music.branchwith

【SEKAI NO OWARI/LOVE SONG】の歌詞の意味を徹底解釈 | ”恋愛の歌ではない”とはどういうことなのか?のサムネイル

【SEKAI NO OWARI/LOVE SONG】の歌詞の意味を徹底解釈 | ”恋愛の歌ではない”とはどういうことなのか?

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

LOVE SONGという曲名の意味を考察


SEKAI NO OWARI(以下、セカオワ)の「LOVE SONG」には、「恋愛」を思わせる要素が全くありません。大人に不信を抱く子供が描かれた歌詞がハードな曲調に乗せて歌われます。

世の中を風刺するような、皮肉に満ちた歌詞をよく読んでいくと、親心にも似た、非常に深い愛情のあるメッセージを読み取ることができます。独自の音楽性を持つセカオワならではの「LOVE SONG」ではないでしょうか。


LOVE SONGの歌詞の意味を徹底解釈

1番

いつの時代もいるんだ
「大人はいつも矛盾ばっかり」とか「嘘ばっかり」って言うKid
今の君はどうなんだい そんなに子供は純粋だったかい?
時間が成長させるとでも? Hey Kid
君の言う腐った大人もかつては今の君みたい
嘘つきはガキの頃から嘘つき なぁKid
大きなモノに噛み付いて 安全圏に逃げ込んで
撫でられながら威嚇する Hey Cat
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈今も昔も変わらず、
大人の揚げ足をとる子供はいるんだ。
でもどうだ、君はそれができるほど純粋なのかい?
時が経てば君の望む大人になれると思う?なぁキッド(子供時代の僕)。
君は「腐った大人」と言うが、そいつも昔は子供だった。
その頃から嘘つきだったんだよ、なぁキッド(子供時代の僕)。
大人に食ってかかるけど、守られた場所に逃げ込み、
飼い猫のようにナデナデされながら威嚇してるよね。

大人に不信感を抱く「君」に向かって、容赦無くこの世の真実を突き付けます。「子供が純粋」だなんてまやかしだと。矛盾や嘘にまみれているのは大人も子供も同じで、子供は飼い猫のように守られている立場だから、大人を威嚇できるだけなんだと。


僕たちもかつては、いつか素晴らしい人に
憧れていた 君と同じさ
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈僕達も君と同じように、いつか理想的な大人に憧れていたんだよ。

前段で真実を突き付けたあと、一転して「君」と同じ目線で語りかけます。

「僕も子供の頃は、君と同じように、公明正大な「大人」になりたいと思っていたんだ」と。


いつだって時間はそう
僕達を楽にさせて
少しずつ麻痺させて
最高な大人にしてくれる
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈時間とともに、不信感が麻痺して楽になってくる。
大人になれば自分たちのことを最高だと思えるようになってくる。

大人になるとはどういうことか、「君」を諭し始めます。


いつだって時間はそう
諦めを教えてくれる
君達をいずれ
素晴らしい人にしてくれる
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈時間とともに、思い描いた理想的な大人にはなれないという諦めがついてくる。
いずれ君達にも、自分達が素晴らしい人になれたと思える時が訪れる。

矛盾だらけの大人への疑いも、公明正大な大人への憧れも、いずれは諦めて手放す時がやってくる。そのとき「素晴らしい人」になれるんだ、それが大人になるってことなんだと、教えを説きます。


Hey Kid
I’m from your future
“Nice people make the world boring”
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈なぁキッド(子供時代の僕)。
僕は未来の君だ。
「素晴らしい人々は、世界を退屈にする。」

主人公は大人になるとはどういうことかを説きましたが、それを手放しで礼賛してはいません。子供時代の自分自身に、未来から来た「僕」が寄り添い始めます。


2番

牙を剥き出しにした飼い猫達のよう
可愛いだけが取り柄なのかい?
大人達が作っていく エゴイストで悪い汚い大人像
まっすぐな思想が美しい 傾向
でも君の静寂の悲鳴は僕も知っている
弱いまんま強くなれ なぁKid
どんなに時間がかかっても 僕がここでずっと待ってるから
君の力で立ち上がれ 平気
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈君達は敵意をあらわにする飼い猫みたいだ。
子供ゆえの可愛さだけしか取り柄がないの?
「悪い大人」なんてのは、大人達によって作られたイメージだ。
また、純粋でまっすぐな思想が美しいとされがちだ。
でも、君が悲鳴をあげたくてもあげられないことは僕も知っている。
弱さは抱えたままでいい。強くなれ、キッド(子供時代の僕)。
僕(未来の君)はいつまでもここで待ってる。
君自身の力で立ち上がるんだ、大丈夫さ。

再びこの世の真実を突きつけますが、後半から「君」を励ます方向性に変化します。過去の自分に向けたエールだと解釈できます。

「大人達」は、都合の良い「汚い大人像」を作り上げます。それは同時に『自分はそんな汚い大人じゃないよ』と言いたいからなのかも知れません。

「弱いまんま」とは、「嘘や矛盾を抱えたまま」ということで、「強くなれ」とは、「それを自覚して生きろ」ということだと考えられます。


僕達もかつては、いつか素晴らしい人に
憧れていた 君と同じさ
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈(一度解釈したので割愛します)

主人公は再び「君」の目線に立って独白します。


いつだって時間はそう
僕達を楽にさせて
少しずつ麻痺させて
最高な大人にしてくれる
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈(一度解釈したので割愛します)

再び、過去の自分へ「大人になること」について説きはじめます。年月とともに自分が大人になり、大人への不信を忘れた時に「最高な大人」になるのだと。


いつだって時間はそう
諦めを教えてくれる
君達をいずれ
素晴らしい人にしてくれる
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈(一度解釈したので割愛します)

嘘や矛盾から逃れることはできないと諦めることで「素晴らしい人」になれると繰り返します。


いつだって時間はそう
僕達を楽にさせて
少しずつ麻痺させて
最高な大人にしてくれる
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈(一度解釈したので割愛します)

3度目の繰り返しです。過去の自分に対して、君はやがて「最高な大人」になれるんだ、と伝えています。


いつだって時間はそう
諦めを教えてくれる
君達をいずれ
素晴らしい人にしてくれる
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈(一度解釈したので割愛します)

3度目の繰り返しです。過去の自分に対して、君はやがて「素晴らしい人」になれるんだ、と伝えています。


Hey Kid
I’m from your future
“Nice people make the world boring”
SEKAI NO OWARI -LOVE SONG

解釈(一度解釈したので割愛します)

再び「君」に伝えます。時間とともに、君は「最高な大人」「素晴らしい人」になれる。でも、そんな人たちが世界を退屈にしているんだと。

それは逆に言えば、自分の中にある嘘や矛盾から目をそらさずに生きろ(弱いまんま強くなれ)というメッセージだと読み取ることができます。世の中を風刺しているようで、実はとても核心的なことを伝えています。

子供時代の自分に語りかける形の歌ではありますが、現役の子供であるリスナーから、かつては子供だった全ての大人のリスナーまで、全ての人に向けられたメッセージソングとも言えます。表面的なラブソングではない、セカオワ流の「LOVE SONG」ではないでしょうか。