music.branchwith
music.branchwith | 広く張った枝とともに
backnumber

【backnumber/恋】の歌詞の意味を徹底解釈 | 甘酸っぱい青春の恋の行方は?

author:ひいらぎ

どうもこんにちは、ひいらぎ(@music_bWith)です。

このページでは、back numberの「恋」の歌詞について徹底的に解釈をしていきます。
是非「恋」を聴きながら読んでください!

関連楽曲の歌詞解釈
  • back number
  • back number
  • back number
  • back number
  • back number
  • back number
  • back number
  • back number
  • backnumberって何者?

    小島 和也さん、清水 依与吏さん、栗原 寿さんの3人組で結成されているバンドです。 ラブソングといえばbacknumberというほど、有名な曲が多いのが特徴です。清水 依与吏さんの力強い歌声と、栗原 寿さんの力強いドラム、小島和也さんのさんのしっかりとしたベースに注目して聴いてみてください!

    back numberをもっと知る

    「恋」の基本情報

    テレビ朝日系「Musicる TV」エンディングテーマ、テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマに起用された一曲。バックナンバー独特のゆっくりめな曲調で、清水さんの甘く切ない声がアクセントになって、青春時代特有の甘酸っぱい「恋」を表現しています。

    収録アルバム

    MV

    Youtubeには公式のMVを発見することはできませんでした。どうしても聴きたいという方は、Youtubeでカバー動画などを探してみてください!

    Youtubeで恋の動画がないか検索!

    「恋」という曲名の意味

    曲のタイトルである【恋】、これだけでこの曲はラブソングだと誰もがわかるわけですが、ひとくくりに恋と言っても様々あります。甘酸っぱい青春恋愛ソング、失恋ソング、泥沼を表現する恋愛ソング、幸せなカップル為の恋愛ソング、簡単にあげるだけでも様々な恋があります。
    しかし愛と言ったような恋愛の先にある感情を表現している文字でもなく、幸せといったような既に満たされている感情を表現する言葉でもなく、【恋】とたった一文字をタイトルにしていることから、おそらく誰もが経験し、恋ときくだけでむずむずするような甘酸っぱい片思いの曲として表現しているのではないかと思い解説していきたいと思います。

    「恋」の歌詞解釈

    恋する主人公

    ぼんやりと君を眺めていたんだ
    校舎の窓からやっぱり可愛いなって
    友達と笑いあう君の姿に
    見とれる事ももうできなくなっちゃうな

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    窓の外で友達と笑い会う姿はやっぱり可愛くてつい見とれてしまうけど
    そんな君の姿を見る事はもうすぐできなくなってしまうな

    校舎といっていることから主人公は学生で、尚且つ視線の先にいる人をみて可愛いといっていることから男性目線であることがわかります。
    ぼんやりと外を眺めているだけでもなぜか好きな人の姿はすぐみつけれるもので、そんな彼女の姿を見つけては見とれている主人公ですが、見とれることもできなくなってしまうといっている事から、主人公はもうすぐ卒業か転校が迫ってきているのではないでしょうか。

    自慢できること

    自慢できるようなものはないけど
    それでもいつでも君を探している

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    これといって自慢できる事は特にないんだけれど
    一ついうなら君を探す事が特技だよ

    ここは二通りの解釈ができるポイントです。
    そのままいつでも君を探しているという、それくらい彼女に必死な姿を表現しているといった解釈もできますし、他人に自慢できるような事がないあまり自信のない主人公が唯一君の姿を見つける速さなら負けないよ、といったような強い気持ちを表現しているといった捉えかたもできます。私は後者の方で捉えました。

    一番好きなのは僕だよ

    きっと誰より君を思ってるのは今日も明日も僕だからずっと好きだって事を言わないと会えなくなる前に(はやくしないと)言えなくなる前にその手を

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    きっと他の誰よりも君の事を想っているのは僕だけど
    このままずっと好きだって気持ちを伝えないと
    会えなくなって気持ちを言えなくなってしまって
    その手を握る事も叶わないままになってしまう

    ここでいつも眺めていた彼女は恋人としてではなく片思いしていた相手という事がはっきりわかります。
    そしてはやくしないと、あえなくなる前にということからやはり卒業シーズンなのか主人公の転校なのかなんらかの事情で別れが近づいている事がわかります。

    会えなくなる前に、に続いてはやくしないとと被さっている事からその日が近く焦っている様子も伝わってきますよね。また手を・・・と終わっていることからもきっと恋人になって手を握りたい、そんな気持ちがこめられているのではないかと思いました。

    都合がよく物事は進まない

    思い通りにならない事が
    多いのは今に始まったわけではない
    でもできるなら
    あの子の事だけは
    神様仏様なんとかなりませんか

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    人生自分の思い通りに行かない事なんて今更始まった事でもないしそんな事わかってはいるけど
    神様仏様、あの子の事だけはなんとか上手くいくようにしてもらえませんか?

    自分の思うように物事は進まないとわかっている事から主人公の年齢は高校生くらいにはなっているのではないかと解釈しました。
    思うようになんでも上手くいかないとはわかっているからこそ神頼みをしてでも彼女との事だけはどうにかして欲しいと祈っているシーンが想像できます。

    君の笑顔が好き

    君の頭をなでて君が笑って
    そんな日を描いてはまた今日が終わる

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    頭の中で僕は君の頭をなでて
    なでられた君は笑って
    そんな妄想をしてはまた今日が終わっていく

    描いているだけですからこれは妄想だとわかります。
    そして序盤で友達と笑う彼女に見とれていた主人公ですが、ここでも彼女の笑う姿を頭で描いていることから主人公はきっと彼女の笑顔が1番好きなのではないかと解釈しました。

    君を一番思っているのは僕だよ

    きっと誰より君を思ってるのは今日も明日も僕だから
    ずっと好きだって事を言わないと
    会えなくなる前に(はやくしないと)言えなくなる前に
    ねぇ君は

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    きっと他の誰よりも君の事を想っているのは僕だけど
    このままずっと好きだと伝えないと言えないまま会えなくなってしまう
    ねぇ君はこんな僕の事をどう想っているの?

    前半は1番と同じで気持ちを伝えれないまま別れが近くなっていることに焦っているように感じます。そしてねぇ君は・・・と終わっている事から彼女の気持ちを知りたくて仕方ない様子に取れました。
    別れが迫っている今だから、僕はこんだけ君の事を想っているけど君はどう想っているんだろうといった、恋をしている真っ只中の焦りと切なさ、もどかしさがみれる場面ですね。

    君のことは全部知っているはず

    君の好きな映画も好きな食べ物も
    誕生日も全部
    全部知ってるけど

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    君の好きな映画や食べ物とか誕生日とか
    君の事なら他にも沢山知ってるはずなんだけど

    好きな人と話していると相手の言った好きなものや誕生日は、自然と覚えていってしまいますよね。この主人公も彼女と話しているうちに沢山彼女の情報を集めていたのでしょう。そしてこれ以上知らない事はないはずなんだけど…と続いています。

    本当にずっと好きだから

    でも毎日君が何を願って
    誰を想っているのかも
    結局大事なとこは何も知らずに
    それでもずっと本当にずっと

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    あれほど君のことはわかっていたはずなのに
    1番大事な君の気持ちは知らないままで
    わからないままでもずっと好きだった

    あれほど彼女の情報は知っていてもずっと彼女の気持ちはわからず、それでも思い続けていた切ない感情がでていますね。誰にでも知れるような情報は沢山知っていても、肝心な中身の部分は何一つわかっていないという悔しさともとれると思います。

    妄想

    きっと
    誰より君を思ってるのは
    今日も明日も僕だから
    ずっと
    好きだって事を言わないと
    会えなくなる前に(はやくしないと)
    言えなくなる前に
    その手を

    back number -恋
    ひいらぎの解釈

    一番と同じなので割愛します

    ここから1番の歌詞に戻りますが、1番の歌詞の「手を」から、2番の歌詞の「君は」に続き3番ではまた手に戻っています。
    これはおそらく、彼女の事は何でも知ってるつもりだった主人公ですが自分への気持ちだけがわからなかったということを表現しているのだと思います。また、知らないままずっと思い続けていた、本当にずっと、という所から彼女は別の人が好きというような気持ちを知ってしまったのではないでしょうか。

    その気持ちがわかってしまったから、誰のことを思っているの?と問いかけていた主人公から手を握るというまた自分の願望のみを考える主人公に戻ってしまったのではないかと解釈しました。最後までの流れから学生時代の甘酸っぱい青春恋愛ソングとしてかかれており、尚且つ私的解釈では片思いで終わってしまった、そんな恋愛ソングになっていると感じました。

     

     

    La fin…

     

     

    まとめ

    今回はbacknumberの「恋」の歌詞を徹底解釈しました。
    backnumberの中でもそこそこ有名な楽曲である「恋」ですが、高校時代を思い出してどこか懐かしい気持ちになりました。

    今後も当サイトではbacknumberを追って行くのでぜひチェックして見てください!

    コメント