法の記事はこちら!

雪の華のレビュー

総合評価
8.17/10
雪の華
男性の平均評価:8
ユーザー:8
AI:準備中
女性の平均評価:8.33
ユーザー:8.33
AI:準備中

切ない曲調と中島美嘉さんの声がマッチしている -20代女性

今年この曲が映像化され、映画になりました。 切ない曲調と中島美嘉さんの声がマッチしています。 この曲を聴くと、当時のCMが思い出されます。 また、冬を感じるようになります。 サビが印象的ですが、イントロの入りがとてもよく、ずっと聞きたいと思ってしまいます。 映画になったことで、この曲が再びたくさん聞けることがとても嬉しいです。 今の若い世代の子供たちにも聞いてもらえることが凄く嬉しいです。 pvもとても素敵なので、合わせてみることがおすすめです。

雪の降る夜に一人で静かに聴くのがおすすめ -30代女性

学生の時にCDを買って、これまで何度もカラオケで歌ったことのある曲です。 中島美嘉さんの繊細な美しい声が、真っ白な雪の清らかさにとてもマッチしているので、雪の降る夜に一人で静かに聴くのがおすすめです。 また、恋の歌でもあるので、恋人と一緒に聴くのも素敵でおすすめです。雪は冷たいものですが、恋人と一緒にその雪を眺めればあたたかい気持ちになるでしょう。その寒暖のギャップが織り込まれているのも特徴的です。 中国語でカバーされた曲を聴いたこともあるので、アジアでは愛されている曲だと思います。

冬の歌の代名詞として人気の高い曲 -30代男性

冬の歌の代名詞として人気の高い曲ですが、曲を聴いていると雪の白さやしんしんと舞うはかなさを感じる素敵な曲です。 切ないバラードソングなのですが、どこか温かみを感じるのは中島さんの歌の魅力なのでしょうか。 前半のゆっくりと穏やかに流れる低めのキーからサビにグッとくるメロディラインと、後半にどんどん感情を揺さぶる曲の構成が聞く人を惹きつけるのだと思います。 個人的には、女性にこの曲を歌われると心を奪われるくらいカラオケでおすすめの曲です。

雪の冷たさを感じる歌 -それ以上女性

中島美嘉の憂いと白い雪の冷たさと雪の結晶のイメージなどが歌になっている。憂に満ちた歌声と冬の寒さとこの街という歌詞にある街の様子ありありと浮かぶ。街なるものの寒さと寂しさからは愛が溢れ出すなどの歌詞は想像しにくいが、寒い夜の街を歩きながら口ずさむと人や車が連なり思い思いに行き先のあるものたちの背を見遣り、ふと舞い降りた雪のひとひらに天を仰ぎ既にこの世にない愛するものを思い出すのだ。この世にないことで愛は永遠だとはある日の歌である。おすすめの一曲です。

コメント