music.branchwith
リピート
メニュー
Loopicon

ウミユリは自殺ソングではない!? ヨルシカ(n-buna)「ウミユリ海底譚」の歌詞の意味を徹底解釈

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次

歌詞

ナブナのウミユリ海底譚のジャケット

曲名:ウミユリ海底譚

アーティスト:ナブナ

作詞:ナブナ

作曲:ナブナ

待って わかってよ 何でもないから僕の歌を笑わないで
空中散歩の SOS 僕は僕は僕は

今 灰に塗まみれてく 海の底 息を飲み干す夢を見た
ただ 揺らぎの中 空を眺める 僕の手を遮った

夢の跡が 君の嗚咽おえつが 吐き出せない泡沫うたかたの庭の隅を
光の泳ぐ空にさざめく 文字の奥 波の狭間で 君が遠のいただけ

「なんて」

もっと縋すがってよ 知ってしまうから 僕の歌を笑わないで
海中列車に遠のいた 涙なんて なんて
取り去ってしまってよ 行ってしまうなら 君はここに戻らないで
空中散歩と四拍子 僕は僕は僕は

ただ藍に呑まれてく 空の底 灰の中で夢を描いた
今心の奥 消える光が君の背を掻き消した

触れる跡が 夢の続きが 始まらない 僕はまだ忘れないのに
光に届く 波に揺らめく 夜の奥 僕の心に 君が手を振っただけ

「なんて」

そっと塞いでよもういらないから そんな嘘を歌わないで
信じてたって笑うような ハッピーエンドなんて
逆らってしまってよこんな世界なら 君はここで止まらないで
泣いて笑ってよ一等星 愛は愛は愛は

消えない君を描いた 僕にもっと
知らない人の吸った 愛を
僕を殺しちゃった 期待の言葉とか
聞こえないように笑ってんの

もっと縋ってよ もういらないからさ ねぇ
そっと塞いでよ 僕らの曖昧な 愛で

「なんて」

待って わかってよ 何でもないから 僕の夢を笑わないで
海中列車に遠のいた 涙なんて なんて
消え去ってしまってよ 行ってしまうなら 僕はここで止まらないで
泣いて笑ってよ SOS 僕は 君は 僕は

最終列車と泣き止んだ あの空に溺れていく

ウミユリ海底譚という曲名の意味

「ウミユリ海底譚」とはどういう意味があるのでしょうか。

ここでは、「ウミユリ」と「海底譚」に分けて考えてみましょう。

「ウミユリ」とは海底に生息している、ウミユリ綱に分類される棘皮動物の一群のことです。おそらくここの「ウミユリ」は棘皮動物の「ウミユリ」で間違い無いでしょう。

では次に、「海底譚」の部分です。「譚」という見慣れない言葉が出てきました。

「譚」という言葉は、物語という意味がありますので、「海底譚」は、「海底の物語」といった感じでしょうか。

つまり、「ウミユリ海底譚」という曲名は「海底の物語」という意味があるのでしょう。

ウミユリ海底譚の歌詞の意味を徹底解釈

1番

待って わかってよ 何でもないから僕の歌を笑わないで
空中散歩の SOS 僕は僕は僕は

 

今 灰に塗れてく 海の底 

息を飲み干す夢を見た ただ 

揺らぎの中 空を眺める 僕の手を遮った

夢の跡が 君の嗚咽が 吐き出せない泡沫の庭の隅を
光の泳ぐ空にさざめく 文字の奥 波の狭間で 君が遠のいただけ

n-buna -ウミユリ海底譚

ひいらぎの解釈

待って、わかって?僕の人生を笑わないで

宙に浮かんだ人生のSOS 僕は...僕は...僕は.....!!!

 

海の底のように暗い精神状態の中で今、自分でも驚く夢を見ている。

ただ、海の中で空を眺めて「まだ死にたくない」と、もがく自分の夢を。

夢の跡と君の嗚咽が聞こえる中で僕はもう息を出せなくなっているようだ。

そして、海中から地上を見て君が遠のいたことに気づいた。

 「文字の奥」(引用:n-buna -ウミユリ海底譚)という歌詞は正直意味がわかりませんでした。分かる方は教えてください。

「吐き出せない泡沫」(引用:n-buna -ウミユリ海底譚)という表現。この表現の中の「泡沫」とは、水面に浮かぶ泡を指す言葉です。水面に泡を出すためには、海中で空気を吐き出さなくてはなりませんよね。

つまり、「吐き出せない泡沫」(引用:n-buna -ウミユリ海底譚)という表現は入水自殺して、海中に沈んでゆく「僕」がもう息を吐けないということを表現しているのではないでしょうか。

 

「なんて」

もっと()ってよ 知ってしまうから 僕の歌を笑わないで
海中列車に遠のいた 涙なんて なんて
取り去ってしまってよ 行ってしまうなら 君はここに戻らないで
空中散歩と四拍子 僕は僕は僕は

n-buna -ウミユリ海底譚

ひいらぎの解釈

なんてね。

もっと僕を必要として?自分の無力さを知ってしまうから僕の人生を笑わないで。

どこか遠くに忘れてしまった僕の涙を取り去ってよ。

僕の前からいなくなるなら、もう戻ってこないでよ。

宙に浮かんだ人生と僕の想い 僕は...僕は...僕は.....!!!

はい。ここの「なんて」というのがこの曲のキーポイントで、ここの部分をどう解釈するかでこの歌の意味が変わります。

 

「なんて」を「(先ほど解釈した部分に登場した)は本当は現実なんだ」という意味に解釈すれば、ウミユリ海底譚は「僕」が入水自殺をする歌になります。

 

ただ、私が今回解釈した「なんて」は違います。

私は「なんて」を、「(先ほど解釈した部分に登場した)は妄想だよ」という意味に解釈しました。こう解釈することによってウミユリ海底譚は「僕」のSOSの歌になります。

なぜこう解釈したか。とりあえず東京都福祉保健局のサイトの文章を見てください。

自殺した人の8割から9割は実際に行動に及ぶ前に何らかのサインを他人に送ったり、自殺するという意思をはっきりと言葉に出して誰かに伝えているのです。

引用:自殺についての5つの誤解 東京都福祉保健局

そう、自殺しようとしている人の大多数の人が自殺する前に他人にSOSを送っているのです

以上の理由から、ウミユリ海底譚は自殺しようとしている「僕」が「君」に発しているSOSの歌だとするために、「なんて」を「(先ほど解釈した部分に登場した)は妄想だよ」と解釈しました。

 

そして、歌詞中に出てくる「4拍子」。これは、サビで出てくる「僕に縋ってほしい」と「僕の歌を笑わないで」と「僕の涙を取り除いて」と「僕の前からいなくなるなら、もう戻ってこないで」という4つの「僕の想い」を歌っています。

2番

ただ藍に呑まれてく 空の底 

灰の中で夢を描いた 今

心の奥 消える光が君の背を掻き消した

触れる跡が 夢の続きが 始まらない 僕はまだ忘れないのに

光に届く 波に揺らめく 夜の奥 

僕の心に 君が手を振っただけ

n-buna -ウミユリ海底譚

ひいらぎの解釈

僕の心が藍色のように暗く染まっていく。

そんな精神状態の中、理想の自分を描いて見たけど、

心の奥で、「僕はなれないな」と理想の自分をかき消した。

僕は忘れていないのに、あの日みた夢の続きが始まらないんだ。

夜に海面に月明かりが反射する時みたいに綺麗な君が

僕の心に歩み寄ってくれただけ。

藍色とは下のような色です。

 

そんな藍色に飲まれていくのだから、「僕」の心はきっと暗いのでしょうね。

 

君が手を振るという表現ですが、そのまま手を振ると解釈すると意味がわからなかったので、手をふる「君」の心理を考えてみました。

「手を振る」という心理には、「相手の心に歩み寄りたい」だとか、「相手に親近感を持っている」などがあります。その中から歌詞に合いそうな「歩み寄る」を採用しました。

「なんて」

そっと塞いでよもういらないから そんな嘘を歌わないで
信じてたって笑うような ハッピーエンドなんて
逆らってしまってよこんな世界なら 君はここで止まらないで
泣いて笑ってよ一等星 愛は愛は愛は

n-buna -ウミユリ海底譚

ひいらぎの解釈 

なんてね。

もう放っておいてよ。僕に歩み寄るなんてそんな嘘いらないから。

「君を信じていた」って笑うようなハッピーエンドなんてないんだ。

僕なんか放っておいて、君は前に進んでほしい。

愛ってなんだろう?

ここの「なんて」は「僕の心に歩み寄ってくれた」なんて事実はない。というふうに解釈しています。

 

そして歌詞中の「一等星」の部分。「一等星」とはどんな「僕」の想いを表すのでしょうか。 

「一等星」とは最も明るい星のことを指します。つまり、「一等星」は「僕」の一番強い想いである、「僕なんか放っておいて、君は前に進んでほしい。」ということを表しているのだと思います。

 

消えない君を描いた 僕にもっと
知らない人の吸った 愛を
僕を殺しちゃった 期待の言葉とか
聞こえないように笑ってんの

もっと縋ってよ もういらないからさ ねぇ
そっと塞いでよ 僕らの曖昧な愛で

n-buna -ウミユリ海底譚

ひいらぎの解釈 

僕を放っておかなかった君を想像した僕にもっと、

知らない人が受けた愛をください。

僕は僕を否定した罵声だとか聞こえないように笑ってんの。

もっと僕に縋ってよ。愛なんかいらないから。

そっと放っておいてよ。僕らは曖昧な関係なんだから。

特に補足を入れることはないですね。

ここの部分は主人公の複雑な想いを歌っていますね。

 

そうだ、空に行こう 

「なんて」

待って わかってよ 何でもないから 僕の夢を笑わないで
海中列車に遠のいた 涙なんて なんて
消え去ってしまってよ 行ってしまうなら 僕はここで止まらないで
泣いて笑ってよ SOS 僕は 君は 僕は

最終列車と泣き止んだ あの空に溺れていく

n-buna -ウミユリ海底譚

ひいらぎの解釈 

なんてね。

待って。わかってよ。僕の(愛がほしいという)夢を笑わないで。

どこか遠くに置いてきてしまった涙なんて君が行ってしまうなら消えてほしい。

僕は...君は...僕は...と僕はSOSを送る。

 

自殺する寸前で泣き止んであの空に心を奪われた。

最後の「空に溺れる」(引用:n-buna -ウミユリ海底譚)という表現は、1番のサビの「なんて」の解釈によって変わってくると思います。入水自殺して空(=海中)で溺れるとも取れますし、空に心を奪われるともとれるんですよね。

 

「ウミユリ海底譚」という曲のまとめ

巷では、入水自殺ソングと言われている「ウミユリ海底譚」。

僕は、「ウミユリ海底譚」は入水自殺ソングではないと思ったので今回の記事を書いてみました。

 

今回「ウミユリ海底譚」を解釈してみて、最初から最後まで「僕」が自殺したのかしていないのかわからなくて、読者に解釈を委ねているところがn-bunaさんは上手いなと思いましたね。

そして、n-bunaさんの「ウミユリ海底譚」のコメントで「そうだ、空に行こう」というコメントがあるのですが、それもこの曲の解釈によって「そうだ、天国に行こう」と「(空に心を奪われているから)空に行ってみたいな」の二つの解釈ができるんですよね。