music.branchwith

【幾田りら / スパークル】の歌詞の意味を徹底解釈 |今日、好きになりました。に使われた美しい楽曲の歌詞を紐解く!のサムネイル

【幾田りら / スパークル】の歌詞の意味を徹底解釈 |今日、好きになりました。に使われた美しい楽曲の歌詞を紐解く!

編集: ひいらぎ最終更新: 2023/2/1

目次
スパークルという曲名の意味を考察
スパークルという歌詞の意味を徹底解釈
1番
一瞬の出逢いの記憶
崩れていくものを見つける
煌めいて消えてった恋の物語
2番
見つからない想いを求めて
周りが見えなくなる静寂
滅び行く夜空に輝く星
不安な曖昧さと戦う日々
痛みも絆も、君から貰えて良かった
まとめ

スパークルという曲名の意味を考察

曲名の「スパークル」は、恋の結末が瞬間的に消えていく様子を表現していると考えられます。

歌詞中では淡い恋を振り返って、思い出して、また恋をしたくなるような主人公の思いが歌われています。

もしかしたら、幾田りらの実体験が歌われているのかもしれませんね。

また、この曲は『今日、好きになりました。蜜柑編』というドラマにも使われています。ドラマのタイトル通り、瞬間的に輝いてすぐに消えていく様子が伝わるいい曲名だと思います。

「スパークル」は優しいメロディと繊細な歌詞が特徴的な曲です。歌詞には恋愛にまつわる想い、複雑な気持ちがメッセージとしてこめられています。そこに注目して解釈していきましょう!

ひいらぎ

スパークルという歌詞の意味を徹底解釈

1番

一瞬の出逢いの記憶

煌めいて消えてった
ひとひらの恋の結末は
落っこちてくような
心地がしたのは
目と目が合った時でした
ほんの一瞬のこと

スパークル -幾田りら

ここの節では、一瞬に輝いて消えた一片の恋の結末について歌っています。

歌詞に登場する「ひとひらの恋の結末は」というフレーズは、小さな恋が終わったことを表現しています。

伴奏が入った後の、「落っこちてくような」というフレーズは、落ち込んでいる気分を表現しているのでしょう。

その後に続く歌詞が「心地がしたのは 目と目が合った時」ということから、目が合った瞬間に落ち込んだ気分がしたことを表現しているのかもしれませんね。

目と目が合った瞬間が、主人公の中で今でも心に残っているのかもしれません

ひいらぎ

崩れていくものを見つける

きっと困らせちゃうでしょ?
全部伝えてしまえば
崩れていくものばかりが
頭をめぐるめぐる

スパークル -幾田りら

ここの歌詞は、「もし全てを話すと、崩れてしまうものばかりが頭をめぐって困らせるかもしれない」という主人公の思いを表現しています。

幾田りらは、感情や思いを完全に伝えることが難しいということを伝えたかったのかもしれませんね。

煌めいて消えてった恋の物語

煌めいて消えてった
ひとひらの恋の結末は
痛いほど始めから決まっていたんだ
それでも君の横顔 愛おしくなって
浮かんだ二文字が駆けめぐる
声に出来ず

スパークル -幾田りら

ここでは、恋の結末が分かっていたとしても、自分が恋した人の横顔がますます愛おしくなってしまうという気持ちを表現しています。

「煌めいて消えてった」という表現から、恋の結末が終わりを迎えたことが歌われているのでしょう。

また、「痛いほど始めから決まっていたんだ」という表現から、主人公がその恋の結末を予想していたことが歌詞中からわかります。

最後に「声に出来ず」という歌詞があることから、「好きという二文字」を伝えられない主人公の思いが表現されているのでしょう。

主人公は恋の結末が分かっていても、相手の横顔が愛おしく感じているのかもしれません

ひいらぎ

2番

見つからない想いを求めて

こんな近くにいるのに
いつも遠くを見ているね
本当の君が知りたいの
なんて言えるわけないけど

スパークル -幾田りら

ここでは二人が近くにいても、お互いに本当の感情がわからないという不安が歌われています。

曲中では、主人公は相手の横顔を見ていても本当の感情がわからないと感じているようです。

本当の自分を知りたいという気持ちも抱きつつも、相手にそれを伝えることができないという複雑な思いを感じているのでしょうね。

主人公は彼女がいつも遠くを見ていることに不安を感じているのかもしれません

ひいらぎ

周りが見えなくなる静寂

柔らかい声 あどけない仕草
君に夢中になって
周りがもっと見えなくなっていく
まだ側にいたいって
言えるような距離になれたら

スパークル -幾田りら

ここでは、人を想っているときに見せる姿勢や行動について歌われています。

柔らかい声やあどけない仕草に、曲中の主人公は夢中になっているのでしょう。

「周りが見えなくなっていく」と歌われているのは、人を想うことが曲中の主人公にとって全てであるからでと考えられます。

最後歌詞では、もっと近づきたいという主人公の思いが歌われています。

言えるような距離になれたら、主人公は恋人と一緒にいたいと思っているのでしょうね。

滅び行く夜空に輝く星

煌めいて消えてった
夜空を走り去る星のように
ひとときの幸せ 逃さないように
瞬きも惜しいほど君をみていた
きっといつかどこかへ
行くのでしょう?

スパークル -幾田りら

「夜空を走り去る星のように」というフレーズから「煌めいて消えてった」という歌詞は、星のように瞬くものが消えていくという意味だと推察できます。

「ひとときの幸せを逃さないように」という歌詞から、一時的な幸せを大切にしたいという主人公の想いが表現されていることがわかります。

「きっといつかどこかへ行くのでしょう」という歌詞があることから、将来的には離れ離れになる可能性があるということが主人公にはわかっているのかもしれませんね。

不安な曖昧さと戦う日々

いつだって止められるはずの恋に
夢を見続けては
覚めないでと願ってしまう
曖昧も怖いも握り締めて

スパークル -幾田りら

この歌詞は、愛する人との恋心を描いています。

「いつだって止められるはずの恋」というフレーズから、主人公は恋愛に対する自分の感情をよく分からないまま、「夢を見続けては」この恋を続け、「覚めないでと願ってしまう」という想いを抱いています。

「曖昧も怖いも握り締めて」という言葉から、彼女は恋愛に対する混乱や不安を感じながらも、握り締めてたいと願っていることが伝わってきますね。

痛みも絆も、君から貰えて良かった

君が好きそれだけが
嘘のない私の気持ちで
痛くても分かっていても
変わりはしないんだ
苦しさも愛しさも
全部君から貰えて良かった
忘れないよ日々を
恋をした意味を

落っこちていくような
心地がしたのは
目と目が合った時でした
ほんの一瞬のこと

スパークル -幾田りら

最後の節では主人公が愛する人を想っているという内容が歌われています。

曲中の主人公は、自分の気持ちを「君が好き」と表現し、これが嘘のない本当の気持ちだと強調しています。愛することによって、苦しさもあるけれど、全て君からもらえて本当に良かったと思っているのでしょう。

曲の最後には初めて目と目が合った時の感情が心地いいということを強調して締められています。

まとめ

今回は幾田りらの「スパークル」の歌詞の意味を徹底解釈しました。

瞬間的な出会いから生まれた恋心を描写して、聞いていてドキドキしてしまうような曲でした。

歌詞の中で、恋の結末が消えてしまったという感情と、君が愛しいと思うことと、それでも本当の君が知りたいという思いが語られていましたね。

きっと幾田りらは恋の意味や日々の想いを忘れないようにというメッセージを伝えたかったのでしょう。

歌詞に共感できた人も多かったのではないでしょうか。

今後も当サイトでは幾田りらを追って行くのでぜひチェックしてみてください!

トップ
noimage
JASRAC許諾第9023463001Y38026号
各ページに掲載されている、ジャケット写真、アーティスト写真、サムネイル画像等の画像及び歌詞の著作権は、各レコード会社、各アーティスト、各著作権者に帰属します。Copyright © 2018-2023 music.branchwith All Rights Reserved.