あいみょん

【あいみょん/君はロックを聴かない】の歌詞の意味を徹底解釈 | ロックに込めたあいみょんの想いを解説!

どうもこんにちは、ひいらぎ(@music_bWith)です。

このページでは、あいみょんの「君はロックを聴かない」の歌詞について徹底的に解釈をしていきます。
是非「君はロックを聴かない」を聴きながら読んでください!

関連楽曲の歌詞解釈
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょん
  • あいみょんって何者?

    あいみょんをもっと知る

    「君はロックを聴かない」の基本情報

    収録アルバム

    MV

    あいみょん – 君はロックを聴かない 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

    「君はロックを聴かない」という曲名の意味

    この曲は君を想う僕のラブソングになります。
    寂しそうな君を元気づけるために、僕はロックな歌を流します。流してはみたものの、僕はこの歌は君の趣味じゃないよな、と思っており、その気持ちがストレートにダイレクトに曲名となっています。君はロックを聴かない、でも僕はロックを聴く。君と僕の趣味は少しだけ違うかもしれない。でも僕は君が好きなんだ、だから音楽も少しだけ共有したい、自分の趣味も少しだけ知ってほしい、そんな恋をした女の子の心情がよく表れている歌です。恋をすれば誰でも自分のことを相手に知ってもらいたくなりますよね。

    このロックな歌は、僕が過去の恋愛時に聴いていた歌でもあるのですが、君との恋は過去の恋と同じくらいの熱量、もしかするとそれ以上のものだ、と僕は感じとります。歌中で僕の中で君を想う気持ちが加速していっているのが分かります。僕にとっての大切な歌を君にも知ってもらい、共有し、願わくば恋が上手くいくといいですね。

    「君はロックを聴かない」の歌詞の意味を徹底解釈

    寂しそうな君に・・・

    少し寂しそうな君に
    こんな歌を聴かせよう
    手を叩く合図
    雑なサプライズ
    僕なりの精一杯

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    少し寂しそうにする君に
    こんな歌を教えるよ
    僕は手を叩く合図をして
    雑なサプライズで君を励ましてみた
    僕が今できる精一杯だよ

    少し寂しそうにする君に対して、僕は音楽を聴かせて励まそうとしているようです。手を叩いたりして元気づけようとしてますね。

    埃まみれのドーナツ盤

    埃まみれ ドーナツ盤には
    あの日の夢が踊る
    真面目に針を落とす
    息を止めすぎたぜ
    さあ腰を下ろしてよ

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    埃をかぶってるあまり聴いてなかったドーナツ盤は思い出のある歌なんだ、当時の感情が蘇るな
    いい加減な気持ちではなく真面目に針を落としてみた。慎重になりすぎて息を止めてしまったよ
    君はリラックスして椅子に掛けてよ

    これから君を励ますためにかける歌の描写ですね。

    「埃まみれ」という表現から、この歌は最近聴いていなかったようです。ドーナツ盤を丁寧に扱ってることから、僕にとって思い出のある大切な歌のようですね。君を気遣うやさしさも忘れません。

    青春の音

    フツフツと鳴り出す青春の音
    乾いたメロディで踊ろうよ

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    フツフツと懐かしい青春の音が鳴り出した
    過去の乾いたメロディで、今一緒に踊ろうよ

    フツフツという表現おもしろいですね。

    色んな解釈が出来ると思いますが、個人的には水が沸騰するように思い出が沸いてきたのかな、と思います。音楽と思い出がリンクして記憶されていたのでしょう。「乾いたメロディ」は過去を表していると思われます。

    君はロックなんか聞かない

    君はロックなんか聴かないと思いながら
    少しでも僕に近づいてほしくて
    ロックなんか聴かないと思うけれども
    僕はこんな歌であんな歌で
    恋を乗り越えてきた

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    君はロックなんか趣味じゃないから聴かないよね
    でも少しだけ僕の趣味を知ってほしいんだ
    ロックなんか聴かないと思うけれども
    僕は今聞いてるようなこんな歌や他の歌で
    恋を乗り越えてきたんだ

    この曲は僕にとって思い入れのある曲でしたね。でも君はこの曲が趣味じゃないと僕は思っているようです。分かってるけれど僕の趣味も知ってほしいという恋心でしょう。恋すると自分に興味をもってもらいたいと思うのは自然なことですね。

    君とこの曲を共有したいようです。

    心臓の鼓動

    僕の心臓のBPMは
    190になったぞ
    君は気づくのかい?
    なぜ今笑うんだい?
    嘘みたいに泳ぐ目

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    僕の鼓動が早くなって
    心音が君に届いてしまいそうだ
    もしかして君は聞こえているのかい?
    なんで今このタイミングで笑うんだい?
    見透かされてるようで、嘘みたいに私の目は泳いでしまって
    まともに君を見れないよ

    君と同じ空間、同じ音楽を共有して緊張したのか、鼓動が早くなりました。僕は君に確実に恋をしていますね。心臓の音が君に届いてしまわないか心配しています。恋する女の子、という感じです。

    寂しそうにしてた君が笑顔をみせたので、少しだけ元気になったようですね。

    乾いたメロディ

    ダラダラと流れる青春の音
    乾いたメロディは止まないぜ

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    ダラダラと思い出のある青春の音は止まない
    過去の乾いたメロディは流れ続ける

    思い出のある曲はまだ鳴り続けています。

    あと少し僕に近づいて欲しくて・・・

    君はロックなんか聴かないと思いながら
    あと少し僕に近づいてほしくて
    ロックなんか聴かないと思うけれども
    僕はこんな歌であんな歌で
    恋に焦がれてきたんだ

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    君はロックなんか趣味じゃないから聴かないよね
    でももう少しだけ僕のことを知ってほしいんだ
    ロックなんか聴かないと思うけれど
    僕は今聞いてるようなこんな歌や他の歌と一緒に
    夜も眠れぬほどの恋をしてきたんだ

    過去にこの曲を聴いたときしていた恋は、夜も眠れぬほどの恋だったと思われます。

    恋の熱量

    君がロックなんか聴かないこと知ってるけど
    恋人のように寄り添ってほしくて
    ロックなんか聴かないと思うけれども
    僕はこんな歌であんな歌で
    また胸が痛いんだ

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    君がロックなんか聴かないことは知ってるけど
    君と恋人のような関係になりたくて
    ロックなんか聴かないと思うけれど
    僕は今聞いてるようなこんな歌や他の歌で
    もう一度恋をするかもしれない

    過去にしていた恋の熱量で今恋をしているかもしれない、と僕は感じているようですね。今目の前にいる君と、恋人のような関係になりたいと願っています。

    ロックで恋を乗り越えてきた

    君はロックなんか聴かないと思いながら
    少しでも僕に近づいてほしくて
    ロックなんか聴かないと思うけれども
    僕はこんな歌であんな歌で
    恋を乗り越えてきた

    あいみょん -君はロックを聴かない
    ひいらぎの解釈

    君はロックなんか聴かないと分かってるけど
    少しでも僕を知ってほしくて
    ロックなんか聴かないのは分かってるけど
    僕は今聞いてるようなこんな歌や他の歌で
    恋が楽しいときも辛いときも乗り越えてきたんだよ

    今している恋を前向きにとらえています。

    過去の恋を乗り越えてきたからこの恋もきっと大丈夫だ、と自分を鼓舞している様子です。この歌を支えにして、できることなら君とこの歌を共有して、この恋が上手くいくといいな、と応援したくなりますね。

     

     

    La fin…

     

    まとめ

    今回はあいみょんの「君はロックを聴かない」の歌詞の意味を徹底解釈しました。
    あいみょんの中でも比較的聴きやすい楽曲で解釈しやすかったです。

    今後も当サイトではあいみょんを追って行くのでぜひチェックして見てください!

    コメント