music.branchwith
リピート
メニュー
back number だいじなことサムネイル

【backnumber/だいじなこと】の歌詞の意味を徹底解釈

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次
歌詞
back numberのだいじなことのジャケット

曲名:だいじなこと

アーティスト:back number

作詞:清水依与吏

作曲:清水依与吏

君が今までしてきた事を
たまにどうしても聞きたくなる
聞けば聞いたでいじけるのなら
なぜ聞きたくなってしまうんだろう

うれしい事も楽しい事も
明日へ持っては行けないのなら
さびしい事も悲しい事も
昨日に置いてこられたらいいのになぁ

今僕の中で大切なものと
今の君にとってかけがえのないものが
同じじゃなくたって
それでいいと思うんだ
くだらないケンカを繰り返して
今君と僕は違うってゆう事と
でもやっぱり君といたいってゆう事を
でもやっぱり君が好きだなってゆう事を
思い出しながら
手を握ればほら

間違えたから終わったわけじゃなく
間違いを許し合えなかったから
終わってしまったと気付いたんだ
今になって
相手も変わって
気付けたんだ

今僕の中に息づく優しさは
きっと誰かを傷付けて
手に入れたものなんだろう
ならどんな顔して
君に渡せばいいのか
わからないけれど
君が笑うから

今僕の中で大切なものと
今の君にとってかけがえのないものが
同じじゃなくたって
それでいいと思うんだ
くだらないケンカを繰り返して
今君と僕は違うってゆう事と
でもやっぱり君といたいってゆう事を
でもやっぱり君が好きだなってゆう事を
思い出しながら
思い知りながら

だいじなことという曲名の意味を考察

Loopicon

あなたにとってだいじなこととはどんなことですか。
だいじなことは、自分の気持ちに嘘をつかずに伝えたいですよね。
この「だいじなこと」という曲は「花束」という曲と深いつながりがあり、「花束」でつたえきれなかった大事な気持ち、「だいじなこと」を嘘偽りなくかいています。
正面から向き合ってだいじなことをしっかりと伝えたいという気持ちがこめられています。

だいじなことの歌詞の意味を徹底解釈

1番

君が今までしてきた事を
たまにどうしても聞きたくなる
聞けば聞いたでいじけるのなら
なぜ聞きたくなってしまうんだろう

back number -だいじなこと

ひいらぎの解釈

君が今までしてきた様々な経験を
たまに僕はどうしても聞きたくなってしまう
聞けば聞いたでいじけることがわかっているのに
どうして聞きたくなってしまうんだろう


付き合うと、もっともっと相手のことを知りたくなってしまい、過去のことも聞きたくなりますよね。

でも、聞いてしまえば嫉妬してしまうことがわかっているので、もやもやしてしまうのです。だれもが経験したことのあるシンプルな気持ちをそのまま言葉にしています。

 


うれしい事も楽しい事も
明日へ持っては行けないのなら
さびしい事も悲しい事も
昨日に置いてこられたらいいのになぁ

back number -だいじなこと

ひいらぎの解釈

嬉しいことや楽しいことは
明日へ持って行けないんだから
寂しいことや悲しいことは
昨日に置いてこられたらいいのになあ


ここでは、彼が彼女との嬉しかったことや楽しい思い出はすぐに過ぎ去ってしまうのに、寂しいことや悲しいことはずっと引きずって残ってしまうことをいじらしく思っています。

彼女と向かい合って素直な気持ちを話しているシーンが思い浮かびます。

 

今僕の中で大切なものと
今の君にとってかけがえのないものが
同じじゃなくたって
それでいいと思うんだ
くだらないケンカを繰り返して
今君と僕は違うってゆう事と
でもやっぱり君といたいってゆう事を
でもやっぱり君が好きだなってゆう事を
思い出しながら
手を握ればほら

back number -だいじなこと

ひいらぎの解釈

今僕の中にあるだいじなものと
今君にとってかけがえないと思える物が
同じじゃないとしても
それでいいと思うんだ
付き合っていく中でくだらないけんかを繰り返して
今君と僕は違うって言うことと
それでもやっぱり君といたいっていうことを
それでもやっぱり君が好きだっていうことを
思い出しながら
手を握ればほら


恋人同士でも価値観がぴったりと合うということは、なかなか難しいですよね。

僕の大切なものと、彼女のかけがえのないものが、ぴったり同じではなくても、一緒にいたいという気持ちやこんなにも好きだという気持ちは変わらないということを、思い出しながら彼女の手を握り、語りかけているのでしょう。

2番


間違えたから終わったわけじゃなく
間違いを許し合えなかったから
終わってしまったと気付いたんだ
今になって
相手も変わって
気付けたんだ

back number -だいじなこと

ひいらぎの解釈

間違えたせいで終わってしまったのではなく、
間違いを許し合うことができなかったから
終わってしまったんだと今になって気付いたんだ
今、相手も変わって
やっと気付けたんだ


けんかをしても、それで別れてしまうのではなくて、どんなにけんかをしても間違いを許し合うことが必要ということに気付いた今、それでもやっぱり好きだから一緒にいたいと心から思える彼女に出会えたと新しい気づきについて話しています。

 

今僕の中に息づく優しさは
きっと誰かを傷付けて
手に入れたものなんだろう
ならどんな顔して
君に渡せばいいのか
わからないけれど
君が笑うから

back number -だいじなこと

ひいらぎの解釈

今僕の中にある優しさは
きっと今までに誰かを傷付けて
手に入れた物なのだろう
そうであればどんな顔をして
君にこの優しさをわたせばいいのか
わからないけれど
君が笑うからこれでいいと思うんだ


誰かを傷付けてきたことで得た優しさや、これまで出会った人達とのつながりの中で変化してきた心を素直に話しています。

今までの恋愛のように悲しい終わり方をしたくない、その時のつらく苦しい気持ちを嫌というほど覚えているからこそ、そうならない為に彼女とまっすぐに向き合って語りかけている彼の姿が想像できます。

 
[ad]

今僕の中で大切なものと
今の君にとってかけがえのないものが
同じじゃなくたって
それでいいと思うんだ
くだらないケンカを繰り返して
今君と僕は違うってゆう事と
でもやっぱり君といたいってゆう事を
でもやっぱり君が好きだなってゆう事を
思い出しながら
思い知りながら

back number -だいじなこと

ひいらぎの解釈

今僕の中にあるだいじなものと
今君にとってかけがえないと思える物が
同じじゃないとしても
それでいいと思うんだ
付き合っていく中でくだらないけんかを繰り返して
今君と僕は違うって言うことと
それでもやっぱり君といたいっていうことを
それでもやっぱり君が好きだっていうことを
思い出しながら
思い知りながら


一番では「手を握ればほら」という歌詞だったところが「思い知りながら」という歌詞に変わっています。

手を握りながら語りかけていたシーンから、最後には過去のことからの学びも踏まえて二人で生きていこうというさらに強い思いが書かれています。

最後までお読みいただきありがとうございました

back numberの関連解釈記事は13記事あります。music.branchwithの関連記事を読んでみませんか?

記事を見てみる >