music.branchwith
リピート
メニュー
Loopicon

【ずっと真夜中でいいのに。(ずとまよ)/正義】の歌詞の意味を徹底解釈 | 正義に込められた意味とは

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次

歌詞

ずっと真夜中でいいのに。の正義のジャケット

曲名:正義

アーティスト:ずっと真夜中でいいのに。

作詞:ACAね

作曲:ACAね

つま先だって わからないのさ
そっと芽を合わして仕舞えば
仕舞うほど花びら散って
ただ体育座りして 抗ってる君と並んで
手を振る今日は 僕と君に近づきたいから

赤い瞳が ぼやける音
耳障りな声で 君と歌うけれど
深い昼寝の温度に慣れてくの?
飛び跳ねた笑みだけ 間違いそうもなくて

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたんだ
近づいて遠のいて 笑いあってみたんだ
近づいて遠のいて 巡り合っていたんだ

そっと揺り起こしても 何も変わらぬ存在を
大切に しすぎてしまうから
きっと これから先 もっと綺麗な文字で
拾い集めるんだろうな

悪いこと してなくても
秘密を隠し通すことが 正義なら
青い風声鶴唳 押し込んで
いつでも帰っておいでって
口癖になってゆくんだ

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

なんども話そうと なんども瞑ろうとしても
途端に真っ白くなって
途端に伝えすぎちゃうね
今は単純に散々に願うのさ 傲慢でも精一杯の
「うんうん。」って君と僕で
喋ったね、夢の話で
くすぐったい笑みで今は全て

まだ 聞こえないで 終わらないで
抱きしめたいように
小さくなった声に 嘘がないように
ただ はシャイいだって 笑いあって さよなら差?
手遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足し手
生かされてた 浅い声の正義であるように

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたンダ
地下着いて 問い解いて 笑いあってみタンダ
チカヅイテ トーノイテ 巡り合っていたんだ

チカヅイテ トーノイテ サングリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイテ ワカリアッテミタンダ
チカヅイテ トーノイ十 ワライアッテミタンダ
チカヅイテ 十ー退イテ 巡り合ってみたんだ

正義という曲名の意味

「正義」とは、一般的に正しい道義。人が従うべき正しい道理のことを言います。

では、一体「正義」とはどういった意味で曲中で使われているのでしょうか。

曲中では何回か正義という言葉が使われていますが、ここでは1番のサビの部分を引用してみます。

冷めた皮膚だけ継ぎ足して

生かされてた 浅い声の正義であるように


浅い声の正義...ちょっとここの歌詞だけでは分かりそうにないですね。冷めた皮膚?意味がわかりません。

なので、今回は初めからしっかりとずっと真夜中でいいのに。の「正義」の歌詞の意味を考察していきましょう。

正義の歌詞の意味を徹底解釈

1番

つま先だって わからないのさ
そっと芽を合わして仕舞えば
仕舞うほど花びら散って
ただ体育座りして 抗ってる君と並んで
手を振る今日は 僕と君に近づきたいから

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

爪先立ってもわからない。
目を合わせて会えば会うほど別れに近づいていって。
ただ別れに抗うために自分の中に閉じこもっている君と並んで
手を振って別れるのはまだまだ君といたいから。


ここの歌詞はそのまま解釈しようとするとうまく解釈できません。

正しく解釈するためには「つま先だって」をつま先立ってに、「そっと芽を合わして」を「そっと目を合わせて」に変換することが重要です。

「爪先立ってもわからない」とは、少し背伸びして考えても目を合わせて会えば会うほど別れに近づいていってしまうことがわからないという意味。

「ただ体育座り」という部分は、駄々をこねてその場に座り込む子供のように、何としても別れたくない君(MVの女の子)を表現しています。

「手を振って別れるのはまだまだ君といたいから。」の部分。ここは、手を振って別れることによってまた会おうねと確認することができるという主人公(MVの男の子)の考えなのでしょう。

赤い瞳が ぼやける音
耳障りな声で 君と歌うけれど
深い昼寝の温度に慣れてくの?
飛び跳ねた笑みだけ 間違いそうもなくて

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

赤い瞳が潤うような声で君と歌うけれど
深い昼寝の温度に慣れてしまうのだろうか?
君が笑えば間違いを犯しそうにもなくて


赤い瞳とは君(MVの女の子)の瞳のことを言っているのでしょう。MVでも赤っぽい色で表現されていますし。

また、ぼやける音ですが、涙で目が潤うような音と解釈しました。

ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

ただ思い出してほしくて。
簡単な笑みで終わりたくなくて、今この瞬間抱きしめたい気持ちも終わりたくなくて。
ただはしゃいで、お互いを思いやって、別れてしまうのだろう。
言いづらい言葉を誓い合って
冷めた言葉だけつなぎ合わせて、なんとかしてできた浅い声の別れの言葉で。


いやー。解釈が難しい歌詞ですね。本当にここは解釈が分かれる部分かと思います。

私は、サビの最初〜「纏めきれぬほどに」までを「この関係を終わらせたくない」という気持ちを歌った歌詞だと解釈して、残りの部分を、どうせ「冷めた言葉だけつなぎ合わせて、なんとかしてできた浅い声の別れの言葉」で別れてしまうのだろうという半ば諦めのような気持ちを歌った歌詞だと解釈しました。

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたんだ
近づいて遠のいて 笑いあってみたんだ
近づいて遠のいて 巡り合っていたんだ

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

近づいて遠のいて 探り合ってみたんだ
近づいて遠のいて わかり合ってみたんだ
近づいて遠のいて 笑いあってみたんだ
近づいて遠のいて 巡り合っていたんだ


近づいて遠のいて恋愛をしてきたんだということを歌っているのでしょう。

2番

そっと揺り起こしても 何も変わらぬ存在を
大切に しすぎてしまうから
きっと これから先 もっと綺麗な文字で
拾い集めるんだろうな

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

そっと思い出しても今の感情を変えられもしない思い出を大切にしてしまいがちだから、
きっとこれから先ももっと美化された思い出を思い出し続けるんだろうな。


思い出とは昔を思い出せて生きてきた証を確認できるためとても大切なものです。

しかし、大切なものが故に大切にしすぎてしまうと、どんどん思い出が美化されて、現在との気持ちのギャップからだんだん「昔の方が良かった」と感じてしまいがちです。

私たちは思い出は思い出と割り切って、意識的に思い出と現実を切り離す必要があるのかもしれませんね。

悪いこと してなくても
秘密を隠し通すことが 正義なら
青い風声鶴唳 押し込んで
いつでも帰っておいでって
口癖になってゆくんだ

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

たとえ悪いことではなくても嘘をつくことが正義なら
不安を押し殺していつでも帰っておいでって嘘をつくようになってしまうんだ。


風声鶴唳とはおじけづいた人が、少々のことに驚くことのたとえ。のことです。そこから恋人との関係の不安と解釈しています。
ただ 思い出して 終わらないで
抱きしめたいように
容易い笑みじゃ 纏めきれぬほどに
ただ はしゃいだって 譲り合って さよならさ
出遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足して
生かされてた 浅い声の正義であるように

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

一度解釈したので割愛します


一度解釈したので割愛します
なんども話そうと なんども瞑ろうとしても
途端に真っ白くなって
途端に伝えすぎちゃうね
今は単純に散々に願うのさ 傲慢でも精一杯の
「うんうん。」って君と僕で
喋ったね、夢の話で
くすぐったい笑みで今は全て

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

なんどもわかり合おうと何度も目をそらしても
途端に先がわからなくなって、自分の考えを伝えすぎちゃうよね
でも今はたとえ他人を見下してでも精一杯の頷きで同意をするのさ。
無邪気な笑みで将来のことをしゃべったよね。


2番サビ冒頭〜「って君と僕で」までで一旦区切って解釈しています。

また、「途端に真っ白く」をわかり合おうとした理由を見失ってしまう。と解釈し、「途端に伝えすぎちゃう」を自分の考えを伝えすぎてしまうと解釈しています。

まだ 聞こえないで 終わらないで
抱きしめたいように
小さくなった声に 嘘がないように
ただ はシャイいだって 笑いあって さよなら差?
手遅れた言葉 誓って
冷めた皮膚だけ継ぎ足し手
生かされてた 浅い声の正義であるように

ずっと真夜中でいいのに。 -正義

解釈

まだ「さよなら」が聞こえないでまだ終わらないで。
抱きしめたい気持ちや小さくなった声に嘘がないように、ただはしゃいで笑いあっていてもいつかは「さよなら」なのかな?
言いづらい言葉を誓い合って、冷めた言葉だけつなぎ合わせて、なんとかしてできた浅い声の別れの言葉で。


この曲のサビは本当に解釈が難しいです。

ここでは、最初〜「終わらないで」と「抱きしめたいように」〜「さよなら差?」と残りの部分に分割して解釈しています。

1番からずっと同じですが、君(MVの女の子)と別れたくないという気持ちと、でも楽しい気持ちが続いていてもいつかは別れが来てしまうと嘆いている内容が歌われています。

最後までお読みいただきありがとうございました

ずっと真夜中でいいのに。の関連解釈記事は7記事あります。music.branchwithの関連記事を読んでみませんか?

記事を見てみる >