music.branchwith
リピート
メニュー
Loopicon

【ユリイ・カノン/だれかの心臓になれたなら】の歌詞の意味を徹底解釈

ひいらぎ最終更新:
目次

歌詞

ユリイ・カノンのだれかの心臓になれたならのジャケット

曲名:だれかの心臓になれたなら

アーティスト:ユリイ・カノン

作詞:ユリイ・カノン

作曲:ユリイ・カノン

「こんな世界」と嘆くだれかの
生きる理由になれるでしょうか

これは僕が いま君に贈る
最初で最期の愛の言葉だ

街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ
欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る

シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる

生まれた意味だって知らぬまま
形骸化した夢は錆びついてしまった

「愛をください」
きっとだれもがそう願った

「愛をください」
そっと震えた手を取って

「愛をください」
心を抉る 醜いくらいに美しい愛を

「こんな世界」と嘆くだれかの
生きる理由になれるでしょうか

いつか終わると気付いた日から
死へと秒を読む心臓だ

ねえ このまま雨に溺れて
藍に融けたって構わないから

どうか、どうか、またあの日のように
傘を差し出し笑ってみせてよ

もしも夢が覚めなければ姿を変えずにいられた?

解けた指から消える温度
血を廻らせるのはだれの思い出?

雨に濡れた廃線
煤けた病棟 並んだ送電塔
夕暮れのバス停 止まったままの観覧車
机に咲く花 君の声も
何もかも最初から無かったみたい

死にたい僕は今日も息をして
生きたい君は明日を見失って

なのに どうして悲しいのだろう
いずれ死するのが人間だ

永遠なんてないけど
思い通りの日々じゃないけど
脆く弱い糸に繋がれた
次の夜明けがまた訪れる

どんな世界も君がいるなら
生きていたいって思えたんだよ

僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ

いつしか君がくれたように

僕も

だれかの心臓になれたなら

だれかの心臓になれたならという曲名の意味

「だれかの心臓になれたなら」という曲名にはどんな意味がこめられているのでしょうか。
曲名の意味としてはそのままの意味だと思います。
では、どうしてこの様な願いを持つのでしょうか?
それは歌詞を解釈していくとわかります。
早速歌詞を解釈していきましょう。

だれかの心臓になれたならの歌詞の意味を徹底解釈

1番

「こんな世界」と嘆くだれかの
生きる理由になれるでしょうか

これは僕が いま君に贈る
最初で最期の愛の言葉だ


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

僕は世界を「こんな世界」と嘆く誰かの
生きる理由になれるのでしょうか?

これは僕が いま君に贈る
最初で最期の愛の言葉です


この曲には2人の登場人物が出てきます。

僕と君

この世界、理不尽なことばかりです。

誰もが「こんなどうしようもない世界」と思っていることでしょう。

僕は、そんなふうに「こんな世界」と嘆いている誰かの生きる理由になりたいと歌います。

この曲は「こんな世界」と嘆いている君に向けて初めて愛を込めて歌う、最期の歌なのです。

 

街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ
欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る

シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる

生まれた意味だって知らぬまま
形骸化した夢は錆びついてしまった


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

街も人も歪み出して この世界は化け物だと気づいてしまったんだ
欲望のままに動いて巣食った愚かさだって 全て目に写ってしまう

演技の様に手のひらのうえで誰もが踊らされてしまっていて

生まれてきた意味だって知らないままで
形骸化した夢は錆びついてしまったんだ


君はどうして「こんな世界」だと思ってしまったのでしょうか?

僕は、君が、この世界は欲望渦巻く化け物だと気づいてしまったと言います。

たしかにこの現実世界は汚いことも多くて、化け物のような世界なのでしょう。

欲望のままに動いて、愚かさがはびこっている世界。

そんな世界の姿が嫌でも目に写ってしまう。

シアトリカル=演劇の様に手のひらの上で転がされている人々ばかり。

そんな世界じゃ、自分が生まれてきた意味だって知る由もありません。

だって、自分は欲望のままに転がされて、周りも見えていないのですから。

いつの間にか夢は形骸化してしまい、錆びついてキラキラしていたころなんて見る影もなくなってしまったのです。

だから、僕は、君が「こんな世界」だと世界を諦めてしまったのだと歌うのです。

 

「愛をください」
きっとだれもがそう願った

「愛をください」
そっと震えた手を取って

「愛をください」
心を抉る 醜いくらいに美しい愛を


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

「愛をください」
きっと誰もがそう願っていて
そんな願いで震える手を取って
心を抉るかのような醜いくらいに美しい愛を
僕は与えたいんだ


「こんな世界」だからこそ人々を愛を求めます。

どんな愛を?

それは今この世界での価値観をぶっ壊す様な強烈な愛。

「心を抉って、醜いくらいに美しい愛」なのです。

僕はそれを与えられる存在になりたいと願っています。

 

「こんな世界」と嘆くだれかの
生きる理由になれるでしょうか

いつか終わると気付いた日から
死へと秒を読む心臓だ


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

「こんな世界」と嘆くだれかの
生きる理由になれるのでしょうか?

「こんな世界」はいつか終わると気づいてしまった日から
死へと秒読みしてしまう心臓を与えられるだろうか


僕は生きる理由になりたいと願います。

生きる理由=心臓は「こんな世界」と気づいてしまった後には、いつか止まる未来へと秒読みをはじめます。

それもそのはずです。

こんな欲望渦巻く世界、「こんな世界」では輝かしい未来なんて見えないからです。

それでも僕は、僕が生きる理由になりたいと望みます。

 

ねえ このまま雨に溺れて
藍に融けたって構わないから

どうか どうか またあの日のように
傘を差し出し笑ってみせてよ


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

このまま雨に溺れてしまって
藍色に溶けてしまったって構わないから

どうかあの日の優しい君でいて
傘を差し出して笑って欲しいんだ


僕は誰かの心臓になりたいと願っています。

それはどうしてか。

「こんな世界」と嘆いている君も、昔は「こんな世界」に絶望することなく優しい君であったことがあったのです。

でも「こんな世界」で希望を無くし、優しさを失ってしまった。

僕は希望を失ってしまった君の心臓=生きる理由になって、また笑いかけて欲しいと願うのです。

雨=苦難に濡れてしまって、それに負けそうになってしまっても構わないから。

あの日のような優しい君でいて、苦難にも負けず立ち向かって笑って欲しい。

僕はそんな願いから誰かの心臓=生きる理由になりたいのです。

2番

もしも夢が覚めなければ姿を変えずにいられた?

解けた指から消える温度
血を廻らせるのはだれの思い出?


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

もしも「こんな世界」に気づかずに、夢が覚めなければそのままの君だったんだろうか

手を離してしまって先から温度は消えていって
血を巡らせているのは誰の思い出なんだろう


いつか笑いかけてくれた君は夢から覚めてしまって「こんな世界」に絶望してしまいます。

取ってくれた手を離したその先から君の温度は消えていってしまって、

今思い出せるこの思い出が誰のかわからなくなりそう。

君との大切な思い出すら、「こんな世界」に絶望してしまい、変わってしまった君の前では思い出せないものとなっているのです。

 

雨に濡れた廃線
煤けた病棟 並んだ送電塔
夕暮れのバス停 止まったままの観覧車
机に咲く花 君の声も
何もかも最初から無かったみたい

ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

雨に濡れた廃線も
煤けた病棟も 並んだ送電塔も
夕暮れのバス停も 止まったままの観覧車も
机に咲く花も 君の声も
何もかも最初から無かったみたい


「こんな世界」に絶望する前の君との思い出が巡ります。

でも君がいなくなってしまって、最初からなかったんじゃないかと僕は思い始めるのです。

 

死にたい僕は今日も息をして
生きたい君は明日を見失って

ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

死にたいと思っている僕は今日も息をして生きている
生きたいと思っている君は明日を見失っている


僕は「こんな世界」に絶望してしまって、すぐにでも死にたいと思っています。

一方で、君は生きたいと願いながらも「こんな世界」に気づいてしまい、明日を見失っています。

こんな理不尽なことなんてないじゃないかと僕は嘆いています。

こんな理不尽だからこそ、僕は誰かの心臓になりたいと願っているのです。

 

なのに どうして悲しいのだろう
いずれ死するのが人間だ

永遠なんてないけど
思い通りの日々じゃないけど
脆く弱い糸に繋がれた
次の夜明けがまた訪れる


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

死にたいと願っている君を見てどうして悲しいのだろう
いずれ死んじゃうのが人間なのに

永遠なんてないけれど
思い通りの日々じゃないけれど
簡単にちぎれそうな糸で繋がっている
次の夜明けがまたやってくる


僕は生きたいと思っている君が明日を見失ってしまっているのをみて憤っていました。

しかし、ここで僕は疑問に思います。

人間はいずれ死んじゃうんだから、そんなことに憤るのはおかしいと。

そう思いながらも君に生きて欲しいと願っているのです。

永遠なんてないかもしれない、思い通りに行かない日々ばかりかもしれない

それでもなんとか繋がって、明日はやってくるのです。

 

どんな世界も君がいるなら
生きていたいって思えたんだよ

僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

どんな理不尽な世界であろうとも、
生きていたいと思えたんだ

僕が生きる「こんな世界」で絶えず動き続けているのが君なんだ


僕は理不尽な世界の中で君に出会えて、生きていたいと願う様になりました。

そして君自身が「こんな世界」で生きる理由=心臓になったのです。

 
[ad]

いつしか君がくれたように

僕も、

だれかの心臓になれたなら


ユリイ・カノン -だれかの心臓になれたなら

ひいらぎの解釈

いつか君が心臓になってくれた様に

「こんな世界」に絶望した僕も

だれかの心臓になれたなら


僕は、君がいたから「こんな世界」でも生きてこれた=心臓になってくれたと歌います。

この経験から、僕は、君みたいに「こんな世界」に絶望しただれかの心臓になりたいと願っていたのです。