music.branchwith
リピート
メニュー
Loopicon

【米津玄師/ピースサイン】の歌詞の意味を徹底解釈 | ヒロアカの主題歌にも起用された一曲を考察する

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次
歌詞
米津玄師のピースサインのジャケット

曲名:ピースサイン

アーティスト:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

いつか僕らの上をスレスレに
通り過ぎていったあの飛行機を
不思議なくらいに憶えてる
意味もないのに なぜか

不甲斐なくて泣いた日の夜に
ただ強くなりたいと願ってた
そのために必要な勇気を
探し求めていた

残酷な運命が定まってるとして
それがいつの日か僕の前に現れるとして
ただ一瞬 この一瞬 息ができるなら
どうでもいいと思えた その心を

もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に
いつだって目を腫らした君が二度と
悲しまないように笑える
そんなヒーローになるための歌
さらば掲げろピースサイン
転がっていくストーリーを

守りたいだなんて言えるほど
君が弱くはないのわかってた
それ以上に僕は弱くてさ
君が大事だったんだ

「独りで生きていくんだ」なんてさ
口をついて叫んだあの日から
変わっていく僕を笑えばいい
独りが怖い僕を

蹴飛ばして噛み付いて息もできなくて
騒ぐ頭と腹の奥がぐしゃぐしゃになったって
衒いも外連も消えてしまうくらいに
今は触っていたいんだ 君の心に

僕たちは
きっといつか遠く離れた
太陽にすら手が届いて
夜明け前を手に入れて笑おう
そうやって青く燃える色に染まり
おぼろげな街の向こうへ
手をつないで走っていけるはずだ
君と未来を盗み描く
捻りのないストーリーを

カサブタだらけ荒くれた日々が
削り削られ擦り切れた今が
君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていく
蛹のままで眠る魂を
食べかけのまま捨てたあの夢を
もう一度取り戻せ

もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に
いつだって目を腫らした君が二度と
悲しまないように笑える
そんなヒーローになるための歌
さらば掲げろピースサイン
転がっていくストーリーを

君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを

ピースサインという曲名の意味

ピースは喜びの表現として使われるボディランゲージです。成功した時、勝利した時、嬉しい時、楽しい時、ピースのある場所には必ず幸福があります。
これがサインとして使われる場合、表現者の意図を受け取る誰かが必要になります。幸せを共有するため、無事を伝えるため、ピースサインを送れば、声の届かない距離を隔てても思いを渡してくれます。
高く掲げられたピースサインからは、特に情熱や希望が感じられ、受け手にも勇気を与えてくれるのでしょう。

ピースサインの歌詞の意味を徹底解釈

1番

いつか僕らの上をスレスレに
通り過ぎていったあの飛行機を
不思議なくらいに憶えてる
意味もないのに なぜか

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

僕らの上をスレスレに通り過ぎていったあの飛行機を意味もないのに不思議なくらいに憶えている。


「飛行機」にロマンを感じる人は多いと思います。研究と試行錯誤を重ねてきた歴史上の科学者たちに想いを馳せたり、これから作り出されるであろう新しい機体を夢想したり、空を飛んで未開の地へたどり着く冒険に憧れたり、「飛行機」がくれる希望には果てがありません。

僕は、頭上をかすめて飛んでいった飛行機を「意味もない」記憶だと言っていますが、心の奥では経験から受けた影響を自覚しているはずです。本当に無意味な記憶なら「なぜか」「不思議なくらいに憶えている」はずなどないのですから。

 

不甲斐なくて泣いた日の夜に
ただ強くなりたいと願ってた
そのために必要な勇気を
探し求めていた

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

不甲斐なくて泣いた日の夜に強くなりたいと願っていた。
そのために必要な勇気を
探し求めていた。


「ただ強くなりたいと願う」ような「不甲斐な」さは、自分の弱さゆえに大切なものを守れなかった悔しさだと解釈できます。

強くなるために「必要な勇気」を「探し求めていた」とありますが、続く歌詞と合わせて考えると、この「勇気」は、かつて僕が抱いていた強い気持ちで、しかし涙を流す夜が繰り返されるうちに失われてしまったと解釈されます。僕はそれをもう一度取り戻すためにもがいていたのです。

 

残酷な運命が定まってるとして
それがいつの日にか僕の前に現れるとして
ただ一瞬 この一瞬 息ができるなら
どうでもいいと思えた その心を

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

これからの人生残酷な運命が定まっているとしても
今この一瞬を生きていられるのならどうでもいいと思えた。


残酷な未来を「どうでもいい」と思える程の情熱と、運命を受け入れる覚悟、それらを支えるのは今この「一瞬」に生きている実感です。この瞬間のために生まれてきたのだと思えるような経験、人生の意義とも生まれてきた意味とも呼ぶべきものを、僕は体感したことがあるようです。「その心」こそが、僕が取り戻そうとしていた「勇気」だと考えられます。

 

もう一度
「遠くへ行け遠くへ行け」と
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に
いつだって目を腫らした君が二度と
悲しまないように笑える
そんなヒーローになるための歌
さらば掲げろピースサイン
転がっていくストーリーを

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
どうしようもないほど熱烈に僕の中で誰かが歌っている。
泣いてしまった君が二度と悲しまず、いつだって笑えるようにしてあげられる
そんなヒーローになれたらいいな。
掲げろピースサイン。僕らの続いていくストーリー。


「遠くへ行け」と「歌う」声は、「僕の中の誰か」つまり僕の本心です。一度はしぼんでしまった「勇気」を取り戻し「もう一度」動き出すことを、僕は「どうしようもないほど熱烈に」望んでいます。

僕が「君」にとっての「ヒーロー」になることを望んでいることから、「君」は僕の生き甲斐であり「勇気」の源だと考えられます。

「さらば」は、弱さを噛み締めて泣いていた自分との決別だと捉えられます。

「転がっていくストーリー」は僕の人生が新たな展開を迎えたことを表しています。

2番

守りたいだなんて言えるほど
君が弱くはないのわかってた
それ以上に僕は弱くてさ
君が大事だったんだ

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

「守りたいんだ」なんて言えるほど君が弱くないのはわかっている。
守りたい君以上に僕は弱くて君が大事だったんだ。


僕は過去を振り返り、自分自身を見つめ直しています。

誰かを守るためには相手が自分より弱くなければいけません。自分より強い誰かを守りたいと言ってしまっては、ちぐはぐです。

自身の弱さを自覚していた僕だからこそ、「弱くはない」君に憧れたのかもしれません。

 

「独りで生きていくんだ」なんてさ
口をついて叫んだあの日から
変わっていく僕を笑えばいい
独りが怖い僕を

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

「独りで生きていくんだ」と
口から叫んだあの日から僕は変わってしまった。
独りが怖い僕を笑えばいい。


他人と共に過ごすと面倒ごとや争いが必ず起こります。いっそ孤独な方が幸せだと思ってしまう気持ちは、誰にでも共感できるものではないでしょうか。

しかし、本当に独りきりで生きていける程人間は強くありません。「独り」を選んだ時、僕は誰とも関わらず生きていく自信と覚悟を持っていたのかもしれませんが、結局は「独りが怖い」ことに気付きました。

強がっていた自分と、不甲斐なさや恐怖を経験した自分。再び「ヒーロー」を目指し始めた僕は、自己像の変化を「笑えばいい」と一蹴しています。格好悪い部分も含めて自分を受け入れたことがわかります。

 

蹴飛ばして噛み付いて息もできなくて
騒ぐ頭と腹の奥がぐしゃぐしゃになったって
衒いも外連も消えてしまうくらいに
今は触っていたいんだ 君の心に

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

暴れまわって息もできなくなって
頭の中でも腹の奥でも思いがぐしゃぐしゃになっているけど
衒いも外連も消えてしまうくらいに
君の心に触っていたい、今はそれだけでいっぱいだ。


「蹴飛ばして噛み付いて」の部分からは、八つ当たりじみた大暴れがイメージされます。「息もできなく」なるくらいですから、苦痛を発散させたくて相当に足掻いたのでしょう。

また、先の歌詞では息をすることが生きることと結びついていました。それを踏まえると、僕の抱えていた苦悩は人生を終わらせたくなるくらいの壮絶なものだったことが伺えます。

「頭」と「腹の奥」はそれぞれ想念と感情の在処だと捉えられます。そこが「ぐしゃぐしゃに」なる程、様々な思いが混在していたことがわかります。

八つ当たりも混乱も誇らしい状況ではありません。普通なら、大切な人の前でそんな無様な姿は見せまいとして「衒い」や「外連」を使おうとしますが、僕の「君」に対する想いは羞恥を凌駕していて、僕を素直にさせています。

 

僕たちは
きっといつか遠く離れた
太陽にすら手が届いて
夜明け前を手に入れて笑おう
そうやって青く燃える色に染まり
おぼろげな街の向こうへ
手をつないで走っていけるはずだ
君と未来を盗み描く
捻りのないストーリーを

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

僕たちは
きっといつか遠く離れた
太陽にすら手が届くようになるだろう。
そしたら夜明け前を手に入れて笑おう。
そして青く輝き出した空の下
おぼろげな街の向こうへ
手をつないで走っていけるはずだ。
君との未来を
捻りのないストーリーを思い描く。


「太陽」は「夜明け」には不可欠な、希望の象徴です。

同時に、僕が泣いていた時間帯が「夜」だったことから、「夜明け」は僕の念願が叶うことを意味していると解釈できます。

したがって「夜明け前」を「手に入れ」ることは、僕が運命で決められていたより一足早く幸福をつかみ取ることと考えられます。「夜明け前」であって「夜明け」ではないので、おそらく傍目には成功とは呼べない不格好な幸福だと思われますが、僕にとっては「君」と一緒にいられることの方が大事なのかもしれません。

また、「太陽」を奪って夜が明けないようにしてしまおうと悪戯を画策しているようにも聞こえます。子供っぽい無邪気さと陽気さが感じられ、かつての陰鬱だった気持ちはもう消えていることがわかります。

朝日に照らされ、ぼんやりと輪郭を浮かび上がらせる街並みを二人が「手をつないで走ってい」くとは、まさに「捻りのない」ハッピーエンドです。やはり僕は「君」と未来を過ごせるのなら、シナリオなど平凡でも構わないのでしょう。

 

カサブタだらけ荒くれた日々が
削り削られ擦り切れた今が
君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていく
蛹のままで眠る魂を
食べかけのまま捨てたあの夢を
もう一度取り戻せ

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

カサブタだらけになるほど荒くれた日々が
傷付いて擦り切れた現在が
君の言葉で鮮やかに浮かび上がる。
途中で眠らせてしまった魂を
挑みかけて諦めたあの夢を
もう一度取り戻せ。


「君の言葉」は僕の心の奥底まで届きます。大荒れだった過去を鮮明に思い出させ、傷だらけになった現在に目を向けさせ、僕は自分の核をはっきりと認めます。

 

もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に
いつだって目を腫らした君が二度と
悲しまないように笑える
そんなヒーローになるための歌
さらば掲げろピースサイン
転がっていくストーリーを

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う。
どうしようもないほど熱烈に。
目を腫らした君が二度と
悲しまず、いつだって笑えるように
そんなヒーローになるための歌。
さらば、掲げろピースサイン。
転がっていくストーリー。


一度解釈したので割愛します。

 

君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを

米津玄師 -ピースサイン

ひいらぎの解釈

君との未来を、捻りのないストーリーを思い描く。


一度解釈したので割愛します。

 


 


La fin...


 


 

最後までお読みいただきありがとうございました

米津玄師の関連解釈記事は46記事あります。music.branchwithの関連記事を読んでみませんか?

記事を見てみる >