あいみょん

【あいみょん/マリーゴールド】の紹介とカラオケの難易度

あいみょんの「マリーゴールド」の紹介記事です。マリーゴールドのカラオケの難易度やレビュー、歌い方など幅広い情報を掲載しています。あいみょんの「マリーゴールド」についてはmusic.branchwithでまとめてチェック!

おすすめの関連記事

解釈マリーゴールドの歌詞の意味を徹底解釈レビューら、のはなしのレビューとカラオケ難易度レビュー二人だけの国のレビューとカラオケ難易度

マリーゴールドの基本情報

マリーゴールド作曲に携わった人

作詞
作曲
編曲
vocal

収録アルバム

MV

あいみょん – マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

アーティスト情報

あいみょんをもっと知る

カラオケでは歌いやすい?

男性受けがとてもいいので歌うべき ー40代女性

アップテンポ過ぎる曲ではないので、女性にはとても歌いやすい曲ではないかなと思います。爽やかな曲調は癖がないし、自分に置き換えやすい歌詞は感情移入もしやすいのではないかな、と。20代くらいの年代の女性には、カラオケで選びやすい曲だし、男性受けも良い曲ですね。ただ、私くらいの年代だと歌詞の爽やかさな暖かさが逆に眩しすぎて、気後れしてしまいます。聴くには好きな曲ですが、カラオケで歌うのは少し躊躇してしまうのではないかと思います。

盛り上がった後に歌うのがベストだと思う。ー20代女性

今回のマリーゴールドは非常に歌いやすいかと思います。爽やかな印象が強いためある程度盛り上がったあとに歌ったらベストでしょうか。ゆったりとした曲調なので歌う人選ばないと思いますし、歌詞も特殊なものでもなく聴いてる側も歌詞の最後はどうなるのか気になったりもすると思うのであいみょんさんを知らない方がいても何も問題ないと思います。あいみょんさんご自身がハスキーな声の方ですし視点が男性なので男性が歌ってもとても良い曲かなと思います。

親しみやすく、歌いやすい。ー20代女性

メロディーじたいは割と覚えやすく、親しみやすいメロディーかなと思います。早口になるところも、声が急に高くなるところも、低くなるところもそうないと思うので、どちらかというと歌いやすいのかもしれません。あいみょんさんの声のトーンの高いところなどは、素人は高く歌うのが難しそうだなあという印象です。サビの部分は、無意識にふと口ずさんでしまうようなメロディーなので、年齢問わず歌うことができるような気がします。

メッセージ性があり、誰にでも歌いやすいと思う。ー20代男性

メッセージが誰にでも伝わりやすいので、知らない曲でも「あぁこういう曲があるんだな」と聞いてしまう、そういう曲なのでとてもカラオケで歌うにはよい曲だと思います。声もそんなに高くないし、大きい声で歌って気持ちよくなれる曲でもあると思います。こういう歌詞の曲を歌いたいと思う人はどんな人なんだろう?浜崎あゆみとか好きな人なのでしょうか、歌いやすいしのども痛めない曲で、メロディーもとても覚えやすいのでおすすめできます。

10代〜20代の方におすすめ! ー40代女性

メロディがそんなに低くも高くもならないので、あまり声域が広くない人でも歌いやすいと思います。大きい声を出さなくても歌えそうな歌なので、あまりカラオケ慣れしてない人でも歌えると思います。歌っているのは女の人ですが、歌詞の言葉遣いはどちらかというと男の人っぽいので、男女どちらが歌ってもいい歌だと思います。ただ若い人向けの歌かなという気もするので、10~20代くらいの人が歌うほうが合います。私は・・たぶん歌わないです。

カラオケでうまく歌いたい方は下の記事を参考にしてください!

カラオケの上達方法の記事はこちら!

レビュー

低めの声なので、男女ともにおすすめの曲です。 ー40代女性

音楽番組であいみょんが取り上げられていたのを見て、興味があったのですがじっくり聴く機会がなかなかなく、この『マリーゴールド』で初めてじっくり聴いています。PVでは歌の中の”女の子”を演じているあいみょんが、歌っているのは男の子の立場である・・というのが面白いと思いました。でもPVを見続けているうちに、そういうことにこだわる必要はないと思うようになりました。低めの声なので男女どちらとして聴いても違和感ないです。こういう声が好きな人も多いと思います。音楽をかけないで歌詞だけ読んでいるととても切ないのですが、軽い感じのメロディに載せて聴くとさらっと聴き流せます。聴き流しながらも言葉のいくつかが残ります。どっぷり切ないバラードを聴きたい人には物足りないかもしれませんが、切ないからこそ軽い音楽で聴きたいという人もいるので(私もそうですが)、そういう人にはとてもいい歌だと思います。どこにでもありそうなストーリーともいえる歌詞を、聴きやすいメロディで歌うというのは、音楽を作ったことがない人が思うほど簡単ではないのではと思います。こういう歌を作る人がこの先どのような歌を作っていくのかということに、個人的に興味があります。

爽やかな暖かさが特徴の楽曲です。 ー50代女性

今期ドラマ『獣になれない私たち』主題歌を書き下ろしたあいみょんさんの曲です。あいみょんさんの曲を聴くのはこれで2曲めになりますが、最初に聴いた時の共通した印象は『爽やかな暖かさ』です。癖がなくて柔らかい声質なので、曲が自然に心に入ってくる感じがしました。曲を無理にアレンジしていないのが、『マリーゴールド』という花のタイトルによく合っていると思います。マリーゴールドは夏の花ではあるけれど、派手な印象の花ではないし、たぶんそれほどメジャーな種類の花でもない。例えばこれが向日葵のように、存在感のある花のタイトルだったら、夏らしくはあるけれど曲や歌詞のイメージとは違って感じられてしまったのではないかな、と思います。歌詞の中での『自分』と『君』は、きっと何か特別なものではなく、当たり前の毎日を当たり前に過ごしていて。けれど、自分にとっては君が、君にとっては自分が、他の何にも変えられない特別な存在であり、大事な人。歌詞を聴いていると、きっとこれまでもこの2人の間には平和だけの日々があった訳ではなく、これから先も色々とあるのかもしれません。それでも、この曲のように優しい暖かさで、お互いを想い続けて行くのだろうな、とそんなふうに思える曲でした。

優しい恋愛を教えてくれる曲 ー20代女性

爽やかなイントロからあいみょんさんのハスキーな声が入ってきて私はそこにまず惹かれました。曲調と歌声のせいなのかは分かりませんが、どことなく懐かしさも感じます。あいみょんさんの声はかっこよくて、それでいて今回のマリーゴールドという曲の歌い方は優しく恋愛はこういうものだよと教えてくれるような感じがしていてとても素敵だと思いました。ゆっくりくつろぎながら聴いているとあまりの優しい音楽と声に少し涙腺が緩みますね。歌詞もとても暖かくてあいみょんさんの魅力は紡がれている言葉だと私は思います。主人公が大好きな人のことをどう思っているかがすっと入ってくるし丁寧に綴られているので情景も音楽に合わせて入ってくる…麦わら帽子がマリーゴールドに見えているのもとても可愛い表現だなと思います。この感性はあいみょんさんならではですよね。ただこの曲はハッピーエンドなのかどうかが聴いてる側に任せているなと思います。懐かしく感じさせる曲調は切なさも感じてほしいからなのか…この主人公と彼女は離れているのは確かですが、もう離さないというのは主人公の決意なのかそれとも過去の出来事を懐かしんで次に会えたらもう離さないなのか。様々な考察が出来てしまうのでそこもマリーゴールドを楽しむ所の一つなのかもしれません。

低めの声なので、男女ともにおすすめの曲です。 ー40代女性

マリーゴールドは、どこか懐かしいメロディーながらも新鮮な歌詞で、誰しもあった青春の恋を思い出すような曲だなあというのが第一印象で、懐かしいという言葉がぴったりの一曲です。懐かしいのに新しく、つい繰り返し聴いてしまうような曲だと思います。年配の方など、幅広い層に愛される楽曲だと思いました。真っ直ぐすぎる男女と、純粋すぎる恋愛を彷彿とさせられ、悲しいときに聴いても、嬉しいときに聴いても、しっくりくると思います。現在幸せな恋愛をしている人達にも、十代の方達にも届く素敵な曲だと思います。平成生まれの女性が作ったとは思えないくらい男性の視点がうまく表されていて、繊細で、どこか懐かしく、よくできた歌詞だと思います。また、若い女性が歌うのに、男性目線というのも斬新だと思いました。透き通った歌声なのに力強いメッセージを感じます。マリーゴールド、雲、青い夏、麦わら、などさわやかなワードがたくさんで、夏の日の青い空の下を想像させられるのもとてもいいなと思います。また歌詞に、抱きしめて抱きしめて、やキスをして、などと出てきますが、全然いやらしい感じがしなくて、さわやかな青春の恋、というイメージを持ちました。

あいみょんの声が耳に入りやすくておすすめです。ー20代男性

曲調は、誰もがどこかで聞いたことのあるロック&ポップスですが、とても自分の複雑な気持ちというか、みんなが感じているけどなんて表現したらいいかわからない、そういう難しいけれど確かに存在する気持ちを歌っていると思います。【本当の気持ち全て吐き出せるほど強くはないでも不思議なくらいに絶望は見えない】悲しみや挫折を味わったからこそ人を愛せるようになるというか、寂しさと無力感を感じるときもあるけれど心の中には愛があって絶対に負けないんだと、決意の歌というか、とても勇気をもらえる歌だと思います。あいみょんの声はとても耳に入りやすくてとても言葉が耳の奥に響きますね、あいみょんの気持ちがとても伝わります。バンドメンバーもしっかりあいみょんの声を生かすようにうまく演奏していて、音作りに工夫もみられて良いと思いました。ロック&ポップスだけどロックより、むしろ昔のブリティッシュロックをイメージしてるのでしょうか?最近こういうパワー系バラード曲ってあんまり聞かないような気がするのですがこれからこのバンドがどういう方向へ進んでいくのか楽しみなところではあります。曲名のマリーゴールドというのは花の名前なのでしょうか、花言葉が関係しているようですが、綺麗な花というより自分の生き方と花言葉を重ね合わしたようなものを感じました。

コメント