music.branchwith

【サカナクション/忘れられないの】の歌詞の意味を徹底解釈 | 忘れられない主人公が紡ぐストーリーのサムネイル

【サカナクション/忘れられないの】の歌詞の意味を徹底解釈 | 忘れられない主人公が紡ぐストーリー

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

忘れられないのという曲名の意味を考察


「忘れられないの」とはどういう意味で曲名として使われているのでしょうか。
「忘れられない」とは、どうしても忘れることができないというニュアンスで捉えられますよね。
つまり、どんな手段を取ってでもある対象を忘れられないということです。
では、ある対象とはなんなのか?
曲名だけでは想像もつかないので、歌詞をしっかり見ていきましょう。

忘れられないのの歌詞の意味を徹底解釈

1番

忘れられないの

春風で
揺れる花
手を振る君に見えた


サカナクション -忘れられないの




解釈

「君」が忘れられない。

春風で揺れる花を見ると、手を振っている君を思い出してしまう。


「花」という歌詞が「君」が女性だということを強く印象付けますね。


また、MVから山口 一郎さんと女性がくっつくというシーンがありますから、この曲の主人公=男性、君=女性で間違い無いでしょう。


比較的ゆっくり目のサウンドからは「君」が忘れられなくて辛いという切ない感情を感じさせますね。


 

新しい街の
この淋しさ
いつかは
思い出になるはずさ


サカナクション -忘れられないの




解釈

君がいないこの新天地で感じる寂しさも
いつかは思い出になればいいな。


主人公は「君」と別れ新天地に旅に出たのでしょうか。


新天地で寂しさを感じていると歌っていますが、「君」との思い出の地にいると余計寂しくなってしまうから、無意識のうちに新しい街に旅に出たのかもしれませんね。


「寂しさも思い出になる」。とても深い歌詞ですね。主人公にとっては「淋しさ」という感情にすら「君」を感じるのかもしれません。


 

素晴らしい日々よ

噛み続けてたガムを
夜になって吐き捨てた


サカナクション -忘れられないの




解釈

君との素晴らしい日々。

君との思い出を思い出しては不快になって、不満を夜になって吐き出した。


「噛み続けてたガム」という歌詞は、ガムを噛み続けると最初と比べて味と香りがなくなって不快感が増してきますから、「噛み続けてたガム」=「君がいない不満」と解釈することができます。


また、「噛み続ける」という部分は、君を何度も何度も繰り返し思い出すというような意味も込められているのかもしれません。


 

つまらない日々も
長い夜も
いつかは
思い出になるはずさ


サカナクション -忘れられないの




解釈

こんなつまらない日々もいつかは思い出になるのかな。


なんとも切なげな歌詞ですね。「君」がいないことで切なく感じているこの日々が、年月が過ぎて思い出に変わってしまったら、君を感じることができなくなってしまうという切ない主人公の思いがひしひしと感じられますね。


大切な人を失ってしまった時に初めて気づくのかもしれませんが、大切な人で感じる感情というのはマイナスの感情であれ、プラスの感情であれ、感じれるだけ幸せなのかもしれませんね。


 

ずっと
ずっと
隠してたけど

ずっと昔の
僕の答えをまた用意して


サカナクション -忘れられないの




解釈

ずっとずっと言えなかったけど
ずっと昔に考えた僕の言葉をまた言えたらいいな。


ずっと言えなかった言葉。「君」がいない今はもう伝えられないんですよね。


それでもまだ、「君」になんとかして伝えたいと思う主人公を見ていると、なんだかこっちまで切なくなってきますね。


 

夢みたいなこの日を
千年に一回ぐらいの日を
永遠にしたいこの日々を
そう今も想ってるよ


サカナクション -忘れられないの




解釈

今でも夢のように感じるあの日を。
千年に一度しかないようなあの日を。
永遠に感じていたい君との時間があればいいのにな。


「あの日」とはなんの日なのでしょうか。


主人公が夢のように感じると歌っていることから、「君」と付き合えた日なのかもしれませんね。千年に一度という歌詞が「あの日」=「君と付き合えた日」を裏付けるように感じます。


君を忘れられない主人公の切ない思いが絶妙なテンポと山口 一郎さんの切なげな歌声で表現されていますね。



2番

ずっと
ずっと
この言葉を

ずっと昔の
僕の答えを今用意して


サカナクション -忘れられないの




解釈

ずっとずっと言えなかったけど
ずっと昔に考えた僕の言葉をまた言えたらいいな。


一度説明したので割愛します。


 

夢みたいなこの日を
千年に一回ぐらいの日を
永遠にしたいこの日々を
そう今も想ってるよ


サカナクション -忘れられないの




解釈

今でも夢のように感じるあの日を。
千年に一度しかないようなあの日を。
永遠に感じていたい君との時間があればいいのにな。


一度解釈したので割愛します。


 

夢みたいな夜の方
千年に一回ぐらいの月を
永遠にしたいこの夜を
そう今も想ってるよ


サカナクション -忘れられないの




解釈

君がいないこの夢みたいな夜も
この千年に一回ぐらいの美しい月も
君を忘れないように永遠に思い出にしたいと思っている。


「君」がいない夜でさえ思い出にしたいという意味の歌詞からは、少しでも「君」を感じていたい主人公の思いがひしひしと感じられますね。


「千年に一回ぐらいの月」という歌詞。主人公は「君」がいない夜に出ていた月を「君」と象徴としたのでしょうか。


千年に一回ぐらいの頻度でしか見れない月を象徴とするくらい君を忘れたくないのでしょうね。