music.branchwith
リピート
メニュー
Loopicon

【手塚翔太/会いたいよ】の歌詞の意味を徹底解釈 | あなたの番ですの主題歌を徹底考察!菜奈を失った翔太は何を思うのか

ひいらぎ最終更新:
目次

歌詞

手塚翔太の会いたいよのジャケット

曲名:会いたいよ

アーティスト:手塚翔太

作詞:手塚翔太

作曲:手塚翔太

君がいない世界は
光を失ってしまった
僕には何ももう見えないよ
暗闇が広がるだけ

でも瞼を閉じてみれば
今も浮かぶ 2人の日々
この手をそっと
伸ばしたくなる
微笑む君に

会いたいよ 会いたいよ
涙が溢れて止まらない
会いたいよ 叫んでみても
声にならない もう一度だけ
会いたい

これから僕は1人、
誰のために生きればいい
この手で2度と抱けないんだよ
愛する君を

会いたいよ 会いたいよ
心が壊れてしまったよ
会いたいよ 君の全てが
忘れられない 一瞬だけでも
会いたい

君以外をもう愛せない
思い出の中で愛してる
永遠に 君を

会いたいよ 会いたいよ
涙が溢れて止まらない
会いたいよ 叫んでみても
声にならない もう一度だけ
会いたい

会いたいよという曲名の意味

「会いたいよ」という曲は、先ほどドラマの紹介でも書いた通り、最愛の妻・手塚菜奈が殺された後に、手塚翔太が歌っている曲です。

つまり、「会いたいよ」という曲名には、純粋に最愛の妻・手塚菜奈に会いたいという手塚翔太の想いが込められているのだと思います。

最愛の人を失ってしまった主人公はどんな歌を紡いでいくのか。歌詞の意味を徹底考察していきましょう。

会いたいよの歌詞の意味を徹底解釈

1番

君がいない世界は
光を失ってしまった
僕には何ももう見えないよ
暗闇が広がるだけ

手塚翔太 -会いたいよ

解釈

菜奈がいない世界は希望も何もなくなってしまった。
僕にはもう前に進むことができないよ。
ただ未来が見えないんだ。


交換殺人ゲームで最愛の妻を亡くした主人公「手塚翔太」。唯一の心の支えを失った翔太の悲痛な叫びが歌われていますね。

一番大切なものを失う...とても辛いことだと思います。特に亡くなった現実を受け入れられていないうちは「光を失ってしまった 」という歌詞のように、もう生きている意味なんてないんじゃないかと思えてしまいそうですよね。

 

でも瞼を閉じてみれば
今も浮かぶ 2人の日々
この手をそっと
伸ばしたくなる
微笑む君に

手塚翔太 -会いたいよ

解釈

目をつぶれば今も君との思い出が思い出せるよ。
思い出の君に触れたくなる。愛おしく微笑む君に。


翔太にとって菜奈を感じる唯一の方法は、もう妄想するということしか残されていないのだと思います。

だから、少しでも菜奈を感じるために、目を瞑った時に無意識のうちに菜奈を見ているのかもしれませんね。

それも仕方ないことでしょう。

亡くなったばかりで菜奈が亡くなった現実を受け入れられていないのですから。

 

会いたいよ 会いたいよ
涙が溢れて止まらない
会いたいよ 叫んでみても
声にならない もう一度だけ
会いたい

手塚翔太 -会いたいよ

解釈

会いたい。菜奈に会いたい。
君がいない現実が辛すぎて涙が止まらない。
会いたいと願っても会えないってもうわかっている。
それでも菜奈に会いたいんだ。


菜奈に会いたいという思いがひしひしと伝わってくる歌詞ですね。

翔太は菜奈がいない現実が受け入れられないのだと思います。

主人公は菜奈に31回も告白して付き合ってもらったそうです。31回も告白するほど好きな相手がいなくなってしまったら...

涙が溢れてしまうのも無理のないのかもしれませんね。

2番

これから僕は1人、
誰のために生きればいい
この手で2度と抱けないんだよ
愛する君を

手塚翔太 -会いたいよ

解釈

これからは僕一人でどう生きたらいいんだ。
誰のために生きたらいいんだ。
愛する菜奈にはもう会えないんだ。


愛する菜奈を失った翔太。いくら悲しくても、いくら辛くても前に進まなくてはいけません。

もう少し菜奈を思っていたいけれど、もう前に進まなくてはならない。

その葛藤をここでは歌っているのだと思います。

 

会いたいよ 会いたいよ
心が壊れてしまったよ
会いたいよ 君の全てが
忘れられない 一瞬だけでも
会いたい

手塚翔太 -会いたいよ

解釈

会いたい。菜奈に会いたい
会いたいと思うほどに心が壊れていってるんだ。
菜奈の全てが忘れられない。
一瞬でも菜奈にあいたい。


会いたいと思うほど「心が壊れていく」。

なぜ心が壊れていってしまうのでしょうか。

おそらくですが、「会いたい」「会いたい」と強く願うたびに会えない現実を突きつけられてしまうからなんだと思います。

会いたいのに会えない。想像だけでも切ないですね。

 

君以外をもう愛せない
思い出の中で愛してる
永遠に 君を

手塚翔太 -会いたいよ

解釈

君以外の人を愛せることなんてできない。
君を思い出の中で愛してるんだ。
永遠に菜奈だけを。


31回も告白するほど愛した人が亡くなったからって、そうそう忘れられるものではないと思います。

ましてや、他の人を愛して忘れようなんて翔太にはできないでしょう。

だから、翔太は思い出の中で菜奈を愛することでしか自身の心を保つことができないのです。

会いたいよ 会いたいよ
涙が溢れて止まらない
会いたいよ 叫んでみても
声にならない もう一度だけ
会いたい

手塚翔太 -会いたいよ

解釈

会いたい。菜奈に会いたい。
君がいない現実が辛すぎて涙が止まらない。
会いたいと願っても会えないってもうわかっている。
それでも菜奈に会いたいんだ。


一度開設したので割愛します。