music.branchwith
リピート
メニュー
ポルカドットスティングレイ トゲめくスピカサムネイル

NHK「みんなのうた」で話題の曲を考察【ポルカドットスティングレイ/トゲめくスピカ】の歌詞の意味を徹底解釈

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次
歌詞
ポルカドットスティングレイのトゲめくスピカのジャケット

曲名:トゲめくスピカ

アーティスト:ポルカドットスティングレイ

作詞:雫

作曲:雫

ゆらゆら揺れている君を見ては
痛いの痛いの飛んでけ、ってさ
唱えてしまった

最近さ
君とあんまり目が合わなくてさ
いてもたっても居られないんだ
いつものように心の中で
悔やんでは笑う
昨日はさ、僕の考えすぎかなって
思うことにしたんだ
いつものように心の中で
誤魔化して泣く

でもやっぱり今
君の顔を見てるとさ

ねえ、どうかしたんでしょう?
涙ばかり出ちゃうけど
想像の君の鼓動にばかり
耳をすませている
その背中の棘が苦しくて
痛いの痛いの飛んでけ、ってさ
唱えてしまったんだ

最近さ
君の返事が曖昧でさ
連絡も僕ばかり
だけど優しい僕で居なきゃ
僕のことをどう思ってるの?
君の中の僕の姿が
薄れていくのが見えた
僕はどんな小さなことも
覚えているのに

例えばその、君の聴いている曲とかさ

明日には笑ってよ
何もなかったようにさ
お願いだから僕の知らない
顔をしないでよ
ゆらゆら揺れている君を見ている
この背中に棘をさ
見つけてしまった

ねえ、どうかしたんでしょう?
涙ばかり出ちゃうけど
想像の君の鼓動ばかり
気にしている

ねえ、傍に居させてよ
君の棘が刺さっても
もう一度君のその笑顔を
僕は夢見ている
ゆらゆら揺れている君じゃなくて
もう一度だけ目を見てくれないか
この背中の棘が苦しくて
遠ざけて初めて気付いた
お願いよ

トゲめくスピカってどんな曲?

うなぎ昇りの人気を誇るロックバンド・ポルカドットスティングレイによるアップテンポなナンバー、「トゲめくスピカ」。

NHK「みんなのうた」の一曲としてとして放送され、その圧倒的に美麗な映像と共に話題になった一曲です。

独特でポルカらしさ溢れる歌詞と心地よいメロディーは聴きごたえ抜群。
友情とも恋愛ともとれる絶妙な関係性と揺れ動くココロが歌われています。

トゲめくスピカという曲名の意味を考察

Loopicon

「トゲめくスピカ」は「ヒトとヒトとの絶妙でもどかしい距離感」を表したタイトルです。

「トゲめく」とは辞書にない造語。

「棘(トゲ)」を用いることで、「傷付くのが怖くて近づけない」「傷つけることが怖くて近づけない」、そんな人間関係のもどかしさを表しています。

またスピカとは夜空に輝く一等星の名前です。

実はこの星がタイトルに用いられているのは、ただ美しい星だからではありません。

というのも、スピカは複数の星が連なる「連星」なのです。
星と星がお互いを重力で引き合いながら輝くので「ふたご星」ともいわれています。

そんなスピカが「ヒトとヒトとの距離」を表すことで、「トゲめくスピカ」は「ヒトとヒトとの絶妙でもどかしい距離感」を意味するタイトルになっているのです。

曲中では、なかなかうまくいかない人間関係や人間味溢れるリアルな心情が繊細に描かれています。

トゲめくスピカの歌詞の意味を徹底解釈

1番

ゆらゆら揺れている君を見ては
痛いの痛いの飛んでけ、ってさ
唱えてしまった
ポルカドットスティングレイ -トゲめくスピカ
解釈

なんだか不安そうにしている君を見て、
君の痛みがなくなりますようにと願ったんだ。

「ゆらゆら揺れている」というフレーズは、ただ身体が揺れているのを表現しているだけではありません。

「動揺」ということばにもその語が隠れているように、不安で揺れ動く心情が推察できるのです。

ここから主人公の大切な「君」の苦しむ姿やそれを癒したいと願う主人公の姿が想像できます。


最近さ
君とあんまり目が合わなくてさ
いてもたっても居られないんだ
いつものように心の中で
悔やんでは笑う
昨日はさ、僕の考えすぎかなって
思うことにしたんだ
いつものように心の中で
誤魔化して泣く
ポルカドットスティングレイ -トゲめくスピカ
解釈

今までのように君が僕を気にかけてくれることが少なくなった。
なんだかそれがとても焦ったい。
でもそんな不安は心の中に隠して、顔だけは笑ってみせる。
僕が心配しすぎなのかもしれない。
そう思い込むことで自分を誤魔化して、心の中に悲しみを隠す。

主人公は「君」と距離を感じ、それが苦しく悲しいようです。

それでもそんなネガティブな感情は顔に出さずに我慢してしまいます。


でもやっぱり今
君の顔を見てるとさ

ねえ、どうかしたんでしょう?
涙ばかり出ちゃうけど
想像の君の鼓動にばかり
耳をすませている
その背中の棘が苦しくて
痛いの痛いの飛んでけ、ってさ
唱えてしまったんだ
ポルカドットスティングレイ -トゲめくスピカ
解釈

それでもずっと君を見ていればわかってしまう。

何か辛いことがあっったんでしょう?
君が悲しい目に遭っていることを想像するだけで泣きたくなる。
君の背中に刺さったトゲが痛々しくって、その傷が癒えますようにと願ったんだ。

大切な相手の痛みや苦しみを見過ごすことなんて出来ない。

主人公は「君」の傷と向き合います。

相手に刺さった大きな「トゲ」。

その理由を聞いて棘を抜き出してあげたいけれど、なかなか出来ない。

「痛いの痛いの飛んでけ」

そんなおまじないに頼ることしか出来ない。

相手に近づいて自分で救う勇気は無かった。

だからこそ、「願ってしまった」とまるで後悔のように歌われているのです。


2番

最近さ
君の返事が曖昧でさ
連絡も僕ばかり
だけど優しい僕で居なきゃ
僕のことをどう思ってるの?
君の中の僕の姿が
薄れていくのが見えた
僕はどんな小さなことも
覚えているのに
ポルカドットスティングレイ -トゲめくスピカ
解釈

最近はまともに会話すらできない。
僕から近づこうとしても、君はそうしてくれない。
だけど怒ったりしてはいけないから、我慢している。
君の中での僕の存在感が小さくなっていくのがわかる。
僕にとっては、君はとても大きな存在なのに。

相手との距離はどんどん遠くなっていきます。

自分は相手のことを大切に想っているのに、相手はそうではない。

それどころか自分への気持ちはどんどん薄れてきているよう。

そんな遠まる距離への切なさや悲しさが歌われています。


例えばその、君の聴いている曲とかさ

明日には笑ってよ
何もなかったようにさ
お願いだから僕の知らない
顔をしないでよ
ゆらゆら揺れている君を見ている
この背中に棘をさ
見つけてしまった
ポルカドットスティングレイ -トゲめくスピカ
解釈

そんな悲しい歌を聴いてるなんて、なにかあったんでしょう?

何も悲しいことなんてなかったかのように、また笑ってほしい。
そんな辛そうな顔は見たくない。
苦しむ君を見ている僕自身にも「棘」が刺さっていることに気付いてしまった。

「君の聴いている曲」とはどんな曲でしょうか。

きっと悲哀に満ちた曲であったからこそ、主人公は心配しているのでしょう。

そして、そんな「君」を案じる主人公自身もついに気付いてしまいます。

自分自身にも「トゲ」が刺さっていたこと。

知らない間に主人公も傷ついていたのでしょう。

この曲の中のふたりはお互いが傷を抱えているのですね。


ねえ、どうかしたんでしょう?
涙ばかり出ちゃうけど
想像の君の鼓動ばかり
気にしている
ポルカドットスティングレイ -トゲめくスピカ
解釈

なにがあったの?
どんな辛いことがあったの?
想像するだけで涙が止まらない。
君を抱きしめて、本当の想いを聴き出したい。

「君の鼓動」とは、相手の心の中にある本当の気持ちを表しています。

また、鼓動が聞こえる程の距離に「近づきたい」。

ここで歌われているのは、主人公の相手を想う気持ちです。


ねえ、傍に居させてよ
君の棘が刺さっても
もう一度君のその笑顔を
僕は夢見ている
ゆらゆら揺れている君じゃなくて
もう一度だけ目を見てくれないか
この背中の棘が苦しくて
遠ざけて初めて気付いた
お願いよ
ポルカドットスティングレイ -トゲめくスピカ
解釈

君に近づきたい。
君のそばにいたい。
また君が心の底から笑えるように願っているよ。
君は今とても不安で孤独なんだろうけれど、また僕の存在に気付いてほしい。
僕がいるよ。
傷付くことと傷つけることが怖くて、近づけずにいたけれど、このままじゃ駄目だ。
どうか君の痛みを癒せますように。

最後に、主人公はひとつの決意をします。

それは「恐れずに相手に近づくこと」です。

自分にも相手にもハリネズミのようにトゲが刺さっている。

だからこそ、「相手のトゲで傷付くのが怖い」し「自分のトゲで傷つけるのが怖い」と臆病になっていたのです。

確かに距離を詰めるのはとても怖いことですよね。

しかし、主人公は恐れずに相手と向き合うことを決心します。

このようにして、ヒトとヒト同士が臆病になりながらも、もう一度向き合っていくストーリーになっているのです。


まとめ

相手と近づきたいけれど「傷付くことが怖い」「傷付けることが怖い」と臆病になってしまって近づけない。

そんなヒトとヒトとの絶妙でもどかしい距離感を歌った曲が「トゲめくスピカ」。

友情や恋愛において相手と距離を縮めて向き合うことの難しさがポルカらしくハイセンスに綴られています。

流れるような心地よいメロディーと圧巻の映像も見事にマッチしており「みんなのうた」の中でもオンリーワンに輝く一曲です。