music.branchwith
リピート
メニュー
UVERworld First Sightサムネイル

【UVERworld/First Sight】の歌詞の意味を徹底解釈 | 七つの大罪OPを徹底考察する!

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次
歌詞
UVERworldのFirst Sightのジャケット

曲名:First Sight

アーティスト:UVERworld

作詞:TAKUYA∞

作曲:TAKUYA∞・克哉

話せるだけでよかったのに 繋がるだけでよかったのに
初めて会った日の気持ちも薄れてゆくの

離れて過ごす間の 君の心の中にも
同じくこんな曲が流れてたら良いな

I wanna sing forever
何年経っても 今日みたいに愛を伝え合おうよ
あの日会えた奇跡を 忘れそうになるたび
何度でも君に初めて会いにゆくよ

話せるだけでよかったのに 繋がるだけでよかったのに
会えない日が続き聞こえた気がした溜息

大丈夫だよって言う 君の心を覗いて
こんな曲が流れてたら僕は泣いちゃうかもな

会えない日も好きだよ
溜息と共に消えてった幸せは 二人でまた探そうね
愛より大事なプライドなんてない
君より大事なものがあるわけない

夢や仕事 大切なものが一つなわけがないのに
君といると本当に大切なものは 一つなんだって思うんだよ

I wanna sing forever
何年経っても 今日みたいに愛を伝え合おうよ
I wanna sing forever
何年先も 何度も恋に落ちに 初めて会いに行くよ

I wanna sing forever
これは叶わなくても良い
永遠じゃなくて良い 二人が過ごす日々だけで良い
愛より大事なプライドなんてない
君より大事なものがあるわけない

First Sightという曲名の意味を考察

Loopicon

「First Sight」は、「一目で」という意味があります。

そして「一目」とは「最初」という意味で捉えることができます。その最初に感じた気持ちを大事にしたいという想いが、このタイトルには込められていると思います。

人はどんなことも、だんだんと慣れていきます。慣れることは悪いことではないし、慣れることで次の成長へと繋がったりします。

でも、最初の気持ち、つまり初心を忘れないことも大切ですよね。
恋愛では特にそう思います。

First Sightの歌詞の意味を徹底解釈

1番

話せるだけでよかったのに
繋がるだけでよかったのに
初めて会った日の気持ちも
薄れてゆくの
UVERworld -First Sight
解釈

話ができるだけで嬉しかったのに
LINEできるだけで嬉しかったのに
出会った頃の新鮮な気持ちは
だんだんと消えていく

あの頃はよかったなーと思うことはありますか?

出会った頃のは、

好きな人と話ができるだけで嬉しかったし、

LINEが来るだけでドキドキします。

付き合って何ヶ月も経つと感じなくなっていき、思い出した時に懐かしく感じる。

みんなそうだと思います。

主人公は、それを寂しく思っているのではないかと思いました。


離れて過ごす間の 君の心の中にも
同じくこんな曲が流れてたら良いな
UVERworld -First Sight
解釈

会えない日が続いて、連絡も取らないくらい、
君も僕も忙しくしているけれど、
それでも僕と同じように、
出会った頃を思い出して懐かしんでいたら良いな。

「離れて過ごす間」は、お互い忙しく、連絡も取れていないくて、

気持ちも少し疎遠になっている状況をイメージしました。

連絡は取っていなくても、主人公の心の中にはいつも君がいて、

慣れてしまったお互いの気持ちを寂しく思っている。

それを感じながら、初めの頃を思い出せるような曲を聞いたりして、

君も自分と同じ気持ちでいてくれてると良いなと言っているのではないかと思います。

「こんな曲」とは、この「First Sight」のことかな?と思いました。


I wanna sing forever
何年経っても
今日みたいに愛を伝え合おうよ
あの日会えた奇跡を
忘れそうになるたび
何度でも君に初めて会いにいくよ
UVERworld -First Sight
解釈

長く付き合っていても、
付き合い始めのような二人でいよう。
あの時出会えたのは単なる偶然ではなく運命だ。
その感謝はだんだん薄れていってしまう。
その度に君に会いに行き、
出会った頃と、
君を好きになった時の気持ちを思い出す。

「I wanna sing forever」は、ずっと歌いたいという意味。

歌=溢れる想い。

それを何年経っても、

照れ臭くならずに伝えていきたいと言っているのかなと思いました。

最初はラブラブでも、何年も一緒にいれば、

愛してるという言葉はとても照れ臭くなって、

伝えることもしなくなっていくものかもしれませんが、

歌で愛を伝える、みたいな照れくさいことも

ずっとやっていこうよ、と言っているのだと思います。

「あの日会えた奇跡」とは、

何億人もいる人の中で出会えたことは、単なる偶然ではなく、運命なんだ!

という「喜び」を意味すると思います。

その喜びは、月日が経てば薄れていくことも、主人公は認めていて、

そうなるたびに会いに行き、初心を思い出す努力をすると言っているのだと思います。


2番

話せるだけでよかったのに
繋がるだけでよかったのに
UVERworld -First Sight
解釈

一度解釈したので割愛します

一度解釈したので割愛します


会えない日が続き
聞こえた気がした溜息
大丈夫だよって言う 君の心を覗いて
こんな曲が流れてたら
僕は泣いちゃうかもな
UVERworld -First Sight
解釈

直接聞いたわけじゃないけれど、
君も僕と同じように、
忙しさと寂しさに疲れてしまっているのかな。
平気だよと言う君の心の中を、もし覗くことができて、
この曲が流れてるとしたら、もう愛しくて仕方ないよ。

「聞こえた気がした溜息」で、

主人公が相手をとても思いやっているのが感じられます。

忙しくて疲れて、好きな人に会いたいと思っても会えない辛さの「溜息」だと解釈しました。

彼女に「大丈夫だよ」と言われ、主人公には彼女が強がっているように見えた。

辛さや寂しさを隠して、初心の儚さを歌う「こんな曲」を本当は聞いているとしたら、

涙が出そうなくらい愛しくてたまらない、と言っているように見えました。


会えない日も好きだよ
溜息と共に消えてった幸せは
二人でまた探そうね
愛より大事なプライドなんてない
君より大事なものがあるわけない
UVERworld -First Sight
解釈

素っ気なく感じてしまうような態度でも
返事をずっと返していなくても、
何をしてる時も君を想っている。
気持ちがすれ違って、二人の幸せが分からなくなってきたら、
ちゃんとまた会って確かめ合おう。
君を守るためなら、仕事は何だっていい。
君が幸せじゃなきゃ意味がない。

強がって溜息をつく彼女に、

「会えない日も好きだよ」と言う、

主人公の優しい愛が感じられます。

「消えてった幸せ」は、日々の疲れで忘れてしまいそうになる

二人の思い出や恋しい気持ちではないかと思います。

お互いの人生があるから、すれ違いもあるし、

お互いがいつも同じ感情でいられるわけではないことを認めて、

その度に何度も二人の幸せを探していこうと言っているのだと思います。

「愛より大事な〜あるわけない」は、

全ては君がいるから頑張れるし、君の幸せが一番大事という深い愛情を感じます。

この曲に出てくる彼女が言うとは思えませんが、

「私と仕事どっちが大事なの!」という名ゼリフ、それに対する答えな気がします笑


3番

夢や仕事
大切なものが一つなわけがないのに
君といると本当に大切なものは
一つなんだって思うんだよ
UVERworld -First Sight
解釈

自分のために頑張ってきたことは、
自分にとってかけがえのないもの。
大切なものは一つに絞れるものじゃないけど、
君を見ていると、やっぱり
大切なのは君だけだ。

生きていく中で、人それぞれ大切なものがあって、

それはたった一つではないし、いろんな「種類」があると思います。

家族や友達、仕事、夢、物、思い出。

歳を重ねていくうちに、それは増えても行けば、失くなったりもします。

そんないろんな種類の大切な物の中で、何が一番大切か聞かれると、

選べなくて苦しくなります。

でも主人公は、そんな苦しさは忘れるくらいに

彼女のことを一番大切だと思える存在なのでしょう。


I wanna sing forever
何年経っても
今日みたいに愛を伝え合おうよ
UVERworld -First Sight
解釈

一度解釈したので割愛します

一度解釈したので割愛します


I wanna sing forever
何年先も 何度も恋に落ちに
初めて会いに行くよ
UVERworld -First Sight
解釈

出会った日が遠くなって、
昔の思い出になっても、変わらずに、
初めて会った時の気持ちを思い出して、
初めてのつもりで会いに行くよ。

君に恋をした時の新鮮な気持ちを忘れたくないという

主人公の強い気持ちを感じます。

それが二人で幸せに暮らしていくために、

主人公が一番大事にしたいことなのではないでしょうか。

「初めて会いにいくよ」の部分は

彼女に会にいく時、1回1回初めてのつもりで会いにいく、という意味だと思います。


I wanna sing forever
これは叶わなくても良い
永遠じゃなくて良い
二人が過ごす日々だけで良い
UVERworld -First Sight
解釈

夢が叶わなくても、
大好きな仕事がいつかは無くなっても、
君と一緒に居られる毎日があれば幸せだ。

大切なものは失いたくありません。

いくつもある大切なものの中には、夢や仕事があって、

それがなくなることは、とても辛いことです。

もしそうなったとしても、君がいればそれだけで自分は幸せでいられる。

君のためだったら、仕事も夢も、どうなっても良い、と言っているようにも見えます。


愛より大事なプライドなんてない
君より大事なものがあるわけない
UVERworld -First Sight
解釈

一度解釈したので割愛します

一度解釈したので割愛します。


まとめ

「愛より大事なプライドなんてない」という歌詞がとても印象的でした。

最初は、好きな人のためならプライドは捨てられる、という意味なのかと思いましたが、単にそういうことではなく、どんなに高いプライドでも、愛情には敵わない、という意味があるのではないかと思います。

そう考えると、本当に大切なものは全部「愛」に繋がるような気がしますね。

最後までお読みいただきありがとうございました

UVERworldの関連解釈記事は8記事あります。music.branchwithの関連記事を読んでみませんか?

記事を見てみる >