music.branchwith
リピート
メニュー
Loopicon

【あいみょん/恋をしたから】の歌詞の意味を徹底解釈 | 曲名の意味は全部で◯個!切ない失恋ソングを考察

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次

歌詞

あいみょんの恋をしたからのジャケット

曲名:恋をしたから

アーティスト:あいみょん

作詞:あいみょん

作曲:あいみょん

忘れられないものなどなくて
譲りきれない思い出ばかりで
いい加減に諦めなさいなんて
簡単に言わないで

夕方の匂いが苦しくて
夕飯も喉を通らなくってね
絵に描いたようにほら私ほんと
簡単に泣いている

恋をしたから
空が綺麗と思えた
恋をしたから
明日が大好きだった
恋をしたから
貴方を知れた

当たり前なんてものはなくて
いつか失うこともあるわけで
その上で貴方を見つけたこと
運命に感じていたよ

さらに言えば私は貴方を
貴方が思う以上に大好きで
好きで 好きで 好きで
今 とても 辛いのです

恋をしたから
空が寂しく思えた
恋をしたから
明日が少し怖かった
恋をしたから
恋をしたから

覚めないでほしい夢も見たわ
1人歩く影に貴方を求めた
寂しさも苦しさも
恋しさも愛しさも
全て

恋をしたから
恋をしたから

忘れられないものなどなくて
譲りきれない思い出ばかりで
当たり前なんてものはなくて
いつか失うこともあるわけで

恋をしたからという曲名の意味

「恋をした」と一概いっても激しく恋をしたり、甘酸っぱい恋をしたりなど、いろんな恋の仕方や、ものに恋をしたり、きになるあの人に恋をしたり、いろんな対象があります。

あとあと、歌詞の意味を解釈すれば出てきますが、この曲では、恋をする対象は「貴方」です。
では、貴方に恋をしたからなんだというのでしょうか?その答えは、この曲中にたくさん散りばめられています。ぜひ主人公である「私」の気持ちになって想像してみてください。

では、そろそろ歌詞の意味を解釈していきましょう。

恋をしたからの歌詞の意味を徹底解釈

1番

忘れられないものなどなくて
譲りきれない思い出ばかりで
いい加減に諦めなさいなんて
簡単に言わないで

あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

どうしても忘れられないような苦い思い出なんてない。
ただただ、どうしても忘れたくない愛おしい思い出があるんだ。
いい加減諦めなさいなんて、お母さんのようなこと言わないで。


どうしても忘れたくない思い出があるようですね。

曲名が「恋をしたから」で、「思い出」と「諦めなさい」という歌詞が出てくることから、この曲は、恋人だった二人が破局しそうな状況で「どうしても忘れたくない」と、もがいている様子を描いているのかもしれませんね。

続きを見ていきましょう。

 

夕方の匂いが苦しくて
夕飯も喉を通らなくってね
絵に描いたようにほら私ほんと
簡単に泣いている

あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

あなたと別れなきゃいけない時間になると苦しくて
夕飯も喉を通らないんだよ。
どこかの少女漫画の主人公のように、私簡単に泣いちゃうんだ。


愛おしい彼に訴えている部分なのでしょうか?

「私はこんなに分かれるのが辛いんだよ?私はこんなにあなたを思っているんだよ。」と、必死に訴えている様子が目に浮かびますね。

 

恋をしたから
空が綺麗と思えた
恋をしたから
明日が大好きだった
恋をしたから
貴方を知れた

あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

あなたに恋をしたから毎日が楽しいと思えた。
あなたに恋をしたから明日が楽しみで楽しみで仕方がなかった。
あなたに恋をしたからあなたのいいところも悪いところも全部知れた。


先ほどの歌詞に続いてあなたに訴えているのでしょう。

「恋をしたから」と3回続けることであいみょんは、、「毎日が楽しい」「明日が楽しみて仕方がなかった」「あなたのいいところも悪いところも全部知れた」の全てが、あなたに恋をしたからなんだよ。と強くあなたに訴えている様子を表現したかったのでしょう。

2番


当たり前なんてものはなくて
いつか失うこともあるわけで
その上で貴方を見つけたこと
運命に感じていたよ

あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなくて
いつか一緒にいられなくなることもわかっている。
でも、それでも、あなたに出会えて一緒に過ごせたこと運命だと思っていたよ。


ここまでくればこの曲は破局間際に「私」が「あなた」に訴える歌と言えそうですね。

ここでは、「あなたと居られることが当たり前だとは思っていない。その上であなたと一緒に居られたことを運命だと思っていた」と、いうことで、当たり前なんて思っていないと認めた上で、あなたと一緒に居られたことがとっても嬉しかったという謙虚な想いをあなたに伝えていますね。

「いつか失うこともあるわけで」と歌っていることから「私」はいつか別れが来ることを覚悟して居たのでしょうか。

 

さらに言えば私は貴方を
貴方が思う以上に大好きで
好きで 好きで 好きで
今 とても 辛いのです

あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

もっともっと私の想いを言えば、
私はあなたのことがあなたが思っている以上に大好きで大好きで大好きで。。。
あなたと破局してもう会えなくなることがとてもとても辛いのです。


この部分では、あなたを引き止めたい一心であなたに訴えていた「私」が少し暴走してしまっている様子を描いています。

少しメンヘラが混じっているようなきがしますね。ただ、この気持ちがわかる方もいるのではないでしょうか。

そして、最後の部分で「とても辛いのです」という歌詞があります。ここから、主人公の心の中がマイナスの方向に向かっていきます。

 

恋をしたから
空が寂しく思えた
恋をしたから
明日が少し怖かった
恋をしたから
恋をしたから

あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

そうだ、
あなたに恋をしたからこんな辛い思いをするんだ。
あなたに恋をしたから明日が来るのが怖いんだ。
あなたに恋をしたからあなたに恋をしたから。。。


今まであなたにポジティブに訴えかけていた「私」ですが、ここでどんどんネガティブになっていきます。

マイナスのことを一つでも考えてしまうと、どんどんどんどんネガティブになっていくというメンヘラ特有の症状ですね。ここからどうなっていってしまうのでしょうか。続きを見ていきます。

 

覚めないでほしい夢も見たわ
1人歩く影に貴方を求めた
寂しさも苦しさも
恋しさも愛しさも
全て

あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

あなたに恋をしたから、覚めないでほしい愛おしい夢も見れたわ。
一人で歩いてきた人生だったけれど、そこにあなたを求めた。
寂しさも苦しさも恋しさも愛しさも全てあなたがいたから感じられたんだよ。


先ほどとは一転、あなたの大切さに気づいたと歌っていますね。

「1人歩く影」という部分。この部分は一人で歩いてきた人生の比喩表現だと思います。そしてその人生にあなたを求めたからこそ、一人寂しい人生に寂しさや苦しさや恋しさ、愛しさという感情を感じることができたのでしょうね。

恋をしたから
恋をしたから

忘れられないものなどなくて
譲りきれない思い出ばかりで
当たり前なんてものはなくて
いつか失うこともあるわけで


あいみょん -恋をしたから

ひいらぎの解釈

あなたに恋をしたから(私の人生が色づいた)。
あなたに恋をしたから。。。

どうしても忘れられないような苦い思い出なんてなくて、ただただ、どうしても忘れたくない愛おしい思い出があるんだ。
いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなかったんだ。


ラストの歌詞になります。

この曲のラストが、「当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで」という一節で終わることで、「私」と「あなた」は破局してしまったと想像できますね。

私たちが当たり前だと思っていることは、実は当たり前ではありません。例えば、学生の方だったら当たり前のように学校に通えていること。社会人のかただったら当たり前のようにいきていられること。他にもいっぱいありますが、その当たり前だと思っていることは当たり前であるうちに感謝し、愛することが大切なのかもしれませんね。

 


 


La fin...


 


 

最後までお読みいただきありがとうございました

あいみょんの関連解釈記事は20記事あります。music.branchwithの関連記事を読んでみませんか?

記事を見てみる >