【米津玄師/LOSER】の紹介とカラオケの難易度

曲紹介 米津玄師

music.branchwithが作成した米津玄師の「LOSER」の紹介記事です。米津玄師のプロフィール、楽曲一覧、アルバム一覧、最新楽曲、最新アルバムなどの米津玄師の情報から米津玄師の「LOSER」の歌詞解釈まで米津玄師についてはmusic.branchwithでまとめてチェック!

「LOSER」の楽曲情報

J-Pop
米津玄師

楽曲データ

時間:4:05
公開日:2016-09-28
国:Japan
ジャンル:J-Pop
収録アルバム:LOSER / ナンバーナイン - Single/BOOTLEG

アーティスト&ミュージシャン

作詞:
作曲:
編曲:
Vocal:

「LOSER」の紹介

アーティスト情報

米津玄師をもっと知る

関連記事

関連楽曲

  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • カラオケでは歌いやすい?

    上手に歌うには練習が必要 ー40代女性

    AメロからBメロ部分は、早口でテンポも速く、さらに1番と2番のメロディーが違うので、初心者にはかなり難易度の高い楽曲だと思います。歌うのであれば、曲を繰り返し聞き、しっかり覚えてからでないと、置いていかれてしまいます。また、サビ部分はメロディーはわかりやすいのですが、早口ですし、男性にはキーが高いので、さらに難しいです。そして、全体的に曲を聴いただけでは歌詞が聞き取りにくいので、歌詞を見ながら練習が必要でしょう。

    プロでも難しいかも ー20代女性

    米津さんの曲は女性にとっては曲のトーンが低いです。女性トーンで歌おうとしたらしたでとても高いキーを保たなければいけないのでとても大変でした。ましてやこのLOSERは主に早口なので呂律がまわらないです。息継ぎも難しいし曲調も変わるので結構歌の上手い人でないと歌いこなせない曲なのではないかと思います。肺活量があって滑舌も良くて歌の上手い人がさらっと歌いこなすととても素敵だと思いますが何回か練習しないとプロでも、むずかしそうです。

    リズムに乗れれば簡単 ー30代男性

    サビの部分は歌いやすいと思います。私自身が歌ってみたのですが、テンポが速くてリズムに乗るとはまるからです。サビに入る前までが、リズム感がない人にはきついかもと思ってしまいます。曲を数回聴いただけでは、歌いこなすのは難しいのではないでしょうか。音程が分からず、詰まってしまうと思います。しかし、曲をしっかりと覚えてリズムに乗ると歌いやすい。キーは高くないので、誰でも歌いやすいとは思います。そのため簡単でもないですけど、それほど難易度は高くないかなという結論です。

    ロングトーン以外の技術は全て必要 ー20代男性

    まずラップのような細かい符割りのメロディを覚えるのが大変です。それだけでなく全体的にノンストップで早口なので息が続かなかったり、早口だけかと思いきやサビではしっかり高音も用意されていたりと、ロングトーン以外はなんでもあります。人気の曲な分カラオケで歌えたら人気者になれる可能性が高いのでしっかりヒトカラなどで練習期間を詰んでから披露するのが無難だと思います。余裕ができたら踊りまで覚えてネタとして使うこともできるかもしれません。

    やっぱりラップ調の部分が難しい ー30代女性

    少しラップ調の歌い方をしている部分が多いので、何となく覚えている程度では、曲の速さに歌詞が付いていきません。また、歌詞も複雑な所があるので発音しにくい所がありました。低い所と、高い所の差もかなりあるのでメロディーを追うのも難しいと感じます。きっちり歌詞もメロディーも覚えて、何度か練習して10回ほどカラオケで歌って、やっと自分の満足いくような歌い方が出来たので、決して歌いやすい曲ではないと思いました。

    カラオケでうまく歌いたい方は下の記事を参考にしてください!

    カラオケの上達方法の記事はこちら!

    レビュー

    ノリのいいテンポが心地よい ー30代女性

    聞いた瞬間「めっちゃいい!これ、誰の歌?」とすぐに検索したほど、いきなり心を掴まれました。耳障りがよく少しアンニュイなメロディーラインが、ノリのいいテンポに合わさって何とも言えないカッコ良さを表現しています。すぐに調べてフルで聴いてみると、曲調の変化に驚きました。少しラップ調なAメロから、徐々に普通の歌い方に変わっていく変化が実に味を出しています。サビが始まる直前に、ボーカルが一瞬なくなるところで最高潮の期待感が訪れました。そこから、あのカッコいいサビが流れたときに「そう!これこれ!」と爽快な気分が全身を駆け抜けて行きました。その後、またラップ調に戻るのですがサビのメロディーがまた来るかと思いきや、そこでまさかのラップ調。これがまた、最初と少し違っていてカッコいいのです。いい意味で期待を裏切られた気分です。そして、またサビが来た時の「これこれ!」という爽快感です。来ると思った所でこなかっただけに、少し焦らされたような気持ちでまたぐっと心に刺さります。そこから、煽るようなラップ調のメロディーがまた来ます。ライブで聴いたら最高だろうな、と心の中では自然とコール&レスポンスをしていました。最後に追い打ちをかけるようにサビがきて、心を掴まれたまま曲が終わります。最初から最後まで曲調の変化が多く、飽きさせない素晴らしい曲だと思います。

    踊りにも注目して聞いてほしい ー20代男性

    初めて聴いた時はAメロが早口すぎて何言ってるか分からないなあ、でも最初から最後までノリノリな曲だなあという感想でした。あまり米津玄師の曲を聴いたことがなかったので後から分かったのですが、PVで踊っているのは本人なんですね。曲書けて歌えて踊れて人気もあって凄い人だなと思いましたが、この曲の内容はそんな勝ち組の自分自身を「LOSER」、負け犬と称した曲。不器用な僕らなりに頑張ってやってこうぜという感じが伝わってくる曲でした。メロからサビまで歌が16分だらけなのでスピード感があって勢いが良いです。後ノリなのもノリやすくて良いですね。主張しすぎないギターのリフもかっこいいです。展開は早いですがサビ前ではキッチリとキメがあってメリハリがあります。PVでもろ踊ってますが、曲の感じ的にはLMFAOのようなダンスチューンにも取れるので思わず身体が動いてしまいます。lemonしか知らなかった時にこの曲を聴いたのでこんなラップのような早口の曲があったことに驚きでした。色物だと思って気にも留めていませんでしたが中高生の人気を鷲掴みにする理由がわかるカリスマ性です。学園祭のダンスなんかで使われている風景が想像できる曲です。

    自分を罵る米津玄師に注目! ー20代女性

    ハチP時代から知っていますが、米津さんはキャッチーなメロディーと少し病みのある歌詞を作るのがとてもお上手です。大体のボカロPは大体似たような曲調になっていますが、米津さんはどの曲も素敵で似通った曲には聞こえません。LOSERという曲は米津さん自身の自虐と閉鎖的な部分と自嘲と共に、前向きな部分が歌詞に描かれています。ただただ自分の境遇や今までを自嘲する鬱々とした詞だけではなく自分に対して「愛されたいならそう言おうぜ」と背中を押すような反省をするような歌にも聞こえました。自分を敗者だと嘲りながらも「愛されたい」と言えなかった自分の臆病さに活をいれるところが、主観的にも客観的にも自分をみれる方なんだなと私は思いました。これは私の想像ですが、今まで辛い経験をしてきた方なのかなと感じました。自己肯定が少なく、謙虚というよりネガティブな思考にいってしまうのは真面目で世間を上手く渡りきれない人や誰かの発現や行動によって自己肯定を奪われてきた人です。私もそうなのですごく共感できました。LOSERという曲はそういう人達に共感と背中を押す応援歌のような曲だと思います。「俺も一緒だよ。でも愚痴るだけより愛されたいと素直に言うべきだ」というメッセージ性を感じます。

    ラジオから知りました。 ー30代男性

    ラジオから流れてきたイントロを初めて聴いたときは、今までにもこういう音は聴いたことあるなと思って気になりませんでした。サビになると、少し跳ね上がるようなリズムになりノリノリな感じだなと思いました。ただ全体を通して聴くと、抑揚は大きくないので初めて聴いたときの印象は薄い感じです。しかし、繰り返し聞いていると癖になる感覚はありました。歌詞をあまり意識していなかったのですが、韻を踏んでいたり語感が良い。正直なところ歌詞の内容は気にしないのですが、とにかく語感がいいので曲の邪魔をしない。そのため、何度か聴くと耳に残って心地よくなってくるんだと思います。米津玄師が客演されている曲は以前に聴いたことがありましたが、ソロの曲はこの曲が初めてでした。作詞と作曲のセンスが、今の若い世代の中では群を抜いていると思います。売れていたのは知っていましたが、特に興味を持つことはありませんでした。ラジオで偶然LOSERを聴いたことで、好きになったアーティストですね。サブカル臭がする雰囲気の曲ながらも、大衆受けする曲調だと思います。どこか懐かしい曲なんですが、これから新時代の到来を予感させる曲だと思います。他の曲も聴きたいと興味を持たせる曲です。

    Cメロの歌詞に注目! ー40代女性

    米津玄師さんの楽曲は、バラード系からノリノリ系までとても幅が広く、アルバム「BOOTLEG」もいい曲揃いで聴きごたえがあります。そのアルバム「BOOTLEG」にも収録されている「LOSER」も、アップテンポでノリが良く、思わずダンスをしたくなるような曲です。早口で語るような曲なので、歌詞を見てみるととても言葉が多いです。平均的な曲の1.5倍はありそうなボリュームです。歌詞をよく読んでみると、韻を踏んでいたりしてまた楽しめますし、ちょっと深くて考えさせられるような、一歩踏み出す勇気をもらえそうな部分もあります。なので、聴くだけではなく、歌詞を読んでみるのもまたおすすめです。また、2番でAメロとBメロの間に、Cメロというのでしょうか、メロディーが増えている部分があります。2番でメロディーが減っている曲が多い中、増やしてくるのはめずらしいので、さらに興味深いです。そしてそのCメロの部分の歌詞がまた深いんです。【愛されたいならそう言おうぜ 思ってるだけじゃ伝わらないね】この部分が私は特に好きで、なんとも考えさせられました。そう、思ってるだけじゃ伝わらないんだ、ちゃんと言葉にして相手に伝えなければ。本当にその通りだな、と実感しました。歌詞を読んでみたら、この曲の印象がまた全然違うものになると思います。

    LOSERをより詳しく理解したい方は下の記事を参考にしてください!

    LOSERの歌詞解釈記事はこちら!

    コメント