music.branchwith
リピート
メニュー
Loopicon

【まふまふ/輪廻転生】の歌詞の意味を徹底解釈 | 人生に絶望した少年から見る世界とは

ひいらぎ(編集)最終更新:
目次

歌詞

まふまふの輪廻転生のジャケット

曲名:輪廻転生

アーティスト:まふまふ

作詞:まふまふ

作曲:まふまふ

もしもボクが神様だったら
人生とかいう名の分が悪い博打
疾うに とっくに廃止して
燃えるゴミの日にまとめてぽいっだ

同じ阿呆でも踊らにゃ損損
顔窺っているばっかで徒然 呼応して
怨嗟 連鎖 で道も狭に
誰にもなれない 誰でもないまま

きっと一生シット 嫉妬して また隣の芝
在り来りも良く言えば大衆性
右倣って小猫が鳴いた
「翼が無けりゃ、空を降らしてくれりゃいい。」

世界中 誰も神頼みで
未来も何も見いだせない
荒縄で吊れるような
命に答えはない

この世に手早くお別れして
電波に乗って夢の夢
ボクは生まれ変わる
輪廻転生

あの世ってやつは居心地いいようだ
誰もここには帰らないもんな
彼の言葉を借りるならこうだ

どんな笑顔でボクを手招いているんだい

過食症 不登校 自傷癖
子供の頃の夢
売女 ヒス パラノイアはII-V
処刑台 殺人の正当性

もう何もかも耳を塞いでしまいたいな

教えておくれ
今日日の世の神様の作りかたを
教えておくれ
人は人を裁いていいのだろう?

どれだけ泥が泥を捏ねたって
泥以外作れやしない
君も生まれ変われ
輪廻転生

排他 掃いた明後日の斎場
擦った揉んだで愛の欠乏症
この未来に答えも正解も
そんなもんは望んじゃいないってんだ

ああ もうやめた
全て失くしてしまえばいい

世界中 誰も神頼みで
未来も何も見いだせない
等しい幸せなど
ゆめゆめ願いやしない

この世に終わりをつけておいて
終えるななんて何様だ
全て生まれ変われ
輪廻転生

輪廻転生という曲名の意味

曲名はどういう意味でしょうか。
輪廻転生という言葉はこの世にありませんが、転生輪廻という似たような言葉はあります。

転生輪廻とは、死んであの世に還った魂が、この世に何度も生まれ変わってくることを言います。

つまり、曲名の輪廻転生とは、造語で、魂がこの世に何度も生まれ変わってくるという意味を持つのでしょう。

輪廻転生の歌詞の意味を徹底解釈

1番

もしもボクが神様だったら
人生とかいう名の分が悪い博打
疾うに とっくに廃止して
燃えるゴミの日にまとめてぽいっだ

まふまふ -輪廻転生

解釈

もしも僕が神様だったら人生なんて分の悪い博打なんだから
とっくにやめてゴミとして捨ててしまうだろう。


親のお金や権力などの「生まれ」によって人生の難易度が天と地ほどの差が出てしまうのは思春期を迎えたあたりから薄々と感じ始めるはずです。そして多くの「生まれ」があまり良くなかった人たちにとって、人生は「分の悪い」勝負になってしまいますよね。そういう観点から見ると、人生は分の悪い博打というのは、一部の人を除いて共感できるものなのではないでしょうか。

 

同じ阿呆でも踊らにゃ損損
顔窺っているばっかで徒然 呼応して
怨嗟 連鎖 で道も狭に
誰にもなれない 誰でもないまま

まふまふ -輪廻転生

解釈

同じ境遇に生まれても行動しなければ損なんて言って、
顔を伺って世渡りなんて退屈だ。
恨みだけが連鎖して結局何も成し遂げられないんだ。


怨嗟(えんさ)とは恨み嘆くことを言います。

よく、人生の先人たちから「グダグダしてないで行動しなきゃ損だぞ!」とか、「行動を起こさなくては成功しない」と言われることがありますよね。しかし多くの「生まれ」があまり良くなかった人たちにとって、行動といっても、すぐできることなんて顔色を伺って社会に溶け込む努力をするくらいになってしまいます。

そんな風に顔色ばっか伺ってしまうから、ストレスを溜めてしまって、人生に恨みが溜まって何も成し遂げられないんでしょうね。

 

きっと一生シット 嫉妬して また隣の芝
在り来りも良く言えば大衆性
右倣って小猫が鳴いた
「翼が無けりゃ、空を降らしてくれりゃいい。」

まふまふ -輪廻転生

解釈

きっとこのまま嫉妬し続けて、隣の芝が青く見えるんだ。
ありきたりな人生も良く言えば普通の人生だ。
みんな右に習えの中、小猫が「生まれが悪いなら、生まれがよかったやつらを落としてくれればいい。」と鳴いた


隣の芝が青いとは自分のものより、他人のもののほうが良く見えるということを意味する表現のことです。

たとえ自分の方が境遇に恵まれていても、他人の方が良く見えてしまうのが人間の厄介なところですよね。

「生まれ」があまり良くなかった人たちにとって多くの人たちが目指す人生というのが「ありきたりな人生」というものです。もっと裕福な人生を目指して挑戦してもいいはずなのに、義務教育中に敷かれたレールに乗ることが重要だと教え込まれ、みんな”右に習え”で洗脳されてしまいます。

 

世界中 誰も神頼みで
未来も何も見いだせない
荒縄で吊れるような
命に答えはない

この世に手早くお別れして
電波に乗って夢の夢
ボクは生まれ変わる
輪廻転生


まふまふ -輪廻転生

解釈

世界中の誰も彼もが神頼みで生きていて、未来の希望も本当は見いだせていない。
奴隷のような人生を生きる命になんて、未来の希望なんてないのかもしれないな。

こんな人生さっさと辞めて、恵まれた「生まれ」になってしまいたい。
さあ、生まれ変わろうか。輪廻転生。


一般庶民の人生を悪く言えば、権力者や資産家のための奴隷の人生と表現できなくもありません。

一般庶民を精一杯働かせて、わずかながらの幸福と、不健康だけれどそこそこ美味しい食事を与えて、反乱されないギリギリで調整しています。権力者や資産家はその調整の対価として多くの資産を手に入れています。そんな世の中ですから、誰も彼もが神頼みで生きていて、未来の希望も本当は見いだせていないのでしょうね。

こうやって改めてこの世の中を客観的に見て見ると転生輪廻できるならして見てもいいと思えてしまいますね。

2番

あの世ってやつは居心地いいようだ
誰もここには帰らないもんな
彼の言葉を借りるならこうだ

どんな笑顔でボクを手招いているんだい


まふまふ -輪廻転生

解釈

あの世は心地いいらしい。誰も現世に戻ってこないもんな。
あの世の人たちはどんな笑顔で手招いているのだろうか?


仮に、転生輪廻できるとして、それでも現世に戻ってくる人がいないのなら、この歌詞の「あの世は心地いい」が証明されますよね。

しかし、我々には「あの世」があるかすらわかららないので証明しようがありません。

 

教えておくれ
今日日の世の神様の作りかたを
教えておくれ
人は人を裁いていいのだろう?

まふまふ -輪廻転生

解釈

神様の作り方を教えてくれよ。教えてくれたらこの世を変えてみせるから。
教えてくれよ。人は人をさばいてもいいのか?


仮にこの世界を神様が作ったとするならば、人が人を裁くというのはかなり奇妙なものですよね。

人が人を裁く以上どうしても感情や人生観が影響してしまいますし、そんな不完全な状態で人を裁いたりなんかしていたら、神様の目指す世界なんか作れるはずがありません。

 

どれだけ泥が泥を捏ねたって
泥以外作れやしない
君も生まれ変われ
輪廻転生

まふまふ -輪廻転生

解釈

生まれが悪い人がどれだけ努力したって成功なんてしやしないんだ。
さあ、君も生まれ変われ。


ここは少し極論かもしれません。いくら生まれが悪くても、100%成功しないなんてありえませんし、0.00001%でも成功する可能性があるなら、その成功を追い求めるのも楽しいものです。

 

排他 掃いた明後日の斎場
擦った揉んだで愛の欠乏症
この未来に答えも正解も
そんなもんは望んじゃいないってんだ

まふまふ -輪廻転生

解釈

他人と距離をとった。
こんな未来に正しい人生も幸福も生きる意味も
求めてなんかいないんだ。


排他とは、仲間以外の人間を退けることを指します。ここでいう仲間というのは転生輪廻したいと思っている仲間であると考えられます。

 
[ad]

ああ もうやめた
全て失くしてしまえばいい

まふまふ -輪廻転生

解釈

ああ、やめたやめた。
世界なんか終わってしまえばいいのに。


世界中 誰も神頼みで
未来も何も見いだせない
等しい幸せなど
ゆめゆめ願いやしない

この世に終わりをつけておいて
終えるななんて何様だ
全て生まれ変われ
輪廻転生


まふまふ -輪廻転生

解釈

世界中の誰も彼もが神頼みで生きていて、未来の希望も本当は見いだせていない。
みんな等しい幸せなんて無理だから願いなんかしない。

自分から僕の人生を終わらせておいて死ぬななんて何様だ?
みんなみんな生まれ変われ。


死のうとしている人に「死ぬな」と止める人の多くは現状に満足している人や裕福な人が大半でしょう。そういう裕福な人がいるから自分が相対的に負け組になっていると感じているので、主人公は「死ぬななんて何様だ?」と歌っているのでしょう。

筆者から最後に伝えたいことがあります。

もしこの記事を読んでいただいてる人に、人生に、この世界に絶望して自ら死を選ぼうかなと思っている方がいらっしゃったら少し待ってください。

死ぬのはもう少し先延ばしにしてもいいのではないでしょうか?死ぬのを先延ばしにして