music.branchwith

【backnumber/ハッピーエンド】の歌詞の意味を徹底解釈 | 本当に”ハッピーエンド”するの?女性側の視点から考察!のサムネイル

【backnumber/ハッピーエンド】の歌詞の意味を徹底解釈 | 本当に”ハッピーエンド”するの?女性側の視点から考察!

編集: ひいらぎ 最終更新:
目次

ハッピーエンドという曲名の意味を考察


ハッピーエンドと聞けば誰もが幸せな結末だと思うと思います。その言葉がタイトルになっているので幸せな歌を歌った曲かと思えば第一声に「さよなら」という言葉が書かれています。

なのでハッピーな気持ちに終わり(エンド)がきたといったような意味合いになっているのではないかと考えました。一般的にハッピーエンドといえば、物語の結末が幸せに終わっていくことをイメージすると思います。

しかしこの曲は、それまでの沢山のハッピーな気持ちを持ったまま終わりがきてしまったとまるで引きずっているような失恋ソングとして歌っている意味と、沢山の幸せな気持ちや想いを持ったままだけどその気持ちに区切りをつけよう、といったような前向きな恋愛ソングになっているのではないかと考えました。

このことから、さよならという終わりが来る事を前提になぜハッピーという表現がされているのかを考察していきたいと思います。


ハッピーエンドの歌詞の意味を徹底解釈

1番

さよならが喉の奥につっかえてしまって
咳をするみたいにありがとうって言ったの
次の言葉はどこかとポケットを探しても
見つかるのはあなたを好きな私だけ
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

さよならという言葉は喉の奥につっかえていて
まるで咳をするようにでた言葉はありがとうだった
次の言葉を捜そうとポケットの中を探してみたけど
見つかったのはあなたの事が好きな私だけだった

私という事からこの曲は女性目線でかかれてることがわかります。そしてさよならという言葉を言われたからさよならと返そうとしているのか、女性からさよならと切り出そうとしているのかはわかりませんが、さよならという言葉が切り出せずにいます。

そこで喉につっかかった言葉を吐き出そうと、咳をするようにでた言葉はありがとうだったといっていることから、お別れしようとしている相手に感謝しているのがわかります。

あなたを好きな私しか見つからないといっている事からまだ好きな気持ちはあり、何か別れないといけない理由があるように感じられます。好きなのに振られてしまったという風にも取れますが、私は離れなければいけない理由が何かあるのではないかと感じました。


平気よ大丈夫だよ優しくなれたと思って
願いに変わって最後は嘘になって
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

優しさで言った私は平気だよ、大丈夫
なんて言葉は私の願いになってそして嘘に変わった

相手を心配させないように言ったつもりの「私は大丈夫だよ」と言う言葉ですが、それは自分自身への自己暗示のようなもので、その後大丈夫なんて言葉は嘘へと変わっていきます。

きっと大丈夫という事で平気な振りをしたものの、優しさでもなく、ただの強がりだったのでしょう。


青いまま枯れてゆく
あなたを好きなままで消えてゆく
私みたいと手にとって
奥にあった想いと一緒に握り潰したの
大丈夫 大丈夫
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

青いまま枯れていく様子がまるであなたを好きなまま消えて行く私みたいで
大丈夫 大丈夫と私の胸の奥に秘めている気持ちと一緒に手にとって握り潰してみた。

青いまま枯れて行く植物と自分を重ねて、相手を思いながらも離れなければいけない気持ちを比喩しているように思えます。

握りつぶしている想いはきっと、本当はさよならなんていいたくない、あなたがまだ好き、本当はあなたがいない未来なんて大丈夫なんかじゃない、
といった気持ちだと思います。それを大丈夫 大丈夫と繰り替える事でまた自分に自己暗示をかけているのでしょう。


今すぐに抱きしめて
私がいれば何もいらないと
それだけ言ってキスをして
なんてね 嘘だよ ごめんね
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

私がいれば他にはないもいらないと今すぐに抱きしめて、キスをして
なんてそんなの嘘だよごめんね

ここで女性の本当の思いがでてきます。「他には何もいらない」というのはまるでかけおちする前のセリフのようですね。

本当の気持ちを言ったものの嘘だといい誤魔化しています、きっとこれも女性の優しさなのでしょう。ここまでの流れではやりなんらかの離れなければいけない原因がある2人のように感じられます。


2番

こんな時思い出すことじゃないとは思うんだけど
一人にしないよってあれ実は嬉しかったよ
あなたが勇気を出して初めて電話をくれた
あの夜の私と何が違うんだろう
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

こんな別れ話をしているときに思い出すようなことじゃないけど
あなたが一人にしないよって言ってくれたことが実は嬉しかったの
あなたが私に電話をくれた日と今の私、一体何が違うんだろう

大好きな人と離れる時、沢山問題があったとしても何故か思い出すのは楽しかった思い出や、嬉しかった出来事が思い浮かんでくるもので、きっとこの女性もそんな思いに浸ったのでしょう。

ふと思い出した彼の言葉でしたが、嬉しかった思い出と共にあの日の自分と今の自分、何かが変わってしまったからこんな結末になったのかなと思っているようにも感じます。


どれだけ離れていてもどんなに会えなくても
気持ちが変わらないからここにいるのに
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

どれだけ離れた所にいても会えない日々が続いても
気持ちだけは変わっていないから今の2人がいるのに

ここで2人が離れた場所に住んでいてなかなか会える時間がなかったことがわかります。おそらく遠距離恋愛をしていたのではないかと考えました。


しかしそれでも気持ちはずっと変わらなかった、けれど別れに繋がってしまったという事から、お互い別々の道を歩く事になった、またはもっと遠くへ、会えないような状況になるような道を彼が選んだのではないでしょうか。

なので私がいれば他に何もいらないってくれたらなって思う気持ちがあったのでないかと思いました。


青いまま枯れてゆく
あなたを好きなまま消えてゆく
私をずっと覚えていて
なんてね 嘘だよ 元気でいてね
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

青いまま枯れてゆく
あなたへの気持ちを残したまま消えてゆく
私の事ずっと覚えててね
なんてね嘘だよ、だから元気でいてね

ここも素直な気持ちと強がりが見え隠れしています。

まだ気持ちがあるからこそ本当はずっと私の事を忘れないでほしい、と言う気持ちと覚えていては先に進めないからそんなの嘘だよと誤魔化す主人公。

そして最後には元気でねとまた優しさをみせます。相手の事を思い最後まで気遣う様子がどれだけ彼を好きか物語っています。


泣かない私に少しほっとした顔のあなた
相変わらず暢気ね そこも大好きよ
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

私が泣いてない様子に少しほっとしてるあなた
相変わらず暢気だけどそこも大好きだよ

彼はきっと「大丈夫」といい泣かない彼女に、強がりという事に気付かず素直にほっとしているのでしょう。

そんな所でさえ大好きと思えるほど彼女がまだ彼を大好きなままという事がわかります。


気が付けば横にいて
別に君のままでいいのになんて
勝手に涙拭いたくせに
見える全部聞こえる全て
色付けたくせに
backnumber -ハッピーエンド
ひいらぎの解釈

いつのまにか君は隣にいて
君はそのままでいいのにって涙をふいてきたくせに
私の世界に色をつけていったのは君なくせに

まるであなたが勝手に私の世界に入ってきて、私の世界を作っていったくせに「どうして今度は勝手にでていくのよ、自分勝手ね!」といった心の叫びのようなものが伝わってくるように感じました。

そしてここでまた1番に戻るわけですが、先ほど心の叫びが出てきてしまった分を大丈夫大丈夫とまた自分にいいきかせてるように聞こえます。
そしてその後、1番ではごめんねと言っていた部分がさよならに変わっています。1番初めに喉の奥に詰まっていたさよならがやっといえた瞬間ですね。

しかし彼への気持ちは残ったままです。全ての歌詞を通しても彼への負の気持ちは一切かかれていません。~~のくせにの部分でさえ、涙をふいてくれた、色をつけたなど、くせにといいつつ裏返せば感謝している気持ちがかかれています。

彼への大好きな気持ちと感謝の気持ちが最後の最後まで枯れることなく、幸せだった思い出のまま終わっているのでしょうね。

この事から【ハッピーエンド】というタイトルに繋がっているのではないかと考えました。最後まで気持ちが変わる事なく大好きなままで終わるという事は、悲しいことですがそれだけそれまでの過程で幸せな日々が積み重ならないとできません。

そんな気持ちで終われる事はただの失恋ではなく、とてもいい恋愛をしたハッピーエンドなんだよという気持ちがこめられているそんな曲になっているのではないでしょうか。

 

 

La fin...


 

まとめ

今回はbacknumberの「ハッピーエンド」の解釈をご紹介しました。遠距離恋愛からの別れという内容の解釈でしたが、歌詞から想像するに、女性は本当に優しい性格なのでしょうね。

今後も当サイトではbacknumberを追って行くのでぜひチェックして見てください!