music.branchwith
リピート
メニュー
マカロニえんぴつ ミスター・ブルースカイサムネイル

【マカロニえんぴつ/ミスター・ブルースカイ】の歌詞の意味を徹底解釈 | 脱退したメンバーに贈る最高の歌詞に戦慄!

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次
歌詞
マカロニえんぴつのミスター・ブルースカイのジャケット

曲名:ミスター・ブルースカイ

アーティスト:マカロニえんぴつ

作詞:はっとり

作曲:はっとり

猿も木から落ちるし 正義は平気で嘘をつく
生憎わたしたちヒトの子です 素通りしないでね
しないでね?

あればあるで邪魔 居なきゃ居ないで不満
骨までは愛せない
たまに抱き合っていたい、じつに疑り深い
風に揺れるメロウ

言葉足らずでごめんな
あくびの向こうで ほら探してくれ

泣いているのは君のせいじゃないから
ただ泣いてみたのは夜のせいでいいかな
ブルースカイ、届いてない

去る者には追われてナンボだ 合わすべくはテンポだ
あなたに求めたは情熱だけ、叶わぬ夢だけ

答え合わせの筈が
あくびをする意味まで探らないでよ

泣いているのは君のせいじゃないから
ただ泣いてみたけど捨て切れないの何でだ
ブルースカイ、聞こえてない

染まりたくはないが
そばに居た暮らしがちょっと好きだ
都会の足音、昨日と僕を素通りスルー

通り雨降る
止んで流れる 余計縋って痛くなる
モノクロの庭で戯け合ったのも幻になれ

泣いているのは君のせいじゃないから
ただ泣いてみたのは夜のせいでいいかな
ブルースカイ、届いてない

サヨナラグッバイ、笑ってスカイハイ
とりあえずまた明日
それでもいいかい?
これならいいかい?って何回も言う

泣いてみたのに、ただ泣いてみたのに
捨て切れないの何でだ
捨てられないの何でた
ブルースカイ、いつか届け

ミスター・ブルースカイという曲名の意味を考察

Loopicon

ブルースカイとは青空という意味。澄み切った空のことです。

しかしこの曲の歌詞には「雨」というワードが出現し、一見青空は描かれていません。

ここには、「雨が降るように辛いことがあってもいつか晴れることを忘れずにいたい」というメッセージが込められているのだと思います。

では、このメッセージを頭に入れて歌詞を考察していきましょう。

ミスター・ブルースカイの歌詞の意味を徹底解釈

1番

猿も木から落ちるし 正義は平気で嘘をつく
生憎わたしたちヒトの子です 素通りしないでね
しないでね?
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

想像もしなかった失敗をしてしまったり、正義に裏切られることもある。
人間だからこそ、うまくいかないことがあるんだ。
そういう時こそそんな情けない自分に真摯に向き合っていたい。
そして向き合ってほしいんだ。

「猿も木から落ちる」は、その道に優れた者でも時には失敗することがあるということわざ。

誰もが一度は聴いたことがあることばが曲の世界観の中にリスナーを誘い込みます。

また「正義は平気で嘘をつく」という表現も誰しも心あたりがあるはず。

自分の信じていたものが音を立てて崩れていった絶望。

そうした悲しみを「人間だからこそ」と肯定しているようAメロです。


あればあるで邪魔 居なきゃ居ないで不満
骨までは愛せない
たまに抱き合っていたい、じつに疑り深い
風に揺れるメロウ
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

大好きなはずなのに、距離が近すぎれば嫌になってしまうこともある。
だからといって、取り上げられるのは嫌だけれど。
無条件に全てを愛せるものなんて無い。
愛しているけれど、疑ってしまうことだってある。

いくら好きな人であっても、ずっと一緒にいるのはしんどい。けれども別れてしまいたいわけじゃない。

そんな気持ちになったことはありませんか?

ここではそんな複雑で正直な生々しい気持ちが歌われています。

なみに「メロウ」とは柔らかで耳触りの良い曲のこと。

そんな歌が、主人公の気持ちや生活を支えているのでしょう。


言葉足らずでごめんな
あくびの向こうで ほら探してくれ
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

いつも君の欲しい言葉をあげられない。
誤解させたり不安にさせてごめんね。
些細な行動から僕の気持ちを拾ってみてほしいんだ。

自分の不甲斐なさを嘆いている主人公の様子が垣間見えます。

また、ここでの「あくび」は様々な解釈が出来ると思います。

一般的には退屈の象徴とみることができるでしょう。

ただ、こんな解釈はどうでしょうか。

あくびの動作といえば、大きく口を開けて微かに涙も出てきますよね。

これは「一見そうはみえないけれど、実は泣いている」。

あくびをそんな意味に捉えることもできます。


泣いているのは君のせいじゃないから
ただ泣いてみたのは夜のせいでいいかな
ブルースカイ、届いてない
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

僕が泣いているのは君のせいではないから安心してほしい。
こんな深い夜のせいだって言い訳させてよ。
いまはまだ空は真っ黒、
青空には程遠い。

主人公の涙がエモーショナルに描かれています。

この涙の理由は、曲全体のメッセージから「別れ」であると推察できます。

でも、この悲しみを別れの相手とはしない。

そうした精一杯の優しさを振り絞っている様子です。


2番

去る者には追われてナンボだ 合わすべくはテンポだ
あなたに求めたは情熱だけ、叶わぬ夢だけ
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

あなたにも僕と同じくらいの熱い想いがあると思っていたんだ。
一緒に夢を追いかけられると思っていたんだ。
もう離れ離れの貴方を追いたいと思うのは仕方ないよね。

ここでは道を分かたれた「あなた」への断ち切れない想いが受け取れます。

この「あなた」の相手ですが、マカロニえんぴつの脱退したドラマーのことを暗示しているようです。

というのも、実はこの曲が作られる前に同バンドのドラム担当が脱退し、マカロニえんぴつは5人組から4人組へと変化しました。

バンドでの成功という夢を熱い気持ちで共に追いかけた仲間の脱退。

ここで綴られた言葉はそうしたストーリーにも関係しているように捉えることができます。


答え合わせの筈が
あくびをする意味まで探らないでよ
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

もう目標はすぐそこにあるのに。
僕の些細な行動を変に受け取らないでほしいよ。
ちゃんとわかってほしいよ。

この「答え合わせ」は夢の最終段階を表しています。

今まで我武者羅にしてきた努力が報われるステージまで辿り着いたということです。

それでも自分が言葉にしない退屈や悲しみが重く受け止められている、そんな現状を憂いているようですね。


泣いているのは君のせいじゃないから
ただ泣いてみたけど捨て切れないの何でだ
ブルースカイ、聞こえてない
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

僕が悲しいのは君のせいではないから、責任なんて感じないで。
思いがけず涙が出るけど、だからってすぐに立ち直れるわけじゃない。
いつも僕を励ましてくれる音楽も遠く感じるくらいに、打ちのめされてしまう。

主人公が途方もなく涙に暮れるサビです。

ここでの「ブルースカイ、聞こえてない」というフレーズ。

何が聞こえていないのでしょうか?

一つの意味としては相手の声が届かない自分の焦り。

また自分の声が相手に届いていない寂しさ。

それに加えて、こんな解釈ができます。

というのも、1番で歌われた「風に揺れるメロウ」というフレーズを覚えていますか?

自分のそばに常にあった音楽。

そんな大好きな歌すら聞こえない現状が描かれているのではないでしょうか。


染まりたくはないが
そばに居た暮らしがちょっと好きだ
都会の足音、昨日と僕を素通りスルー
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

新しい場所に慣れ切って今までを忘れたいわけじゃない。
それでも、君と一緒にいた生活が好きだった。
都会の人混みは冷たくて、僕のことなんて気にもしない。
僕の過去だってどうでもいいみたいだ。

別れた相手との暮らしを懐かしく思っている主人公。

都会では自分だけが一人ぼっちのようで、余計に孤独が加速されます。


通り雨降る
止んで流れる 余計縋って痛くなる
モノクロの庭で戯け合ったのも幻になれ
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

思いがけず雨が降る。そして止む。繰り返す。
そうやってただひたすらに時間が過ぎる。
大切だった日々もこうやってどんどん遠くなって切ない。
ずっと昔にふざけあっていた楽しい日々は、もう一生こない。

ブルースカイとは正反対、雨に濡れる主人公が描かれています。

余計縋って泣きたくなる」のは、過ぎる時間や遠くなる過去への執着でしょう。

大切だった日々がもう来ないと認めるのは苦しいことです。

別れを受け入れるのは、切ないことです。

そうした切なさが苦しげに描かれています。


泣いているのは君のせいじゃないから
ただ泣いてみたのは夜のせいでいいかな
ブルースカイ、届いてない
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

一度解釈したので割愛します。
1番のサビをご参考ください。

一度解釈したので割愛します。

1番のサビをご参考ください。


サヨナラグッバイ、笑ってスカイハイ
とりあえずまた明日
それでもいいかい?
これならいいかい?って何回も言う
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

さようなら、それも笑って受け入れよう。
空の高さのように、お互いこれからも高みを目指して。
とりあえず、いつもみたいに「また明日」で別れよう。
そんな諦めきれない僕を許してくれるかい?
ちゃんと別れるから、許してくれるかい?

主人公は別れに腹を括ります。

決して暗くならず、笑って別れを受け入れる。

そんな主人公の姿勢が、真摯に、すこし切なく、歌われています。


泣いてみたのに、ただ泣いてみたのに
捨て切れないの何でだ
捨てられないの何でた
ブルースカイ、いつか届け
マカロニえんぴつ -ミスター・ブルースカイ
解釈

寂しくて涙が止まらない。泣いたってどうにもならないんだろう。
それでも今までのキラキラした日々を忘れられない。
まだまだ諦めきれない。
この青い空の下、そのどこかに貴方がいるならいつか再会しよう。
空高く届くぐらいに、夢を目指して高みを目指そう。
前に進んで行こう。

別れの悲しみと、それを肯定して前に進む強さが歌われたラストです。

今までの大切な日々は簡単に無下には出来ない。

でもそれでもいい。

いつか自分の想いが届くように。

いつか自分の夢まで届くように。

いつか自分の歌が届くように。

この曲が伝えるのは、そんなポジティブなパワーです。


まとめ

ミスター・ブルー・スカイに込められたメッセージは「別れを受け入れて、前に進んでいく」です。

脱退した元メンバーを意識して作った歌でもあります。

すこし切なく、それでも夢を忘れない前向きなパワーを秘めた力強い一曲でしたね。

最後までお読みいただきありがとうございました

マカロニえんぴつの関連解釈記事は6記事あります。music.branchwithの関連記事を読んでみませんか?

記事を見てみる >