【米津玄師/打上花火】の紹介とカラオケの難易度

曲紹介

music.branchwithが作成した米津玄師の「打上花火」の紹介記事です。米津玄師のプロフィール、楽曲一覧、アルバム一覧、最新楽曲、最新アルバムなどの米津玄師の情報から米津玄師の「打上花火」の歌詞解釈まで米津玄師についてはmusic.branchwithでまとめてチェック!

「打上花火」の楽曲情報

楽曲データ

時間:4:19
公開日:2017-11-01
国:Japan
ジャンル:J-Pop
収録アルバム:BOOTLEG

アーティスト&ミュージシャン

作詞:
作曲:
編曲:
Vocal:

「打上花火」の紹介

アーティスト情報

米津玄師をもっと知る

関連記事

関連楽曲

  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • 米津玄師
  • カラオケでは歌いやすい?

    歌いやすい -20代女性

    この曲は、男性パートと女性パートがあり、男性パートは比較的歌いやすいと思います。サビとそれ以外のところの音程の幅があまりなく、高くも低くもないので歌いやすいと思います。女性パートはサビが高く、ハモりみたいになっているので、声の低めの女性は難しいかもしれません。なので、サビの部分は裏声で歌うか、男性パートと同じ音程で歌うと歌いやすいと思います。デュエットの曲ですがハモりが少なく、サビ以外の部分は1人ずつなので釣られることはないので、比較的歌いやすいと思います。

    歌いやすい -30代女性

    カラオケで歌ったことがありますが、とても歌いやすかったです。メロディーのキーが高すぎることもなく、男性とデュエットで歌えるので、20代から30だいだとみんな聞いたことがある曲なので好評でした。男性が歌うパートと女性が歌うパートにわけて歌えるのがいいです。サビの部分はハッキリと歌いやすい歌詞で、パッとゆう言葉が発音しやすく歌いやすいです。最後の方はバラード調でしっとり歌いあげる部分があり、周りの人に聴かせるポイントだと思います。

    歌いやすい -20代女性

    女性にも男性にも歌いやすい曲でとてもいいと思いました。声が高い人も低い人も歌いやすいトーンになっていると思うのでとてもおすすめです。一緒にカップルや友達とデュエットしながら歌うこともできてとても楽しみながら歌うことができると感じるのでとてもいいと思いました。夏の季節に、花火の季節に歌いたくなるような、夏が待ち遠しくなってしまうような一曲になっているのでとてもカラオケで歌うのにおすすめだと感じます。

    普通 -20代女性

    全体的にアップテンポ気味な曲なのでカラオケで歌うってなると簡単に歌いこなせる曲ではないのかなぁと感じます。サビの部分は基本的には1つの音符に対して1文字って感じだから歌えるとは思うのですが、サビ以外のAメロやBメロなどはテンポはサビと変わらないのかもしれませんが、文字数が多い感じがして若干舌がまわらない感じです。サビは大丈夫だとおもうのですが、他の部分が難しい感じがしたのでカラオケでは歌いやすくも歌いにくくもなく普通とさせていただきました。

    歌いやすい -20代女性

    まずメロディについて、極端な移調や転調など、個性的すぎる部分がありません。誰でも覚えやすく、歌いやすいメロディだと思います。リズムについても、特に難しい部分はありません。一般的なバラードなので、歌いだしのテンポさえ掴めれば、あとは流れに乗って歌うことができます。音域は広すぎず、狭すぎず、安定しています。特別に高い音を出したり、低い音を出したりするテクニックが必要ありません。カラオケ初心者の人でも歌いやすい曲だと思います。

    カラオケでうまく歌いたい方は下の記事を参考にしてください!

    カラオケの上達方法の記事はこちら!

    レビュー

    悲しい曲調に注目! -20代女性

    この曲は、『打ち上げ花火、横から見るか?下から見るか?」の主題歌で、歌詞も映画に沿っていてタイトルも打上花火です。「パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだこの夜が続いて欲しかった」という歌詞は、主人公の女の子が街を離れることになり、男の子とも離れ離れになるが、まだ一緒にいたいと気持ちとは反対に、打上花火のようにパッと消えてしまう女の子のことが描かれていると思います。「この夜が続いて欲しかった」は2人で見た打上花火を、来年も再来年も一緒に見ていたかったけど、それが叶わなかったという悲しい曲が描かれていると思います。

    聞いてると切なくなる -30代女性

    この曲は大好きで何回でもリピートして聞いてしまいます。daokoさんとのフューチャリングも素敵で聞いていました。アニメ映画のストーリーと同じように切なくてひと夏の思い出を曲でもストーリーのある歌詞で聞いてると切なくなります。音楽を聞いていて、過去に花火大会に一緒にいった彼とのことを思い出しました。お互い未練がありながらも、すれ違いが続いていつのまにか自然消滅した時を思い出して、懐かしいような切ない気持ちになります。あのときこうしていれば、などといろいろ後悔もありますが、もう戻れなくて現在を進むしかないのかなと私にとっては励まされる曲でもあります。

    夏の花火の季節にとてもおすすめな一曲 -20代女性

    夏の花火の季節にとてもおすすめな一曲です。大切な人と花火を見ながら聴きたいような一曲になっていると思います。大切な人と一緒に聴くことで、一緒に花火を見れていることの素晴らしさを教えてくれているようだと感じます。切ない一曲になっていますが、すごく花火を見ながら聴くのにおすすめな一曲だと感じました。大切な人と見ることができる花火がどれだけ素晴らしいことなのか、すごくゆったりと聴くことができる一曲になっているのでとてもおすすめです。好きな人を思い出してしまうようなところにとても素敵だと感じるし、好きな人を手放さないようにしたいと思えるとてもおすすめな曲です。

    淡い恋心って感じ -20代女性

    DAOKOさんと一緒に歌っているのも聴いたことはあるのですが、米津玄師くんが1人で歌っている打上花火の方が私は好きです。聴くと同じ曲なのはわかるのですが全く違う曲のように聴こえるので不思議です。淡い恋心って感じで微笑ましいです。打上花火の上がって咲いてすぐに消えてしまう儚さやせつなさは歌詞にありつつ、鮮やかなきらびやかさも両方あります。打上花火が本当に上がってるような映像が頭に思い浮かぶような曲に感じました。この曲を聴くと好きな人や恋人と一緒に無性に夏祭りに行きたくなり打上げ花火を一緒に見たいなぁと思ってしまいました。

    どことなく「和」を感じさせられる -20代女性

    イントロから1番のAメロ、Bメロと続くしめやかな歌声。どことなく「和」を感じさせられるメロディは、抒情的な歌詞と相まって、切なく響きます。そこからサビへ入ると、一気に歌声が力強くなり、音楽も盛り上がります。「パッと光って咲いた」という歌詞の通り、脳裏に光が瞬くような幻影を覚えます。メロディと、リズムと、歌詞と、全てにハッとさせられるものがあります。勢いそのままに2番へ突入していく流れは、聴いていて心地よいです。深夜、海岸沿いを走る列車に乗ってガタガタ揺られながら、暗い海と空に浮かぶ月を眺めているような。もしくは、誰もいない浜辺の波打ち際に寝転がって、花火を見上げているかのような。不思議な気持ちにさせてくれる曲です。

    打上花火の歌詞解釈記事はこちら!

    コメント