music.branchwith

【Eve/僕らまだアンダーグラウンド】の歌詞の意味を徹底解釈のサムネイル

【Eve/僕らまだアンダーグラウンド】の歌詞の意味を徹底解釈

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

僕らまだアンダーグラウンドという曲名の意味を考察


アンダーグラウンドとは、「地下」という直訳を持つ言葉です。そこから派生し、見えないもの、影の存在というニュアンスで、公の管理規制を逃れる違法、非合法の事物のことを指します。


「あの日から 僕らは共犯者だった」という歌詞から、こちらの意味でとらえることができます。


つまり、主人公は何かから逃れようとしているといえます。


僕らまだアンダーグラウンドの歌詞の意味を徹底解釈

1番


僕だけでは
貴方を満たせる事など無理かもしれない
だけど 君だけでは
どうにもこうにも
できない事があるとするならば
言葉だけが宙を舞って
また今日も夜を超えてしまったんだ


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈僕だけではどうしようもないことばかりで、どうにもこうにもできない。
考えていることは宙を舞い、また一日が終わってしまった。


「貴方」を、自分自身の何かと取りました。そんな何かを満たすことは、自分では無理なのではないか。

どうにかこうにかしようとかんがえて、結果夜を超え、一日が終わってしまいます。 


頑張れ とか 君の為 とか
押しつけがましい事も愛せれば
あれはだめ これもだめ だから
いつまでも子供扱いの僕ら
単純な事もできないな
何処にも逃がしてくれないや
自分を見失ってしまうわ


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈「頑張れ」「君のためだ」押しつけがましく愛を与えられるも、「あれはだめ」「これはだめ」と子ども扱いされる僕たち。

単純なこともできないしどこにも逃げられない。自分を見失ってします。


押しつけがましい応援をされ、こども扱いされる自分たち。やりたいこともできず逃げることもできない。だから自分を見失ってしまう。 


ろくでもないバケモノなの
美しくはにかんだ
その口を僕が今結んであげるから


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈「僕はろくでもない化け物だ」、そうはにかんだ。
そのうるさい口をふさいでやる


お前のためだ、などと言われ続け、自分を見失った主人公は自分を化け物だと自ら自負します。

口とは、今まで自分に対して色々と抑圧してきたもののことで、主人公はそれらに対して結んでやる、と言っています。 


ダーリン ダーリン 愛しておくれ
あの日から 僕らは共犯者だった
そんなんで突っ立ってないで
ワン・ツーの合図を待って
眠れない夜を踊るのさ


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈君よ 君よ 愛してくれ
あの日から僕らは共犯者だった。
立ち止まらないで、合図を待って、眠れない夜を踊る。


ダーリンとは日本語で夫といった意味合いがありますが、英語圏では最愛の人、という意味で性別関係なくつかわれます。

この「君」とは今はわかりません。その君と夜を踊る、という歌詞です。 


ダーリン ダーリン 示しておくれ
バイバイ そうさ今がその時なんだ
最高の舞台にしようぜ 胸の高鳴る方へ
喜劇的な世界が幕を開ける
僕らまだアンダーグラウンド


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈君よ君よ、道を示しておくれ
故郷に別れを、今がその時だ。
最高の舞台にしよう、胸が高鳴る。喜劇的な世界が幕を開けた。
僕らはまだ地下で目立たない


君が示していたものが分かります。なにかに別れを告げ、新しい世界へと飛び立つ歌詞です。

そのなにかとは、主人公に圧力をかけていた故郷であると推測が出来るため、この解釈となりました。



2番

優柔不断な僕等
焦燥に溺れた声が
この胸に響くことなど
最初から信じてはいないが
ずっとこうやってたいな
そう思えば楽になって
いつの間にか終わってしまうわ


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈優柔不断な僕の焦っておぼれた声が胸に響くことは信じていなかったが
ずっとこうやっていたい。そう思えば楽になれて、いつの間にか時は過ぎていく。


前4行だけでは主人公は故郷に別れを告げたことを焦っていない、という風にもとれますが、そう思えば楽になって、の下りで焦っていることが分かります。

分かりやすく表現するなら、後悔の念でしょうか。しかし、故郷を出てからの日々もいつの間にか過ぎ去っていきます。 


救いようのないバケモノなの
それでも信じたいんだ
ああしょうがないな
ほっとけない僕が嫌いなのさ


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈自分は結局救いのない化け物だった。
それでも信じたい。
ああ、しょうがない、ほっとけない僕が嫌いだ。


自分のことを、結局化け物だと揶揄する1節です。

化け物だとわかりきっていても、それでも信じたいものがある。そんな歌詞です。 


ダーリン ダーリン 愛しておくれ
夢にみた 日々は僕の証だった
冗談で言ったんじゃないと 皆嗤っていたんだ
こんな街からさようなら


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈君よ君よ愛してくれ
夢に見た今までの日々だったんだ
冗談で言ったんじゃない、とみんなあざ笑っていた。
こんな街からはさよならだ。


少し過去の回想が入ります。

主人公はいままでの故郷から出た日々を夢に見た、とまでいいますが、これ以前の歌詞から、故郷から出たことに多少の後悔を持っているといえます。

しかし、故郷であざ笑われたことを思い出し、完全に決別することを決意します。 


ダーリン ダーリン 示しておくれ
今夜だけ そうさ今がその時なんだ
最高のショーにしようぜ 胸の高鳴る方へ
喜劇的な世界が幕を開ける


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈


一番とほぼ同じ内容かつ解釈の部分なので、解釈は割愛します。

ただ、今夜だけ、と変わっているという点が特徴です。空く、主人公は「救いようのない化け物なの」という歌詞の下りで一度故郷に帰っているのではないでしょうか? 


最終章の合図だ 後悔はないか
君の出番の時のようだ再上映はないから だから行かなくちゃ
もう目を背ける事はないから


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈最終章だ、後悔はないか。自分に問いかける。
君の出番だ、また道を示してくれもう戻ることはない、だから目を背けずに行かなくちゃ。


故郷から出る直前の心境を歌った歌詞ととれます。

後悔はないかを自身に問いかけ、再び道を示してくれた「君」にお願いをします。そして、もう戻ることはないと決意を固めます。 


ちょっと先の未来を
君と話がしたいんだ
つらくて笑ったあの日も
言えずにしまった想いも 


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈先の未来を君と語りたい。
辛かった日々も言えずにしまったこの思いも。


ここで、「君」の正体が判明します。主人公は、一度目の故郷から一人ではなく、「君」と一緒だったこと。

その君はつらかった時も一緒にいた人で、言えずにいる思いも秘めていることが分かります。 


この先僕らはずっと
不完全なままだけど
思い出の中にもう帰らないように


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈この先も僕らはずっと、不完全だけど、思い出には帰らない。


思い出にひたらず、故郷を離れる決意を語った歌詞です。 


ダーリン ダーリン 愛しておくれ
夢にみた 日々は僕の証だった
冗談で言ったんじゃないと 皆嗤っていたんだ
こんな街からさようならダーリン ダーリン 愛しておくれ
あの日から 僕らは共犯者だった
そんなんで突っ立ってないで
ワン・ツーの合図を待って
眠れない夜を踊るのさダーリン ダーリン 示しておくれ
バイバイ そうさ今がその時なんだ
最高のショーにしようぜ 胸の高鳴る方へ
喜劇的な世界が幕を開け


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈


この歌詞は、解釈を一度しているので割愛します。 


手放したんだっていいさ
最低な夜を越えようぜ
まだ見ぬ世界を潜っていける
僕らまだアンダーグラウンド


Eve -僕らまだアンダーグラウンド


解釈手放したっていい
最低な夜でもいいから、一緒に超えよう
まだ見ぬ世界へ。
僕らはアンダーグラウンドだ。


最高の夜、と対比して最低な夜というワードがつかわれています。

つまり、最低でもいいから、君と一緒に居たいという意味です。

そして、まだ見ぬ世界へ向っていくのです。